カテゴリ:ベアとわたし。( 55 )

ベアとわたし。

e0037611_00081075.jpg
今日はお店の営業でしたが、のんびりしていたので、くまさんと遊んでもらっていました。
【Takutoすがわら】さんという作家さんのくまさん。

e0037611_00084837.jpg
e0037611_00083716.jpg
先日のポルトボヌール展のための子達。新作でした。

e0037611_00085961.jpg

見て!このソックスフォルムの足!
なんて可愛いんでしょう!
e0037611_00093266.jpg
向かって右の≪Dewdrop≫(ドロップ)くんはおうちが決まりました。
左の子・・・背景に馴染みすぎ?
ごめんね、また一緒に遊ぼう。

e0037611_00100219.jpg


e0037611_00095453.jpg
この子たちは【大西けい】さんの二人。
素朴で可愛い子です。

e0037611_00094345.jpg

上から見ても、可愛かった!

e0037611_00101273.jpg

乙女屋の軒下で育ったピエールドロンサールと一緒に。
このクマさん、ピエールみたい、って思いませんか?
優しく愛らしく、心がほっとします。


それぞれ、ひとりひとり、違う個性があるくまさんたち。

知れば知るほど、愛しくなる存在です。





■関連記事■
くまさんの写真を撮るのが好きです。
くまさんの画像たちはこちらのカテゴリーから→「ベアとわたし」








[PR]
by otomeya | 2017-05-14 00:19 | ベアとわたし。

くまと花

e0037611_23021893.jpg
大きなくまさんはTakutoすがわらさんという作家さんのくまさんです。
Piter(ピーター)という名前を持っています。
小さなひつじちゃんとわんこちゃんは、tougenkyouちゃんという作家さんのぬいぐるみです。
tougenkyouちゃんは、関西の人ではお会いになった方もいるかな?
京都を拠点に活動しています。
とても魅力的な方。
きっと、今年は新たな本来の才能も、開花してくれるんはないかしら、と期待しています。

それにしても、昨日までのポルトボヌール展は、とても素晴らしき日々でした。

今日は、営業はお休みだったので、通販作業と、事務仕事でした。
これもとても好きな作業ですが、ポルトボヌール展のイベント中は本当に幸せなことがたくさんでした。

どうして、ずっとあの日々が続かないのだろう?

もし、毎日、もっとちゃんと”お店”らしく営業していたら、あの日々が続くのだろうか?

それとも、決定的に何か、私の見ているものが違うのだろうか?

e0037611_23050103.jpg
e0037611_23051420.jpg
(愛しいものたち。)

答えはどこにもありません。

ただひとつ、時間は流れ続け、戻ることはなく、同じ時間は繰り返さない。

私もあなたも、気持ちも考え方も変化するし、年を取るし、いろんな経験をする。

間違っていたことに気が付くこともあるし、
正しかった人が間違うことだってあるじゃない。

でも、それでも時は流れる。

なにもかもが、とどまることはない。

諸行無常。

だから、愛しいものは、悲しいの?

愛していたの。

伝わっていた?

伝わっていなかったら、その気持ちはなかったことになるの?


うーん、どうかな。

それも自分次第かな。

わけわかりませんが、おやすみなさい!






[PR]
by otomeya | 2017-05-08 23:17 | ベアとわたし。

くまさん

e0037611_14275571.jpg
Takutoすがわらさんのくまさん、≪Piter≫くん。

脚先、見て!ソックス型!

おうちが決まりましたー、よかったね。

e0037611_14274474.jpg
e0037611_14273529.jpg
薔薇の花を飾り、くまさんたちと遊び、レースやリボンで一緒にアクセサリーを考えたり。

