<   2011年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

たわごとばかり・・・

数年前・・・

大好きだと感じるものが、もう、抱えきれないくらいたくさんあるのに、

まだまだほしくて、


どんなにたくさん手に入れても足りなかった。



いつまでも、満たされない自分がなんだかいやで、


何度も自己嫌悪に陥ったり、して、生きていた。




手放したいと思い始めて、何年もたって、


そんなことを思う余裕もなくて、ふと振り返ったら、


ほしいと思うものは、もうほとんどなくて、


とびきりすてき!と思う時間や、


損得やお金ではない何かもっと別なものを感じるときに、

それが、ものであれ、誰かと過ごす時間であったり、するのです。




幼い頃、誰にも本当のことが話せなくて、

お友達もほしいとも思わなかった私は、

しばしば空想の雑貨店をいろいろ思い描くのが、心の慰めのひとつだった。



大阪の、街角にある小さな乙女屋の空間を、

これまでずっと、誰かの癒しになるように・・・と店作りをしてきた。



でも、乙女座物語は・・・・


そうではない。


そして、その先の乙女屋は・・・


誰かのためのオトメヤではなくて、


乙女屋が、まだネットSHOPだけだったころの方は知ってくれているでしょう。


あの頃のオトメヤを、お店で表現できたらいいな、なんて、

今日、ヒトリで夕暮れにいて、思い出したりしていました。



今日は、お店をあけていて、本当に幸せでした。


たくさん、人が来てくれなくていいです。


本当に好きでいてくれる人に・・・・


ずっと一緒にいてくれなくていいんです。


離れていても、気持ちはいつも寄り添っているから。


目に見えなくても、形は残らなくても


本当のことを、いつだって、本当は知っている。



*


*
[PR]
by otomeya | 2011-07-30 23:06 | 日々の戯れ

素敵なメール・・・

「かわいいもの、美しくて儚いもの、いとおしいもの・・・・
お人形に限らず、
そういうものを私は愛さずにはいられないのだなと今更ながら感じてます。3/11以降は特に感じます」



もう寝ます・・・と書いたのに、引き続き、メールの整理。

嬉しいメールとか、任務完了するまで保管しているメールとか、
ついついおいておくと、すごい量になってしまうので、時々整理します。


素敵な思いを、たくさんいただける・・・

オトメヤは本当にありがたいお仕事だと思います。


会ったこともない人が、こっそりと・・・

誰にもはなさないような大切な気持ちを教えてくださったり、

いろんな素敵なことが・・・あります。


冒頭の文章は、ここ最近でとても深く心に潤いをいただいた言葉。


I様、いつもありがとうございます。



「豊かさ」というのは、金銭的なことではない・・・・

もっと、奥行きの深いことであって

そして、本当は「独り占め」できるものではないように思います。


たくさん何かを持っているとか、

たくさん何かを知っているとか

そういうことではなくて・・・・


たくさん、誰かに何かを与える人の所に、

帰ってくるもの・・・・それが「豊かさ」なのかもしれない・・・なんて思います。


ちょっと話はそれますが・・・・

「帰ってきた星の王子様」からジャン・ピエールダビッド作 矢川澄子訳


* * *

[たいせつなのは、なにをするかってことじゃない]

王子さまは、ひとりごとのように言いました。

[どんなふうに時間をかけるかだよ。

夕焼けや地図のためにさく時間は、

人がどんなにそれを愛していて、人生の貴重なその瞬間に感謝しているかどうかの証なんだ」


* * *


とても大好きなこの文章をふと思い出しました。


あなたが、これを読んで思い出す、大切なものはなんでしょう?


無理をしなくていい。

ただ、そのことを思えば、自分が元気になれる・・・・

そんな風な愛しい対象の為に、贅沢に時間を使うこと。


それは、きっと、自分自身のなによりの豊かさとなるように思います。


今度こそ・・・



おやすみなさい。
[PR]
by otomeya | 2011-07-29 02:38 | 日々の戯れ

{野うさぎ蚤の市}によせて・・・♪

いろいろメールを整理中・・・。


{野うさぎ蚤の市}企画段階のときに、私が書いた文章。



「人生は、小さな一歩と、
心の奥の大好き!を手がかりに、
情熱と工夫を重ねていけば、きっと、なにか、楽しいことが実現すると信じたいと想います」


いいこと書いているじゃない!!!


なんて、ちょっと思って、ここに保存!!!




