<   2010年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

紅蓮さんのお人形二人め

紅蓮さんから預かっているもう一人のお人形。

この子も 全長 約17cm。 オールビスクです。

e0037611_23305558.jpg



e0037611_23494938.jpg



e0037611_2350463.jpg



e0037611_23501821.jpg



e0037611_23503760.jpg



e0037611_23505196.jpg



e0037611_2351316.jpg



e0037611_23511834.jpg


[PR]
by otomeya | 2010-07-29 23:52 | 商品入荷関連

紅蓮さんのお人形詳細画像

乙女屋からお嫁にいきました。

紅蓮さんのお人形の追加画像です。

全長約17cm。

オールビスクです。


e0037611_23161857.jpg



e0037611_23172439.jpg



e0037611_23174677.jpg



e0037611_23204429.jpg





e0037611_23212157.jpg




お嫁にもらっていただきました。

ありがとうございました。

次回作品にご期待くださいませ。
[PR]
by otomeya | 2010-07-29 23:27 | 商品入荷関連

幸せについて。


「幸せになりたい」

と、きっと誰もが思っています。

「幸せ!」と思っている瞬間は、
確実にたくさんあるはずなのに、
ふと、不安になったり、自分の感じている幸せが、
なんだか惨めに思えてしまったり・・・・

普通、そんな話はあまりしないですよね。

といいながら、心の奥の話を、
そっと打ち合えて下さったりする人が、いる。

実は、私は、そんなことばかり考えていて、
逆に、本当の寂しさを紛らわすために、
当たり障りのない言葉で、美味しいランチの話をしたり、
誰かの噂話でその場をごまかしたりすることが、とても苦手。

それなら、一人でいるほうがよっぽど心地がいい。

で、お話いろいろしているなかで、
とあるかたが出された、とても大事な答えがあって、
私も、あ!その通り♪と思って、すごく大事にしたいと思ったので、
ココにも、書き残しておくことにしました。


「誰か好きな人と、
心の何処かで繋がってると実感できれば、幸せになるんじゃないかなぁって。

人は誰かを完璧に幸せにすることはできないけど、
誰かが幸せになる為の手伝いや協力はできると思います。」


そう、そうなの!

と、いま、ここに書き残していても、涙でるくらいに、
共感しました。

たくさん束縛なんて必要なくて、
ずっとそばになんていなくていいから・・・・

そして、自分を幸せにできるのは、
自分自身でしかない。

そのことも、この人は、もうわかっている。

きっと、幸せは、もうすぐそこです。

これからも、一緒に生きていきましょうね、この世知辛い世の中ですが。
そして、頼りのない私ですが、あなたがつらいときに、
一緒に泣いてあげることくらいは、できるかもしれません。

*

実際にお会いしたことがある方は、
私が、みんなでわいわい盛り上がることが苦手といったり、
たくさんでお話しするように、WEB記事を書けたら便利じゃない?なんていうけど、
私は本当はやっぱり絶対的に、一人の時間がとても好き。

でも、どうして一人の時間が好きかといえば、
多分、反面がとても寂しがりやだから、
どんなに愛して、仲がよいひとであっても、どんなに憧れの人であっても
私とあの人は別の人間で、溶けて一緒になることも出来なければ、
同じものを同じように感じているなんて、幻想でしかないんだと、
わかっているから、そのことを実感することが寂しくて、
それならば、幻想だとわかっていても、実感するより、
自分ひとりで、大好きなものへの想いを抱きしめているほうが、
私にとってよほどに、その思いと一緒にいると実感できるから、
一人がすきなのだと思う。

*

なんてことを思っているので、本当はブログというのもはじめた当初はすごくいやだったの。

なぜかというと、以前は、HPのほうでこういう思いを書いていたので、
更新するのにすごく時間がかかったし、
書き換えもなかなか自分のおうちにPCがなかったときもあったので、
文章1つ書くのに一月くらいかかって丁寧にじっくりと考えて、
いま、このときにはこれが真実だ、と思うようなことだけを、
他者に伝えたいと思っていました。

どうでもいいそのときの感情を、
それがよい文章になることもあるのかもしれないけれど、
いちいち、つぶやいて、誰かに拾ってもらおうなんて、
そんな甘ったるいことは私は大きらい!!!!!で、
それはなぜかというと、そういうことをしていると、
そこで満足してしまって、自分の心理や、なぜそう思ったのか、
じゃあ、どうしたいのかを、自分ひとりで考える力が衰えるような気がしたり、
というか、そんな、いちいち瞬間瞬間の気持ちを聞かせるほどの価値は、
私にはないよ~~と思います。