楽しい時間が、たくさんたくさんありました。

涙がでてくるほど、こみあげるものがたくさんありました。

それを、私と知人は{恩寵の時間}と表現しているのですが、そんな時間を過ごしました。



世の中すべてが、{恩寵の時間}のあるほうへ、動いていくことを、心から祈ります。





[PR]
by otomeya | 2017-05-08 14:32 | ベアとわたし。

わたしのくまさん。

e0037611_18130196.jpg

雨の日に、ひとりの可愛らしいお客様が来てくださいました。
いろいろお話させていただくうちに、
彼女は、テディベアのお教室に通っていらっしゃることを聞き、
その子がもうすぐ完成するので、リボンを選んであげられたら、
と思っていらしたことを教えていただきました。

e0037611_18130921.jpg
で、ぴったりの色合いと雰囲気だったのは、
このアンティークレースのリボン。

本当に、その方のくまさんに、まさにぴったり。

その方にとっての、初めてのくまさんに、
乙女屋のアンティークレースリボンが似合っただなんて、
なんてなんて嬉しいのでしょうか。

嬉しくて、光栄で、うるうるします。

ネットでなんでも買える時代。
材料を買うより安く、量産品がそれっぽい形で、ゴミになるほど溢れている時代。

そんな中でも、こんなにも、気持ちの通う出来事に、乙女屋で立ち会えたこと。


本当に本当に嬉しかったです。


ありがとうございました。




乙女屋 開店当初に書いた記事。
今とあんまり変わっていなくて、苦笑い。








[PR]
by otomeya | 2016-11-20 23:14 | ベアとわたし。

ベアとわたし。

e0037611_12084352.jpg
Takutoすがわらさんのベア。
数年前に一目惚れしてお迎えした子。

e0037611_12083597.jpg
可愛いな~可愛いな~~と、いつもいつも幸せになります。

今年、手に入れたインド刺し子のマルチクロスの心地よさと相まって、
ますます幸せな夏です。




[PR]
by otomeya | 2016-07-25 00:21 | ベアとわたし。

忘れていたこと

e0037611_15553790.jpg
現在、乙女屋では、不思議可愛い動物作品に会える!
FANTANIMA! in KANSAI 開催中。

画像は、虚構メルヘン 作 アーティストテディベアたち。

e0037611_15554554.jpg
e0037611_15555007.jpg

いつも一緒にいたベアのおめめが遊びすぎてとれちゃって、
それでも大事にしたい小さな子供が、
なんとか工夫して直したベア、のイメージで制作されたとか。


いい子なのに、なかなかご縁がなくて~

と、作者・談。

新作が続々とお嫁(&お婿)に行く中、
まだこの子は乙女屋にいました。

可愛いのにねーなんてお話ししていたら、
届いたメールは、乙女屋初期からの遠方のお客様。

ツイッターに数々あげられる画像の中から、
小さなこの子を、見つけてお問い合わせをくれました。

そのとき思い出したこと。


「そう、それが乙女屋なんだー」


ってこと。

思い出したことはね、
実店舗を持つ前のWEBSHOPのみのころのこと。

当時扱っていたのは、既製品の雑貨たちでした。
仕入先で、これこれ!と思うものを担当の人にお願いすると、

「それってあんまり売れないんですが大丈夫ですか?」

「同じシリーズのこちらが売れますよ」

と言われることがよくありました。

アドバイスを取り入れて両方仕入れてみると、
売れるのは、他店で売れないと言われた最初に気に入ったほうのアイテム。
逆に、他店で人気!のアイテムは、ぼちぼち~な反応でした。


多くの人が求めるものではなくても、
それを探している人が、どこかに必ず、いる。

そして、そういうものを見つけてくれた人からの


「こういうものを探していたんです!

でも、ずっとずっと探していたけれど、今まで全然、出会えなかったんです!」

のメッセージ。


その一言が、どんなに嬉しくて、励みになってきたことか。





あの頃の気持ちが、鮮明によみがえりました。



そうだよね、がんばろう。



明日からも、FANTANIMA in KANSAI

続きます。



関連記事→http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-107.html












[PR]
by otomeya | 2016-05-25 16:09 | ベアとわたし。

「ベア手帖」の感想

昨年の春、「ベア手帖」というフォトブックを発売しました。
乙女屋からご紹介した古いぬいぐるみたちとの思い出をまとめた本です。

嬉しい感想をいただきました。
美しい言葉で綴られた愛にあふれた言葉は、
感想としても嬉しいのですが、
なにより、このメールをくださった方の心の優しさが感じらる言葉たちは、
様々な情景を呼び起こしながら、しっとりと心に染みこみました。

許可をいただき、メールの感想の部分だけを、こちらにシェアします。


「乙女屋の、想い出がたくさん詰まったベア手帖も、
出逢いと別れを繰り返してきた可愛らしい子たちのいろいろな表情と、
美保さんの心の声にも感じられる言葉が、優しく小さな雪の花のように感じられました。

