腑に落ちる。


e0037611_23385389.jpg

(【Takutoすがわら】さんのくまさん)

月曜日でしたね。

今日は、すごーーーく腑に落ちました。



いいのか悪いのかわかりませんが、いろいろ考える傾向にあります。

乙女屋ってなに?

とか、

これでいいのかな?

とか、

本当のことってなんだろう?

とか。

なんでお店をしているのかなーとかも、考えます。

誰かの為になっているのかな?

本当にこれでいいのかな?

とか。

e0037611_23410443.jpg

(【Takutoすがわら】さんのクマさん二人)


私のやっていることは、誰かの役に立っているのだろうか?
だとしたら、どんなふうに?

そんなことも考えます。



今日、その答えが今までにないとても深いところで腑に落ちました。

そしたら、いろんなことがつながりました。


それは・・・・


私は、「好き」という気持ちを、信じたいのだということでした。


誰かがすごいといったとかではなくて、
技術的にとてもすごいと言われることではなくて、
美術的に価値があるということとかではなくて。


私が、「好き」と思ったものを信じたい。

この気持ち、この衝動、このときめきを、なにか・・・・

って思っているんだなっていうこと。

なにかってなによ?



共有したいの?
伝えたいの?

そのあたり、どっちだろう?ってちょっと悩むけど、まあ、そんな感じ。


言葉にすると、今までも何度も繰り返しつぶやいてきたことだけど、
私の中では違うのになー、難しいな。



今日のことと関係なく思っているのは、
共有できること、共感できることは、とてもとても奇跡みたいに嬉しいけれど、
乙女屋にすべてYes!といってくれる信者を欲しいとは思わなくて、
乙女屋を通じて、その人が、本来の自分自身になる道程へ一歩でも進んでくれたらいいなと思っています。



それが本当の優しさだと、私はある人から教えてもらったから。


うまく伝えられたかわからないけれど、
私の中では、なにかがわかった日。


これってとても嬉しい日。


毎日、暑いけど、明日も頑張りましょう。

おやすみなさい!!!!!







[PR]
# by otomeya | 2017-07-24 23:50 | 日々の戯れ

ほのほの。

梅雨が明けて、夏がやってきました。

今日も一日お疲れ様です。
どんな一日をお過ごしでしたか


ほのほのと、甘い香りがするキャンドルをともしながらブログを書いています。

突然ですが、10年前を思い出せますか?


e0037611_00134614.jpg
(【青の羊】作 《ネックレスの少女ドール》)


人に歴史あり。
10年ひと昔。
思うところはそれぞれでしょうね。


私事になりますと・・・・

10年前の今頃、私にはまだオトメヤの空間がありませんでした。
ネットショップとしては存在していましたが、
なにもかもが今と違いました。
ただ、それでも変わらないこともあります。

あると、信じたい、です。


いろいろなことがありまして。

8月に企画展をします。
<otomeya exhibition>と銘打つのは、いつぶりでしょうか?

今回が初めてではありません。

でも、初めての気持ちで、向き合っています。

この10年で経験したこと。
失敗してきたこと。
見失ったこと。
得てきたこと。

あるはずです。

それをすべて昇華して、
いますべてを形にしたいと思っています。
e0037611_00180176.jpg

いろんなことがあったけれど、思い出したいとおもった。
まだ夢を見ていられたころ。
それはつまり、まだ夢を見たいのだということ。

現実はいろいろあるけど、ほんとうのことは自分の中にだけある。


そのような機会にできたらいいなと思って準備をしています。


思い出してね、あなただけの大切なこと。




e0037611_00591422.jpg
(大西けい 布コラージュ 部分)








[PR]
# by otomeya | 2017-07-22 01:02 | 日々の戯れ

夏は大掃除!

e0037611_23215446.jpg

3連休が終わりました。
いかがお過ごしでしたか?
私は、毎日、乙女屋にいて、こんなに暑いから誰も来ないだろーなー
と思っていたのに、毎日どなたかいらしてくださって、
それぞれに楽しい時間がありました。


以前は夏が苦手でしたが、数年前から夏が大好きになりました。
冬に大掃除をすると雑巾洗うのが冷たくて悲しいので、
この時期に大掃除をするのが楽しい。
そうすると、年末の大掃除がかなり楽なんですよね。
在庫整理とかも、数年前からはこの時期にします。

整理しても整理してもまだまだでてくる在庫たち、
久々に見るとどれもやっぱり愛しい。

頑張っていろいろご紹介したいです。

店舗を持ってから10年間の事、いろいろ思い出しながら過ごしています。


画像は全然関係ない様に見えますが、
在庫整理ででてきたアンティークレースの画像です。
爽やかな白!
好き!!!!






[PR]
# by otomeya | 2017-07-18 23:28 | 日々の戯れ

嬉しいこと!

e0037611_00345068.jpg
昨日、お知らせしたイベントが、さっそくご予約いただき、嬉しいです。


画像は、昨日のイベントとは関係なくて、大西けいさんの展示の時のワンショット。

柔らかで透け感のある布が、ぐしゅぐしゅーーーって、ふわふわーって寄っている感じ、
理屈じゃなくて、永遠に好きかもー!