しばらく調子に乗って、「文章頑張る!」とか「編集部になる!」とか言い出して、
文章と、まじめにもっと向き合ってみようとおもうと、
なんというか、身の程をしるというか・・・

いやいや、やっぱり、ぜんぜんだめじゃないかという気持ちになる。


そして、やっぱり・・・と思って読み返すのは、いつもの数冊で・・・・。


さぁて、来年の今頃はどうなっているのやら・・・

そんなことを思いながら、今日もそろそろ眠りましょう。
[PR]
by otomeya | 2011-07-29 02:14 | 日々の戯れ

・・・♪



今年の夏は とっても 楽しくなりそうだね!


e0037611_22544661.jpg




かわいいものがきっかけで、出会った。


こんなに、たくさんの人と、繋がれる日がくるなんて、思っても考えてもなかった。



日常で、誰にもわかってもらえない・・・・


でも、とても大事にしたい、感動がそこにはあって、

その瞬間だけ、私は自分を信じることができたから。



たくさんの人がお手伝いしてくださって、この夏は、楽しくなりそうで、嬉しいです。



*


*


がんばるので、みなさま、遊びにいらしてくださいね!




乙女座物語によせて


野うさぎ蚤の市?!
[PR]
by otomeya | 2011-07-24 22:58 | 日々の戯れ

素敵な言葉




「才能とは、情熱を持続させる能力のこと。」


宮崎駿監督のお言葉のようです。


その通りかも・・・・と思ってみたり。



吉本隆明氏も、おっしゃっていたのだが、なんでもいいから、
毎日仕事と思って、10年それにむかえば、
それなりのものには必ずなれるって。



乙女屋をどうしてもはじめたーいと思った頃から、
そういえば、毎日、毎日そのことばかり考えていました。

そういえば、10年目くらいの頃に、(まだWEB立ち上げる前から数えて)
ちょうど物件に出会った。


これから、いままでと違ったテンポで、進んでいこうと思っている。


10年後、乙女屋はどうなっているのかな・・・
[PR]
by otomeya | 2011-07-23 12:00 | 日々の戯れ

ベアとわたし ♪野うさぎ蚤の市 編?♪

野うさぎ蚤の市に、出品イメージの画像を試し撮り♪



e0037611_1326711.jpg




e0037611_13402851.jpg




「あなたは、だあれ?!」




e0037611_13432470.jpg











*



野うさぎ蚤の市・・・?!→野うさぎ蚤の市



*


*
[PR]
by otomeya | 2011-07-14 13:26 | ベアとわたし。

散文詩的に今の心の中・・・・


だから、結局、本当に誰かのことをわかるなんてことはできない。

誰かの痛みを、わかることなんてできないんだ。


そんな言葉が、ほしいんじゃない。


そう、だから、私も、あの人の痛みをわかることなんて、できていなかったんだ。




とても尊敬している人がいて、

その人に、あるとき、お話をしているときに、

「人のことを助けられると思う、なんてこと、そういうの、大きらい」

といわれて、はっと目が覚めた。


その人は、とにかく、自分がヒトリで淡々と、
大きなことを背負って、やっている人だったから。


借金してでも、それで食べていくと、心に決めた人だった。


そして、だから、そのことの愚痴を一切言わない人だった。


その人の屈辱を、私はいくつか知っている。

そして、その人と対話と、その人自身の自分に厳しく淡々と生きている様をみて、
私はほかのどんなに優しい言葉より、どんなに甘い励ましよりも、
自分ももっとやらなければならないんだと、鼓舞される。

自分が本当に好きなことを貫く。

だから、納得できる。

それだけがすべて。そのために、妥協は許されないのだ。

自分のある部分において。

さて、そこで、私の、妥協を許さないでおくべき、その1点はどこなのだろうか?!

