<   2011年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夢ばかり見ている・・・・

近々、大好きなフリーペーパー「毬」の新しい号がでます。

今回も私も書かせていただけました♪

今回で、私が書かせていただくのは4回目。

「毬」には、毎回、テーマがあって、

私が最初に書いたのが「不安」、その次は「他人」 
ひとつお休みした回があって(そのときは「疲れ」でした)

今回のテーマは、「触れる」でした。

いろいろと心境の変化があり・・・・

そして、今年の初めに茨城のり子さんの詩に出会って、

「私、詩人になる!」

なんて、また、意味不明なことを言っていたこともあって、

今回は、文章ではなく、短い言葉に、いろんな想いを凝縮していれてみたいな、と思って、

初めて短い文章に想いをまとめるということに挑戦しました。

「つまり、省略の中には、プライドが含まれていますから」

といったのは、わがいとしのヨウジ氏です☆

でも、それを真似た・・・というには、おこがましすぎるのですが。


そして、いくつか たくさんの想いを短い文章にまとめる作業をいくつもしました。

文字・・・一文字で、伝わる意味が裏返ったり、
一気に意味が広がったり、限定されたり。

言葉は本当に面白くて、難しくて、誤解されたり、
言葉なんて要らない!と思うこともある反面、
私にとって、やはりとても大切で、こだわらずには、いられなくて、
生きていく上で、実は、一番、頼りにしているかもしれない。



採用したのはひとつなのですが、

こっちを使えばよかったかも~~というくらいに
気に入っているものがあるので、

ちょっとここに載せてみることにしました。




「人の心が持つ矛盾に触れるとき。

やっとほんとうのその人に出会えたと感じる」 













思うように行かないことが、まだまだ続いていて・・・・

本当にどうしようかと、思いやられて疲れ果てて、

今日もどうにも、動き出せなくて・・・・

ご近所のお店で、美味しいおやつをいただきました。


「毬」も、楽しみにしてくださっているそうで♪


私ももちろん、楽しみなのです。


いろいろなお店に設置、ご協力いただいています☆

通販の折に、ときどき、気まぐれに同封したりもしています。


見かけたら、ぜひ、手にとってみてください。


小さな媒体ですが、編集の方、文章を書いている人、
楽しみに待ってくださっている人・・・
たくさんの想いが自然と、重くくるしくなく伝わる不思議なフリーペーパー。

本当に大好きなんです。
[PR]
by otomeya | 2011-06-25 00:06 | 日々の戯れ

お気に入りの画像

e0037611_1122538.jpg


お気に入りの画像が撮れたので♪

ブライスちゃんは、乙女屋の看板娘ちゃんで、
最近、お人形のモデルはこの子ばっかりですね・・・・
非売品ですごめんなさい。

おともにしている「ペタプチ」ちゃんは、「桃源郷」さんの作品。
おうちが決まりました、ありがとうございます。

その横のディスプレイは、「花工房」さんのお花。
こちらも、リクエストをいただいて撮影して、おうちが決まりました。

お人形があって、その周辺の雑貨・・・という感じが、
最初の乙女屋店舗をもったときのテーマだったので、
この感じが、一番目指していたところでしょうか?

でも、そろそろ・・・・この次を目指し始めなければいけないなと思うこのごろです。
[PR]
by otomeya | 2011-06-22 11:25 | 日々の戯れ

(6月のチャリティー) 「アトリエうさぎのあな」 より♪


e0037611_10282634.jpg


2011年5月より開始しました、「毎月チャリティー」企画。

二回目の6月には、関西を中心に活動しているテディベア作家
「アトリエうさぎのあな」さんから、2体 出品していただきました♪


毎月チャリティー
[PR]
by otomeya | 2011-06-21 10:29 | 美しい日本へ

新しい夢のおはなし

次から次へと ふくらむ 新しい夢があって、

それは、次から次・・・ではあるけれども

その前が叶ったから・・・というのではなく、

美しく・・・咲くかしら?と思ったけれど、
結局 まだ なにかが足りなくて
ううん、実は、なにかが多かったから、
咲く前に、蕾のままで枯れてしまったお花みたい。

まだまだ、物語は きっとこれから始まるのだと思う。

新しい夢というけれど、
本当に叶えたい夢はきっと、ただひとつ。

永遠に見続ける夢の物語。
[PR]
by otomeya | 2011-06-20 22:47 | 日々の戯れ

ベアとわたし。

e0037611_23444047.jpg


昨日、長い間、お店にいた古いベアがお嫁にいきました。

あのこは・・・?と、お客様に声をかけられても、
え?!まさか、あの子だけは違うでしょう?!と思って、
え?!ベアなんていました?!なんてびっくりしてしまうほどに、
私にとって可愛い子だったけど、誰も長い間見向きもしなかった子だったから、
誰かの宝物になれた昨日の1日は、私にとっても、あのベアにとっても、とても嬉しい日になりました。
(静かに美しく微笑んでくださった、あの方に心から感謝を!ありがとうございました!)


