<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

好きな人。

次のイベントの為に在庫整理。

在庫場所を確保するために、すこしお片づけ。

いつだったかも覚えていないような走り書きを見つけた。


図書館で借りた本だったのかしら・・・・
それとも気に入った一文かしら・・・・。

私の部屋には、何枚かの走り書きの紙が、無数にあちこちにおいてある。

趣味というか、癖というか・・・

自分の文章もあれば、
本の中の気に入った文章であったり、
知人にいただいたお手紙の一文であったり・・・・。

大事にしたい言葉を、切り取って、走り書きしたものだ。

*


e0037611_1127283.jpg





それは、「無欲」ということである。

まだ穢れに出会う前の「無垢」とも、
傷つくことを知らない「無邪気」とも違う。
乗り越えていった先にある無透明な意地とでおいおうか。

「無欲」の人は、自分のなすべきこと、
進むべき道を真っ直ぐに見据えて
それに向かって淡々と歩く。

その生き方はなにより強い。

欲に振りまわされず、
キョトキョトとあたりを窺わず
人の評価に一喜一憂することもない


*

たぶん、光野桃さんの文章ではないかなぁ・・・・と思うのだけど、
自分の為の走り書きであったので、出典を書いていなくて、
ごめんなさいなのだけれど・・・・。



どういうものが好きかといわれると困ってしまう。

とてもへんちくりんなものも、
とてもすばらしいものも、
素朴なものも、
ロマンチックなものも、
ちょっと怖いようなものも、
それぞれに、いいと思う瞬間がある。

だけど、こんなの好きでしょう?と勧められるものを、
残念ながらいいと思えたことはない。

どこが違うのだろう・・・?と自分でもハテナ?だったりする。


*

以前、本を買っていたベア作家さんの作品をはじめてみた。

その本がでたあと、マネッコみたいな作品が増えて、
私は、こないだまでマネッコのひとの作品しか見たことがなかった。

でも、実物を初めて見て、理屈や言葉ではない、
心の奥に響くものを感じて、
うわ~~っと感激した。
この感じなんだよねぇ・・・・と。

そして、自宅に戻り、本を見返して、
昔の作品よりも、今のほうが、私は断然にすきなのだ。

マネッコみたいな似たテイストの作品たちに見飽きて、
ああ、もう、なんか、もういいや、と思っていたのだけど、
きっと、作家さんは、それでも、無透明な意地でもって、
ご自身の世界を守り通したのだろうか。


*

私の大好きな大好きな作家さんたちに共通すること。

それは、きっと、先にあげたように定義される「無欲」な人といえると思う。


そういうのが、どこまでも、好きで愛しくて大好きなのですよねぇ。。。。。!
[PR]
by otomeya | 2010-10-13 11:33 | 日々の戯れ

花工房さんのブーケ

e0037611_14574340.jpg


お気に入りのブーケ***


***


*


*
[PR]
by otomeya | 2010-10-02 14:58 | 商品入荷関連