なので、ブログにするときもすごく悩んで、
文章の深度が浅くなる心配をすごくしたし、
・・・・・

ということを、先日、とある人に話そうとおもったら


「どうでもいいよ!うっとおしい!!!」

と一蹴されました。


というわけですが、幸せについては、どうでもよくないと思います。

大事なことを、教えてくれてありがとうございました!
[PR]
by otomeya | 2010-07-28 17:27 | 天使のお仕事

SERAPHIM の ガーゼ羽根のワンピース

e0037611_047862.jpg



着せているトルソーは、とても小柄なトルソーで、
身長140cm未満くらいのバランスになっていると思います。

e0037611_0473797.jpg



胸元のレースモチーフのアップ

e0037611_0482353.jpg


袖にピンタックと、ケミカルレース

e0037611_0501317.jpg


スカートのフリルは二段。
ふわふわガーゼがたっぷりで、夢のようです。

e0037611_0553221.jpg



身頃の感じ。


SERAPHIMさんのガーゼ羽根ワンピース(→ お買いものページ
の追加画像です。



とびきりに大好きな絵本に出会った。

grain-d'aile グランデール

という絵本。

詩人・ポールエリュアールの唯一の絵本。

憧れの人が、好きだといっていたので、
いつか読んでみなくちゃと思っていたけれど、
大人向けに訳されたのは、2009年のこのエクリ版が初めてとのこと。

私にとっての、
とても大切なことが、優しい言葉で奥行き深く書いてある。

なんて素敵なことが書いてあるの!とうわーーと思う。
優しくも愛のこもった言葉にきゅんとなる。
ふんわりと包み込まれるような優しさとともに、
しっかりと現実を見据え、
そのあとに、再度夢をみるような、
本当に、憧れのリリカルな世界。


私は、そんなに好きなものがたくさんあるわけではない。
どちらかといえば、とても少ない。
少ないけれど、少ないがゆえにめいいっぱいの愛を注げるから、
寂しいことはまったくないし、とても幸せ。

わかりやすいものが好きではない。
好きな雰囲気があったとしても、
それを露骨に出すのは、下品に感じる。

現実を知らないで、見ようともしないで、
表現なんてできるものか、と思う。
しったかぶりで作った作品と、
そうでない作品の違いが、どうして、わからないのか。

まあ、べつにいいんだけど
私が求めている世界は、どこかまったく別のところみたい。

だけど、少なくても分かってくれる人はきっといると信じて。

「今夜 きみにこのお話ができてよかった

わたしの思いをこんなにもゆたかにしてくれて
きみのひとみに信じることのかがやきをやどすこの物語を」


この3行は、
grain-d'aile グランデールの中の言葉。

グランデールが、実在して、大人になったら、
SERAPHIMのガーゼ羽根のワンピースを着てくれるかしら。

そんなことを思ってみたりしました。

今日も、grain-d'aile グランデールを読んで眠る。。。。

おやすみなさい*



*


*
[PR]
by otomeya | 2010-07-26 01:12 | お洋服のこと

花工房さんのお花

売約いただきましたお花たちです☆

e0037611_11403259.jpg



e0037611_11405435.jpg



普段は入らない小ぶりなシルクサテン薔薇いりブーケ、
実物も気に入っていただけますように♪


まだまだ素敵なブーケたちの在庫はあります♪

明日以降、→花工房 在庫リストに追加していきますので、
どうぞ、見守ってくださいませ♪


毎日、撮影していても、溜息こぼれちゃうくらい、
素敵~~*なお花たち。

ひとりでも多くのかたのところへ、
美しさをお伝えできたら嬉しく思います。
[PR]
by otomeya | 2010-07-25 11:44 | 商品入荷関連

花工房画像追加

シルク素材にこだわった布のお花を作られる花工房さんからとどいた在庫。


久々に5000円のブーケが入荷しました。
お色はベージュピンクで2点。

薔薇の種類が違います。


e0037611_14475796.jpg



e0037611_14482073.jpg



上の2枚は、シフォンの薔薇が入ったブーケ。
1点のブーケを、違う角度から撮影しました。


もう1点のほうは、シルクサテンの薔薇です。
普段はこの薔薇は高級品で、5000円ブーケにはあんまり使われないのですが、
今回はスペシャルに入っていて、きゃあ!素敵♪
と私も感激。



e0037611_1448365.jpg



e0037611_1449797.jpg



こちらも、1点を角度違いで2枚の画像に撮影しました。

5000円ブーケは、よくお取り扱いさせていただいている
3000円ブーケのお花と比較すると、
大体同じくらいの種類のお花が、量的に倍ずつくらいはいっていて、
そえてあるレースがアンティークレースになるという
とてもお徳なブーケです。


e0037611_14492815.jpg



3000円のブーケと比較。

左が3000円ブーケ。右が5000円ブーケ(シルクサテンの薔薇のほう)です。

アンティークなロマンチックな世界を作り出してくれる
布のお花。

花工房さんのお花に出会って、かれこれ5年以上たちますが、
まったく飽きることはなくて、届くたびにうっとり・・・・*

10月ごろには、ワークショップも開催できるかもしれません♪
楽しみがいっぱいで嬉しいです。
[PR]
by otomeya | 2010-07-24 15:00 | 商品入荷関連