*



先日、これまた別の信頼している人に言われた言葉。

「なにかピュアなもの、ほんとうのなにか、を求めている人。

理想(という言葉を使いますが)を求める人は、自分に厳しくなるものだと思います。

自分を汚したり、乱したりしない。

だから心がきれいになります。

一方、弱点と思うのは、理想と現実との違いを埋めるのは難しいこと。

うまく言えませんが、理想のイメージは、現実の人間を助けてくれないことが多いと思うから。」



その通りだと思って、私はこのメッセージを手帳に書き写して、
何度も何度も読んでいる。


夢を大切に♪ という言葉を、私はカンタンには使えない。

どうしてもアタマが硬いからか、

もしくは、育った環境からなのか、「夢」ということばだけをファンシーに捉えられない。


夢を見るためには、その5倍くらい、現実と戦わないと成立できない。

それが、今の実感だし、

はっきりいって、多くの人の優しさにおんぶにだっこでやっている私でさえこれなのですから、

本当にもっと現実にいる人の努力と苦労は、その10倍でも、それでも足りないかもしれない。






だから、私はこんなことしている暇はない。

落ち込んでいる暇もない。

とにかく、先に進もう。



まだまだ、これからが、始まりなのだと信じて・・・・。
[PR]
by otomeya | 2011-07-14 12:15 | 日々の戯れ

やっぱり通販は楽しい♪

昨日は、私のなにかの問題ではないのだけれど、

(ちょっとだけ、そういう部分もあるけれど)

とても悲しいことがあった。


悲しくて悲しくて、眠れなくて、

それで、どうしようかと思って、何を思い立ったのか、これは、通販しかない!と思って、

夜中に撮影をして、綺麗な写真がとれるわけないのに、
どうしても、どうしても、今なんだって思って、
無理やりに更新した。

更新したものは、どこにでもある(?)ビクトリアンカードのセット。

いま、この時代になぜ、あえてカードなのか?!

お手紙書きません、てひとも多いし、
お手紙好きなひとだって、ビクトリアンというより、ナチュラルだったり、
シャビー系のものが流行の今の時代です。


でも、なぜか、先日、これまでの乙女屋を振り返りながら、
卸のお店に、買出しに行ってて、ああそうだ、むかし、通販だけだった頃、
売上げがいくだあるから、これだけ時間が使える・・・・なんてことを考えないで、
ただ、自分が可愛いと思ったものを、売れなくてもいいや、
紹介できるそのことがとても楽しいのだから。

だれかが気に入ってくれたなら、そのことがもう嬉しいのだから。

と思って、利益が、すべて含めたら赤字になるようなことも、
お金じゃない何かが嬉しくて、楽しくて、お仕事の傍らに、
自分にとって、最後の現実に残る希望のようにして、
乙女屋のHPを更新していたころ・・・・

そんなころに、喜んでセレクトして、セットにして、画像を撮って販売していたのが、
そのビクトリアンカードのシリーズたちでした。

そのカードたち・・・

私ももちろん大好きで、仕入れたときは必ず自分の分も買っていて、
でも、大体は使えなくて、カラーコピーしてデコパージュしたり、
お部屋に飾って、うふふ、なんて思って幸せだったのでした。


お店を持ってから、とにかく家賃を払わなければならなかった。

協力してくれる人に、何かを恩返しをしたいと思って力みすぎて、いっぱい失敗をした。

本当にやりたいことのために、効率よく仕事をすることを覚えなければ、
続けられないという現実も、知った。


時には、それはおかしいのじゃないのか?!と思うこともいくつかあったけれど、
それは私がまだ言えるときではない、お店をしてまだ数年で、意見などいえたものじゃないと、
よほどにおかしいと思うところまでは自分を押し殺すこともなんどもあった。

そんなことでけちけちしていたら、
こんなに贅沢なことをお仕事にさせてもらっているのだから、
せめてこころくらいは、贅沢にありたいと思って、私が泥をかぶってそれですむならいい。
分かる人はどこかできっと、見ていてくれるから、と、
たくさんのことを、諦めてきた。


本当はこんなことを書かないで、乙女屋は100%楽しいのですと、いいたいのに、
強さが足りなくて、このように愚痴ってしまって本当にゴメンナサイ。

こんなのは・・・美しくないのですが・・・・


そして、先日、久々に、本当に自分の贅沢の為にオトメヤをやっていられたころ、
その頃と同じように、カードを選んでいて、とてもとても楽しくて。

ああ、どうしてこのときめきを、私は長い間、忘れていたのかな、ととても嬉しかった。
とても、楽しかった。


でも、やっぱり売れないか・・・・そだよね。

なんて思って、先にもでてきた、悲しいことを思い出したりしながら、
カードは腐るものじゃないから、(やっぱり妙に経済的?)、のんびり、
気に入ってくれる人がいつか、きっと現れるよね・・・・と思っていたら、

きゃ~あ!

ありがとうございます。

先日、私がそれはそれは大切にしていたお人形の古いお帽子があったのですが、
それを気に入ってかってくださると名乗り出てくださった方が、
カードも御注文くださったのです・・・・!

