<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2006年 10月 2日~2006年 10月 31日までのオーナールーム

e0037611_16154136.jpg
2006年 9月 30日には 芦屋のスペースRさんにて行われた
「暮らしの蚤の市 VOL6」に参加してまいりました。

温かい日差しと、ヒトとのふれあい、雑貨にまつわる素敵な光景に囲まれて、
たくさんの思い出という宝物を手に入れることができました。

お隣のブースの方は、不要になったお洋服やノベルティを、
格安でご奉仕なさっている方でした。
素敵な古着や、格安の未使用雑貨などは、とても人気があり。
オトナも子供もこぞって集まっていました。
横目で見ていると、
小学校3~4年生とおもわれる少女が、エコバッグを30円でお買いあげ。
自分の小さなお財布からお金を払って、気にって物を手に入れた少女は、
とても嬉しそうにしていました。
その光景だけでも、本当に愛らしくて、
美術館などでうるさくする子供とばかり、触れ合う機会の多かった私には、
久しぶりにかわいいな~、と思ったのでした。
が、それ場だけではなく、少女は、そのあと、別のお店をお母様と回っている間も、
ず~~っと手には、買ったばかりのエコバッグを握り締めていました。
さらには、また、エコバッグを見つめて、ひとりで、にこにこ~~って、
いとおしそうに、そのエコバッグを見つめるのです。


もうぅぅ~!!そのかわいいことといったら!
ほかのヒトに不要なものでも、その少女にとってはとびきりの宝物だったのです。
そして、それをいとおしそうに何度も何度も見つめるさまは、
これこそが、少女のかわいらしさであり、
雑貨屋さんでめぐりあう幸せの、一番大切なことを見せていただいた気がしました。

かわいい雑貨、かわいいものを好きだから、
その人がかわいいわけではない。ということを、私は、改めて思いました。
その少女が手にした雑貨は本当に、別に乙女チックでもなんでもない、
便利なエコバッグ。
でも、それを手にした少女は本当に、年齢だけでなく、ココロも少女で乙女。
自分の気持ちを大切にして、それを表現できる。
そして、その様子でヒトをも幸せにすることができるのです。
だって、いくら嬉しそうにしていたって、
何かを盗むことに成功してにこにこしている少女がいても、
ヒトを幸せにはできません。

私の理想の女性の条件には、
お仕事で自立していることも、立派に家庭を築くことも、
かわいいお洋服を着ていることも、かわいいアンティークを持っていることも、
本当は何にもないのです。
そんなことは、それぞれの趣味や環境の違いにすぎません。
私の理想の女性は、どんなことででもいいから、ヒトを幸せにできるヒトです。
すべてのヒトを幸せにするなんて不可能だから、そんなことじゃなくて、
誰かひとりでも、幸せにできるヒト。
でも、女性っていうと、ちょっとしっかりしてほしい気もするから(笑)、
それが、私のとっての理想の☆「素敵な女の子」☆にしましょうか♪
そんなことを、思ったのでした。
[PR]
by otomeya | 2006-10-30 16:16 | HPバックナンバー

秋だね~・・・

e0037611_22181231.jpg いいお天気です。
秋晴れですね。

今日は、問屋さんからドールベッドが届きます♪
これで3回目の入荷かな??
前回で最後にしようかと思ったのですが、
かなり人気で、買ってくれた方で、
「もうひとつくださいっ」なんて言ってくださった方もいたので、
調子に乗ってもう一度入れました。
まだの方、お見逃しなく・・・・★

今日の荷物には、新しい商品もあります。


おりぼんモチーフの雑貨がたくさん届きます。
コンソールやフォトフレーム、壁掛けフック・・・。
おすすめ盛りだくさんなので、楽しみにしていてくださいね♪

撮影もまだだし、撮影環境が、ごちゃごちゃなので、
まず、お片づけからはじめなければなりません。
アップのメドがたちませんが、なるべく早くご紹介できるように頑張ります!
よろしくお願いいたします~♪
[PR]
by otomeya | 2006-10-21 15:37 | 商品入荷関連

2006年9月30日 「暮らしの蚤の市vol.6」 @スペースR

e0037611_181138.jpg

2006年 9月 30日 芦屋 スペースRさんの恒例イベント
「暮らしの蚤の市 vol6」に参加しました。

とても気持ちよい秋のお天気、白い建物に、優しい気持ちになれる雑貨や人たちが集まった、
なんだか独特の空気のイベント。
初めて参加したのですが、本当に、ココにしかない空気の温かさが広がる、
素敵な時間と空間でした。

私の段取りが悪かったせいで、画像があんまり取れなかったのですが、
イベントに来れなかった方のために、少しだけ、様子をご報告しちゃいます・・・・・♪


e0037611_1814267.jpg一番上の画像と、
この画像が乙女屋ブースの様子です。
キッチン前のスペースが乙女屋でした♪

古い装苑、昔の少女付録、など、
いつもとちょっと違ったものもご用意しました♪

一番人気は、三つセットのピンクトランク☆
こちらは、ネット用も用意しています♪



e0037611_182222.jpg11時OPENなのですが、
←このように、10分前には、
お客さんでぎゅうぎゅうです!

こんなに人気のイベントだと知らなかったので、
ちょっとびっくり。。。。!
でも、「蚤の市」らしくて、いい感じ☆



e0037611_1823649.jpgお客さまは、若い女性だけでなく、
お子様連れ、ご家族連れのお洒落ママ、
ご年配のきれ~な女性などなど、
いろいろな層がいらしてました。

「無神経な子供って、苦手」と思う方もおられます?
それが、ココにきていたお子様、
どの子も大人しくて、礼儀を知ってて、
何より素直でかわいい!!!