お花たち

e0037611_101532.jpg



e0037611_1011620.jpg



e0037611_10126100.jpg



e0037611_1014062.jpg



e0037611_1015043.jpg



(左上のほうがマーガレット入り。右が通常の小花入り)

花工房さんから届いたアンティークなお色のお花たちです☆

近日更新予定♪

生命力あふれるお花の美しさはもちろんだけれども、
自然とは離れたところに存在する布のお花は、
私にとって、空想世界の花園を作るのに、
必要不可欠な、とても大切で愛しい存在。
[PR]
by otomeya | 2010-07-23 10:04 | 日々の戯れ

in amulet

e0037611_14444742.jpg


暑中お見舞い 申し上げます

例年に増して、異常な暑さを感じる今年です。

いかがおすごしでしょうか?

この夏は、ずっと憧れていたギャラリーさんから、
小さいスペースながら、乙女屋として販売をさせていただけることになり、
つい昨日まで、東京にでかけてきました。

このベアとお人形は、
そのお店で見つけてきました。

とてもとても可愛い子です。

出会えたことがとても嬉しいです。

みてくださっている方にも、
素敵な夏になりますことをお祈りしています。

まずは健康第一です。

ご自愛しつつ、日々を楽しまれてくださいませ。

otomeya
[PR]
by otomeya | 2010-07-22 14:47 | 日々の戯れ

=永遠の少女についてのトークショー~リリアンギッシュに寄せて=

2010年 8月1日 ドールドレスさん主催の「なんでもない日のお茶会」にて
レコードshop ベルベットムーンのchouchou様とご一緒に、
「永遠の少女」というテーマにてお話をさせていただけることになりました♪

chouchou様と打ち合わせをしていて、
以前から、なにかとても奥深いところで想いを共有できる私たちは、
電話をかけたら、どちらかの電話の充電が切れるまで話し続けてしまうというくらいに
いつも、いろいろな夢の話や美しい儚いささやかな思いの話ばかりしている。

いつものように、いろいろな夢のお話をしていて、
いつまでもお話がつきないので、1回では語り足りない!ということになり、
このトークショーは、勝手にシリーズ化させましょうね☆ということに♪

次回の予定なんて、なんにも決まっていないのに、
私たち二人の中では、すっかり最初の第一歩♪

第一回目のテーマは
「永遠の少女・リリアンギッシュ」について、
お話しすることに決めました。


私は、映画をほとんどみなくて、
女優さんにも、古い時代の時代背景も知らなくて、
まったくといっていいほどに、対談の相手にはふさわしくないのですが、
私なりの、妄想を頼りに、chouchou様の持っている少女世界への思いと、
私の思いとを交差させながら、
すでにリリアンギッシュをよくご存知のかたにも、
そんなみかたがあるんだな、なんて思っていたけるきっかけになればいいなとおもっています。

もちろん、リリアンギッシュを知らない人や、
興味があるけれど、まだ見たことがないかたへの、
作品世界へのご案内につながると、素直に嬉しいです♪

どうぞ、気楽に遊びにいらしてくださいね。

***ドールドレスさんのお茶会情報***

2010年8月1日 16時~21時

乙女屋店主とchouchou様の
「永遠の少女にまつわるトークショー~リリアンギッシュによせて~」は
17時半ごろ~18時ごろにスタート
約30分 お話させていただく予定です。

そのほかにも、ライブペインティングアーティストのだしものもあります。


それ以外の時間にも、物販でイベント会場にいますので、
気軽に遊びにいらしてくださいね。

フリーフード、フリードリンクで 前売り 2000円です。

ドールドレスサイト →ドールドレス

会場は、乙女屋から徒歩約5分です。
とても近いです♪
でも、当日は、私はドールドレスにいますので、おとめやをついでに遊びにいって・・・・
というのができなくて、ごめんなさい。

イベントは、ちょっとヤングな感じで、
普段、とてもお世話になっている方々からみると、
敬遠してしまいがちな感じかもしれませんが、
私もいつもどおりいますので、どうぞ、気にせず遊びにいらしてくださいませ♪