今日も、あたらしいおうちさがしをしにきていたベア(画像の中で一番大きなコ)を、
もらっていくよとお約束してくださる方がいました。
このかたのおうちには、乙女屋からたくさんのコがお嫁に行っているので、
この子も安心していくことが出来るでしょう☆
いつもありがとうございます*



古いものたちは、なかなかおうちさがしが難しいようです。

私は、古いモノたちがどうしようもなく大好きで、
なぜといわれると、理由をうまく説明できないのだけど、
なかなか売れなくても・・・お店に古いベアたちがいる空間がなんとも好きで、
様々な国から、時間も好みもばらばらに届いたベアや猫たちが、
お店にどんどん増えていく日々は、雨に閉ざされた小さなお店の中が、
一体、時代がいつで、どこの国なのかも曖昧になっていくような感覚に陥ることがあって、
そういう心の曖昧な空想の時間が、本当に愛しくて、
幸せだなぁと感じる今日でした。


みなさまにも、それぞれに、ご自身にとって愛しい時間がありますように*
[PR]
by otomeya | 2011-06-19 00:05 | ベアとわたし。

ベアとわたし・・・・

e0037611_232118.jpg


ベアとわたしシリーズ・・・

だけど、このこたちは、あたらしいおうちを探しに、
一時的に、いるコだけど・・・・・。

自分で選んだコだけが愛しいと思っていたけれど、
自分だったら選べないような個性的なコにたくさん会うことが出来て、
いまは、それが逆に新鮮で、一緒に暮らしてみたい・・・・と思ってみたりします。

とくに向かって左のコは、なんだかどんどん気になってきて、
かなり・・・・大好きです。

世の中には、まだまだたくさんの素敵なものたちが、
あるんだなぁ~と、驚きの日々です。
[PR]
by otomeya | 2011-06-15 23:23 | ベアとわたし。

久々のシンタロウ

e0037611_1631632.jpg




ご無沙汰しています。

久々のシンタロウです。




e0037611_166524.jpg



リスファミリーに続いて、一匹リスもやってきました♪

このコのほうが、年代古いかも?!
[PR]
by otomeya | 2011-06-08 16:07 | ベアとわたし。

まだまだだなぁ・・・・と。

まだまだだなぁ。。。。と思うことの、日々、連続である。


いろんな想いが整理できないままで、
なんとか、一応、どうしてもやらないといけないことをこなしながら、
先にとにかく進めるようにと思っている。


必ず読むようにしているいくつかのメールマガジンがあって、
その中に、あーそうそう、と思う文章がありました。


「乳と卵」で芥川賞を受賞した川上未映子さんの下記の内容です。
 
 「震災前は作家として、一人称でものを書くことが主だった。
  自分の内面をどう表現するか。
  でも震災がおこって、三人称で語ることの重要性を感じた。
  三人称で語ることを誰もが行いはじめているし、求められている。
  これからはこの壁を破らないかぎり、一人称としての作品に進化はない」


一人称の言葉は、響かない時代になってしまったと、
連塾で、川上さんは、語ったそうです。


なんだか、すごーーーく、ああ、そう、そういう感じだな。
と思いました。

この方の本は数冊読んで、私が敬愛しているチェロ奏者の人や歌手の人と、
かかわりがあったりするので、実際に歌も聴いたことがありますが、
私とは、考え方のベクトルが違うところがあるみたいで、
良い悪いとか、別にどちらとも思わず、読んだな、見たな、くらいしか印象がなかったのですが、
この文章は、あーさすが、文章を仕事にしている人だなぁ
その通りだと私もおもいます~~と、答えを言葉にしていただいた気がしました。


いままで、なにも思わなかったものや考え方に、
今、とても興味があります。

いままでいるこの場所から、新鮮なものを見るために、
新しい何かを通してみたい。

そんなことを思います。

でも、そうやって行動すると、自分はまだまだだなぁとおちこむことがたくさん。

よく考えてみると、うまく出来たことなんて別に一度だってないのだから、
失敗から学んでいければいいよね。
と腹をくって、謙虚にまだまだ、修行だと思って、お勉強させてもらえたらいいなと思ったりしました。


川上さんのエピソードを紹介しているメールマガジンの発行元のブログ

→http://cozy.vision-blog.com:80/
[PR]
by otomeya | 2011-06-02 12:02 | 美しい日本へ