昨日空想した理想の乙女屋には、きっと、こんな美しい布がたくさんたくさん飾られているはず。



きっと、いつか実現しますように、と
理想の場所、イメージを妥協せずに広げながら、眠ろうと思います。


きっときっと、叶うよね。




そのときは、どうぞ遊びにいらしてね!



・・・それまでも、遊びにいらしてね!


明日は営業しますよー!!!!









[PR]
# by otomeya | 2017-07-14 00:35 | 日々の戯れ

初心に戻って!

e0037611_00185775.jpg
乙女屋3階に、大好きなみわさんのお店【select more】のオフィスができました!

7月20日~22日には、こちらのオフィスにお邪魔して、インドのキルトやバッグなどをご紹介するイベントをします。

その他7月には新しいプロジェクトが一つ始まります。

その名も「お仕立て相談会」

お洋服、バッグ、お人形のお洋服など、自分で作れないけれど欲しいものがある!
そんな方の夢を叶えるプロジェクトです。
洋裁技術はもちろんですが、素人が指定するイメージで仕立を頼むと、ちょっとしたことで全体がもさもさしたものになってしまうことが多数あります。
実は、乙女屋は数年前からオリジナルのお洋服のプロジェクトを何度も企画し、何度も挫折してきました・・・。
何人かの方にお願いしてきましたが、私の感覚を一番近く理解してくれるのは、やはり友人!でした。

「お仕立て相談会」では、お仕立てのご相談とアイデア、お見積もりを提案します。
実際にお仕立てしなくても気にしなくて大丈夫!
人柄もとても素敵な方なので、一緒に過ごす時間は、よい刺激などをもらえると思います!

もうひとつのプロジェクトは進化して復活です!
「乙女屋貸切」
以前、salonスペースで数回開催しました乙女屋貸切。
普通にSHOPを貸切で楽しんでいただくことも大歓迎ですが、プラスオプションでセッションを受け付けます!
実は、ここ数年の間に、コーチング基礎講座と、カラーカードセラピーなるものの技術を取得しました。
なんとなく誰かに話を聞いてほしいな~とか、話すのが苦手、と思っている方こそ、実はセッションですらすら話せたりしてご自身も驚かれたりします。
「話す」って「離す」と言われたりもして、もやもやしていること、誰かに話してしまうと、その感情を手放せます。
本気のコーチングは、確実に次の課題を設定させたり、とにかくすべてを肯定する印象がありますが、
私のセッションは、コーチングスキルをベースにしますが、カラーカードを使い、ご自身の内面を見つめてもらうことを大切にするセッションです。




上記の企画は、昔々に夢見た私の空想の乙女屋を目指すための最初の一歩です。

その夢ってなにっていうとね・・・・

私は、本当に美しく心地よい場所と空間を求めていました。
そこにはお人形とアンティークレースとナイティーとランジェリーがたくさん折り重なっていて、
そういうものを愛する女性たちが、老いも若いも集っては、世代を超えて、楽しい話題に花を咲かす。

「あら?あなた、そのドレス素敵じゃない?」

「そうなの、先日、ここで仕立ててもらったの!
でもね、その下のペチコートを別の色にしたらもっと素敵だと思って頼みにきたのよ!」

「あらそうなの、私はね、このお人形のドレスを新しくしてもらおうと思ってきたのよ。
此処のドレスが一番なのよ、そして、その相談をしながら、此処でいただくお茶が一番好きなの。
いらっしゃるお客様も可愛い方ばかりだしね!」

「あら、それはそうと、そこのあなたは、何をうかない顔をしているの?」

「あらあら、いけないことをいってしまったかしら、泣かないでよ、大丈夫よ。
ちょっと奥にいらっしゃい、ゆっくり話しましょう、時間は大丈夫なの?」


静かに光が差す場所に、穏やかな静けさと、うっとりするような香りがする空間で、
それぞれの女たちが夢を見るような空間と時間。

そういう場所を、私は作りたい。


辛いことがあっても、乙女屋があるから、大丈夫。

そう思ってもらえるようなお店を目指したい。


It's a wonderful worldへの第一歩。


この7月から始めます。



7月のスケジュール→http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-400.html







[PR]
# by otomeya | 2017-07-13 00:42 | 日々の戯れ

「初夏の和骨董」

e0037611_00222818.jpg
イベント、無事に終了しました。

webshopへのアップも完了。

ささやかなささやかな和骨董でしたが、まだwebshopだけだったころって、こんな感じやったーって懐かしかったり、
一方で、こんなにぎりぎりの告知で、3日間しかなくても、お客様がちゃんと来てくれる店舗になれました。