足下の野の花や、隠れた宝石みたいなものが、
眠ったままではなく、こうしてもう一度、新しい世界で愛されながら、
きらきらと輝けることが、胸がいっぱいになるくらい嬉しくて…

優しい想い出を抱いていた、たくさんの懐かしいものたちが、
美保さんにみつけてもらえて、どんなに嬉しかったか、
乙女屋での新しい出逢いが、どんなに幸福なものか…

時の波に委ねながら、
自分を必要としている人との出逢いを信じてきた光のひとひらのようなものたちと、
心の奥で、愛しいものを呼ぶように探していた人たちの架け橋になっている場所、空間…
それはきっと、乙女屋さんのようなお店なのだと思います。

美保さんのような人や、乙女屋のような場所が、
これからも、私たちのこの美しい世界に咲き続けることを願います。」 

(※美保=乙女屋店主)



愛のあふれる感想、本当にありがとうございます。

このようなお店であれたら・・・と思います。

8年お店をしているうちに、私のやっていることはビジネスとしては、
まるで基本がなっていないことや、社会的に見てとても未熟であったことが
少しずつ分かってきて、命懸けでやっていてこれなのか、と自分が情けなります。

それでも、何故だか信じてお預かりさせていただける作品は、
私が本当に心から愛しくてやまない作家さんのものばかり。
そして、それぞれの美しさを心に秘めて、
懸命に生きていらっしゃる各地にいるお客様たち。

皆様に支えられての8年でした。

「ベア手帖」を出したのは、私の中で、少し思い切ったことでした。
勇気をだしてよかった。

「ベア手帖」の在庫はあと2冊。

続編を出したいな~と思いながら、きっとあっという間に、このまま
数年はすぎてしまうのかも、知れませんね。



そのほかの皆様からの感想→ベア手帖 そのほかの感想




[PR]
by otomeya | 2016-01-08 01:54 | ベアとわたし。

愛しいもの

e0037611_22292731.jpg
大西桂(虚構メルヘン)作 トートバックに、
お気にいりのハンガリーのベアを入れた様子が
あまりに可愛くて、vintageカードと記念写真を撮りました。

e0037611_22293407.jpg
くったくたのぐたぐたの子。
以前、このベアをとても気に入ってくれていた人がいました。
購入を考えながら、抱っこしてくれているときに
「ね、ほら、すごく寄り添ってくるのよ?
・・・・まあ、誰にも寄り添うんだけど・笑」
と、笑って、私も一緒に笑ったことを、
この子をみるといつも思い出します。

この子の感じのベアは、大きい子も小さい子も色違いも、
わりとよく見かけます。
どのベアも、きれいに保存されていたものはなく、
それぞれにたくさん遊んでもらったオーラを持つ子ばかりです。
ハンガリーやロシアのものを扱うお店でよく見かけます。
それほど高級なものではなく、身近にいるベアだったのかな、
と推測しています。あくまで推測なのでわかりません。

それにしても、可愛いなぁ~
お店に出したものの、やっぱりもう少しそばにいたくて、
あまり積極的に値段を付けられません。

お気に入りが何体もいるのに、それでもやっぱり、この子はこの子。
それぞれ、大好きなままで愛が減らないので、困ります。









[PR]
by otomeya | 2015-12-20 22:36 | ベアとわたし。

愛しいものたち。

e0037611_00414253.jpg
e0037611_00415770.jpg
e0037611_00421089.jpg
e0037611_00422076.jpg

ぬいぐるみたちをたくさん並べて、
心温まる時間を過ごしています。

e0037611_00423093.jpg

また、ブログが増えました。
「乙女屋/ぬいぐるみfair」

可愛い、ってやっぱり幸せ。
女の子だもん♪

で、いいんじゃないの?

と、原点回帰なこの頃です。















[PR]
by otomeya | 2015-12-18 00:49 | ベアとわたし。

ベアとクリスマス。

e0037611_23595745.jpg
久々にクリスマスのお仕度。
楽しいです。

古いぬいぐるみたち、何人紹介できるかな?

たくさんいるので、時間との勝負になりますが、
お気に入りを見つけてもらえると嬉しいです!





お楽しみに♪







[PR]
by otomeya | 2015-12-12 00:09 | ベアとわたし。