いつか、乙女屋とchouchouさんの世界の少女世界で、
「心の中の永遠少女の集い」が
できたらいいな~♪

と思いながら♪

*



永遠の少女って。

どんなそんざいでしょうか。

約5年前に書いた記事。



2005年の記事

いまも、ずっと、この気持ちでいます。

そのほかのことは、変わるかもしれない。

変わりたいと思うことばかり。
もっと、ちゃんとしたいと、いつもいつも、いろんなことに思っている。

だけど、守りたいものは、いまもずっと持っている。


わかっているの、永遠なんてないって。

ないってわかっているけど、
信じてみたいとも、思っているの。

chouchou様と、語らいを重ねていけば、
大事な愛しいおもいたちを、もっと守ってあげられるすべを
見つけることが出来るかもしれない。

そんなことを考えながら、
楽しくお話できたらいいな♪と思っています。

ぜひぜひ、遊びにいらしてくださいね☆

e0037611_11452256.jpg

[PR]
by otomeya | 2010-07-16 11:46 | 永遠少女

大事にしたいと思った文章。

一枚の写真をながめていると、そこにはさまざまな色が存在することに気づきます。

明るい色、暗い色、好きな色、ちょっと気に入らない色……。

もし好きな色ばかりを残して、暗い色や嫌いな色を好きな色に塗り替えていったら、
それは何がなんだかわからない写真になってしまうんじゃないでしょうか。

自分が「イヤだな」と感じるものも、あなたの人生という一枚の写真を構成するのに必要なもの。

むしろ、それがあるからこそ、自分の好きなものが見えてくるんだと思います。

(ジーニーさんからのメッセージ)=私個人にいただいたものではありません=

*

ジーニーさんのお試し無料占い

エンジェリックフォーチュン

ジー二ーさんて?

助けてエンジェル

*

「天使のお仕事」というカテゴリーを作りました。

占いとか、スピリチュアルとか、宗教とか、
どちらかというと信じていない部類に入っていたと思います。


このページのブログは、何年も書いているのだけど、
たくさんの記事の中で、自分でもすごく意味のある日記がいくつかあって、
その中に、かつて、私がどれほど、天使の存在を疑っているのかを、
わかる文章があります。




以前、親交のあった女性は、オカルト関係に精通していた人で、
私は、かわいいお洋服を求めていたころに、
彼女のかわいいお洋服が好きだったので、彼女とめぐり合い、
天使が存在するのだということを含め、
いろいろな話をきかせてもらった。


けれど、私には信じられなくて、以下のように書いています。

*


その頃の彼女がよくいっていたこと。

「自分の可能性を常識にあてはめてはいけない。強く、強く信じれば不可能は可能になる」と。

実際、彼女は洋裁経験がなかったにも関わらず、デザイナーとして引き抜かれるほどに活躍しています。
オカルトにも知識の広かった彼女は、瞑想教室なるものにもよく参加していました。
そして、ある満月の夜、自分の背中が熱くなり、目には見えないけど、たしかに耳で、自分の背中にある羽根が羽ばたく音を聴いたといいます。

何年も前にきいた、彼女の話を、先日、ふと思い出しました。

彼女と親交がとだえたこの数年間に、
私は強く願っても、叶わなかったことや、伝わらなかった想いもありました。
いまだ、自分の羽根の音も聞こえません。
けれど、想像もしなかった幸せなこと、奇跡のようにありがたい素敵な出会いもありました。

届かなかった想いを諦めるのではなく、叶えるために前に。
羽根なんてあるわけないって嘲笑するのではなく、
あると信じるのも悪くないと微笑むことができるように。
私にとってそんな一年になれたらいいな。と思いました。


+++あなたの心にある天使の羽根が、静かに自由に羽ばたける一年でありますように。



*

この文章を書いてから、またそれからもいろいろあって、
当時の彼女ほども、まだ信じていられない部分もたくさんあるけれど、
以前は、まったく受け付けられなかった様々なことが、
素直に受止められるようになったり、
それを信じることで、気持ちが停滞しないで、
流れて変化することができるようになりました。


そのきっかけを作ってくれたのは、
上に紹介しているジーニーさんという方の存在で、
私は、まず、天使がいるかいないかの正確さをもとめるうんぬんより、
まず、ジーニーさんの人柄、
ジーニーさんの考え方のFANで、
そんな風に物事と向きあえたり、考えることが出来るひとって、
なんて素敵なのかしら、と思える特別な存在。

それで、自分が元気がなくなったり、
なにかににごってしまいそうになったら、
ジーニーさんのブログを見に行きます。

そんなジーニーさんの考え方のひとつ。

とても画期的なことなのですが、

「人は、みんな、誰かにとって、
その誰かが、もしかしたら、直接には出会わない人であるかもしれないけれど、
自分でも気が付かないうちに、誰かにとっての天使でありえるのだ」

という考え方。

詳しくは、ジーニーさんの著書→幸運を引き寄せる12人の天使

とても新しくて、ロマンチックで優しい考え方です。

ぜひ、読んでみてください♪




*
[PR]
by otomeya | 2010-07-12 09:28 | 天使のお仕事