開店当初、本当に誰も来ない日ばかりだったので、とてもありがたいと感じます。

普通のお店だったら、考えられない話でしょうけれど、ね。


今回は、思い入れのある古物が数点お嫁に行きました。


e0037611_00264433.jpg
e0037611_00270275.jpg



もう今は、作ることのできないガラス質と佇まい。

爽やかで品のあるブルーも、大好きでした。

大事にしてもらえるひとのところへ行くので、とてもとても嬉しいです。


初夏の和骨董、素敵な思い出がたくさんできました。

ありがとうございました。











[PR]
# by otomeya | 2017-07-12 00:28 | 日々の戯れ

2日目

告知は前日、たった3日のイベントの為に、今日もお客様がご来店くださいました。

もろもろ、たまりたまった仕事があるので、誰も来なくても気にしない―

と、思っていたのに、心あるご来店があり、奇跡を信じることができるような一日でした。


とはいえ、そんなことじゃだめなのかなーともおもったりします。

作家さんたち、本当に素晴らしい作品を送ってくださったので。


とにかくどうにもこうにも、ありがとうございました。


閉店後に、ご近所さんで一人ご飯。
何度か出向いていた近所のお店で、初めて猫話!
「猫ってね、猫神様だと思ってるんですよ。
猫を大事にできないひとのこと、信用できないんです。
自分より小さくて弱くて命が短いものを大事にできないなんて、考えられない!」
と、その方がおっしゃって、実は、私も心から、猫は神様の分身だと思っているので!
それを、さらーっと普通におっしゃったその人の事、ますます大好きになりました!

私は、猫の存在に何度も何度も救われてきました。
守ってもらってもきたし、生命体として純粋で尊く、本当に神々しいです。

世界のすべての猫さんが、心穏やかに、おなかいっぱいで、心地よくすやすや眠れている世界を作るのが、乙女屋の夢です。







[PR]
# by otomeya | 2017-07-10 00:34 | 日々の戯れ

つぶやき。

「和」をテーマにしたイベントは、お正月と初夏に恒例で開催しています。

今回は、初めてSHOPスペースで「和」の企画展をしました。

ささやかだけれど、諸事情で告知も準備も本当にぎりぎりだったけれど、
本当にいい作品をお預かりできました。

暑い中、ご来店くださったみなさまがいました。

ありがとうございました。


それにしても、暑い暑い日々です。

明日も暑いかな、夜はゆっくり休めるといいですね。

おやすみなさい。いつもありがとう。







[PR]
# by otomeya | 2017-07-09 00:42 | 日々の戯れ

それにしても

e0037611_23291986.jpg
それにしても、月日が経つのが早くて早くて。


なにが一体原因なのかわからないけれど、
どうにもずーっと調子がでない。


わたしは、いつもにこにこしていたい。
わたしは、いつも乙女屋にいたい。
わたしは、いつもお人形たちの魅力を伝え、出会いを叶える瞬間をずっと信じて待っていたい。
すぐに売れなくったって、それでいい悪いとか言わないで。
大事な大事なたったひとつの宝物を、そんなに簡単に決められることばかりではないでしょう?
誰も来なくても、わたしだけは、信じて待っている。
待っている間も、楽しく過ごそう。
お人形達の為にお部屋を整え、花を飾ろう。

疲れ果てて都会を歩くある人が、ふっと窓のレースの飾りに気が付いて、ちょっとの時間に扉を開ける。

ああ、そうだ、私、実は、可愛いものが好きだった、

ってことを、思い出してくれるような瞬間を夢見る。

一方で、わたしは、なかなか会えないあの人にお手紙を書きたい。

わたしのおにんぎょうのために、新しいドレスを作ってあげたいし、
枯れることのないお人形の庭のお花たちを、美しく飾りたい。

だけど、現実には、そのどれにも、時間が足りない。

では、いったい、私は何をしているのだろう?



いつかお店をしたいと思ったときから、その願いは変わっていないはずなのに、
私自身も、環境も、なんだろう、なにもかもが変わってしまったような気がする。

戻ることに意味がないのはわかっているけれど、
でも、何を目指したらいいのだろう?

目指したものは、なにも達成できなかったけれど、
まだ、この空間は守られていて、薔薇を飾り、変わっていない自分の気持ちは守られている。


さて、この次は・・・・?


いま、乙女屋のこれからのために、めっちゃ真剣に考えているところです。







[PR]
# by otomeya | 2017-07-07 23:41 | 花の記憶

お人形遊び

7月8日から「初夏の和骨董」展を開催するので、作品たちがやってきました。

【藤本晶子】さんの作品。

e0037611_23255580.jpg

はじかみシリーズと呼ばれる子なのだけど、紹介するために撮影していて、どきり!

こんな表情、見せてくれるんだ―!というどきどき。

と、同時に、その表情に、心を奪われてしまい、実は、その後、ずーっとどきどきが止まりません。



お人形って、やっぱり不思議。

こういうなんだか、よく説明のつかないどきどきが癖になって、
抜けられなくなるんだよなー、とつくづく思う。


きっと、この子は、今回のイベントでおうちが決まるような予感がします。

よい出会いが見つかりますように。






[PR]
# by otomeya | 2017-07-07 23:28 | お人形遊び