世の中、もう、子供さえすさんでいるのよ。と思っていたので(←なんてやつだ!)
これは、ちょっと感動モノでした。

e0037611_183760.jpg
こちらが、午後すぎの、ちょっとすいたとき。
日の日差しが温かく入って、
昔の北野坂のCAFE、「J&F」のような雰囲気で、
すごくほころびます。
ヴィクトリアンも好きだけど、
こゆうあったかい雰囲気もだぁいすき☆


e0037611_182183.jpg建物の様子とか、1Fの蚤の市スペースも、
とってもいい感じでしたが、
余裕がなくて撮影できませんでした(反省)
年に二回のイベントなので、
次回は来年の初夏とのこと。
激戦イベントだけに、心配ですが、
できることなら、ぜひ次回も!!
お呼ばれしたいとても素敵なイベントでした!



次回は、イベントあわせで仕入れた雑貨などを、ブログ限定でご紹介&販売開始!
ご期待くださいませ☆
[PR]
by otomeya | 2006-10-02 18:09 | 「暮らしの蚤の市」情報

2006年9月10日~10月1日までのオーナールーム

「本当に裕福だということ」

大阪で一番大好きな場所は、中ノ島です。
大阪府立図書館と、中央公会堂がある一帯。
川があって、ちょっぴり重厚な装飾の橋があって、奥に行けば薔薇園。
お散歩に疲れたら、北浜で英国式ティータイム♪
そんな贅沢な時間を過ごすことのできる場所。
それが中ノ島。

この立地の中でも、もし、中央公会堂と府立図書館が、
この建物でなかったら、私は、この場所を、愛することはなかったと思う。
贅沢な建物のすばらしさは、もちろんだけれど、
ここを訪れて、いつも考えるのは

「本当に裕福だということ」

実は、この中央公会堂と府立図書館は、
住友銀行(現・三井住友銀行)の住友吉左衛門友純氏の寄付によって、
立てられた建物なのです。

「商売がうまくいったなら、その土地の庶民に、何か恩返しをしなければ」

かつては、こういうことが裕福ということであり、
お商売がうまくいったら、庶民が楽しむことのできる、公共の建物や美術館などを、
作るのが、ひとつのステータスとなっていたというのです。

そのことにより、庶民は、その会社に尊敬と感謝、信頼の念を抱き、
より、結びつきが生まれて、自分の商売もうまくいく・・・。
利害関係はさておき、人間関係というのは、
してもらう、ばかりではなく、信頼関係というものを築かなければ、
本当の仲良しさんには、なれないものでしょう。

それが、今のお金持ちというわれる人はどうでしょうか。
なんとかヒルズに住んでみても、うらやましい、格好いいな~なんて、思わないのに。
そんな人の会社を、より応援してあげなくちゃ!なんて思わないのに、
わからないのかな~???
バブル期には、ゴッホの絵を購入したあるお金持ちが、
「わしが死んだら、この絵も燃やすのじゃ。わしの財産なんだから・・・」
なんて、勘違いをしたというのが、有名だったけど、
そら、そんなの、ただのおばかさん。
うらやましくもなんともなくて、ただ、こんなおばかがお金と地位を得ている
日本が、情けなくなるばかりでしたのに。

中ノ島で、贅沢な建物を見上げるたびに、
住友吉左衛門友純氏の偉大さと、ココロの余裕に、尊敬の意を思うのです。

さて・・・・。
ブログで告知しております、9月30日のイベント。
この主催は、三宮で有名なパスタやさん「RYU-RYU」さんのギャラリー部門です。
RYU-RYUさんのパスタは、三宮にでれば、若い頃はとくに、
並んででも食べたものでした。
おしゃれで、おいしくて、お手ごろで・・・。
三宮の食文化を、支えてきた素敵なお店のひとつだと思っています。

長く三宮の文化を支えたRYU-RYUさんが、
お客さんと、楽しいことをしたい!
と、ビルひとつ、オトナの雑貨スキが遊べるようにしてくださったのが、
今回、会場となる、芦屋の「スペースR」さんなのです。
現代の住友吉左衛門友純氏ともいえる、この素敵な余裕の遊び心☆
本当に感謝の気持ちとともに、イベントを楽しみたいと思っています♪

かわいいものが好きなだから、かわいい人柄になれるのでは、ありません。
好きなものと、自分自身がもつ性格や雰囲気は、また別のもの。
素敵なアンティークSHOPなのに、マダムがえげつなく・・・・コワいお店。
時々、見かけるけど、アレは私は理想じゃないのです。
本当のかわいい女性になるために・・・・。
ぜひ、一度、ココロの余裕、豊かさというものを考えてみませんか。
ちょっぴり贅沢なコスメなんて買って、雑誌に踊らされて、セレブ気分~♪
なんて、たわけてみても、ココロに余裕なんてできません。

ぜひ、RYU-RYUさんのココロの余裕である「スペースR」を肌で感じて、
自分だけの余裕、ココロの素敵を、見つけてくださいませ☆

なにやら説教くさくなってしまいました。
・・・・ごめんなさい・・・・
9月30日、たくさんの方にお会いできるのを楽しみにしています。
[PR]
by otomeya | 2006-10-02 17:51 | HPバックナンバー