カード専門店より品揃えは劣るのに・・・・

でも、私、なんか、ふとしたときに、ちょこっと、なにかのついでみたいに、
でも、可愛いカードに出会えると、なんだか、妙に嬉しいのです。

探していたわけじゃないんだけど・・・とか、

家にも似たようなのがたくさんあるんだけど・・・・とかいいながら、
ついつい買ってしまう。
ついつい、にやにやしちゃう・・・

そんな小さなお買いもの、私はやっぱり大好きで、
捨てましょう、捨てましょう、の世の中だけど、
便利、合理化、スピード、ナチュラルの世の中だけど・・・・

お金を出してでも、好きっていってくださるかたが、いる。

そのことは、本当に本当に元気をもらえました。


かわいいものや、美しいなにかを求めるということは、

モノそれ自体をほしい・・・ということよりも、

きっと、そのモノを必要とする人の心になにか、大切なものがあるように信じたい。



大好きな作家さんが、まだ私がお店を持つ前の、小さな小さなサイトだったとき、

乙女屋のHPを見てくれて、言ってくださった言葉。

「インターネットなのに、こんなにもアナログみたいにあたたかいお店、って思った」 って。


送料を払ってでも、ネットのお買いもので、実物が届くまで不安だってたくさんあるのに、
なのに、乙女屋でお買いものをしてくださる方へ・・・


実際にお店でお会いできないけれども、
だからこそ、普段の職業や、いやなお付き合いなんかも忘れて、
なかなか話せない、大切な気持ちなんかのやりとりもしながら・・・

その人の心の奥にいる、本当のその人の気持ちに、プレゼントを送るように、
乙女屋のお仕事を、続けていきたいと、
満月が近いけれども、まだすべては満ちていない静かな夜に、
悲しい現実も受け止めて・・・・けれども、現実と、闘い続けようと誓いました。


長い長い、いつも、同じような内容を言ってるブログですのに、
読んでくださってありがとうございました。
[PR]
by otomeya | 2011-07-14 00:40 | 日々の戯れ

かわいかったので~♪

e0037611_1103730.jpg



おうちが決まったので、発送しようと思ったときに、
ふと、出来心でお店で販売している
アメリカのビンテージのカゴにまなさんのうさぎさんを入れてみたら、
あまりにぴったりで!!!可愛くてびっくりしてしまったので、
こちらに保存♪

カゴは水色もあります。


はじめてみたとき、可愛くてびっくりしたのに、
あんまり売れなくて・・・しょんぼりです。

かわいいのになぁ。。。。



*

(その後、完売になりました。。。ありがとうございました。)

*


*
[PR]
by otomeya | 2011-07-13 01:15 | 日々の戯れ

早く年をとりたいねという話。

早く おばあちゃんになれたらいいのに。

そんなお話が、久々に出て、

そうなの、私もずっと、そう思っているの!

と、久々に思い出した。



現実から逃れられなくて、

私は、悲しいことに、ある部分でいやになるくらい常識的なところがあるので、

おとめやをはじめるとき、

「わーい!夢が叶ったよ、嬉しいな!」

なんて思いはほとんどなくて、

「さあ、これから、私は、現実から逃れるすべを、現実にして、

最愛のものを守る決断を選んだのから、

そんなにカンタンに今までみたいに、のらくらできないぞ」

と思ったのが、

心の奥の本当の思いだった。


だから、それを思えば、

分かってくれる人に、思っていたより早く出会えたし、

愛する作家さんたちにも、たくさん協力していただけている。


なのに・・・・

なぜだろう・・・・

どうしてなのか。



このままではいけない、 と、いろんな意味でとにかく思う。



でも、前はなにごとも、重く、重く・・・・考えて、突き詰めてと思っていたのだけれど、

いろいろな変化の中で、

でも、サイゴの一瞬は、ふっとそんなものをふきって、直感で選べてしまうものだと。

その一瞬のゆるぎない決意。

それをするために、日々を、重ねているように感じる。


だけど、最近は圧倒的に現実のほうに押しつぶされて、

やっぱり・・・どこへもいけなくなっているのだ。こころが。



先日、オーダーの折に、嬉しいメッセージをいただいた。


あまり自分のことを言葉にするのは、
乙女屋のブログとしては、迷惑なんじゃないの?!と思ってみたりしていたのですが、
素敵なメッセージをいただくと、嬉しいなぁと思います。

ときおり、初めての方が、
昔から大切にしていた思い出のお話を聞かせてくれたりする。
こないだ教えてもらったのは、私も大好きな本にリンクしていくことで、
オトメヤをやっていなければ、出会えない思いと、
そう、そういうことなにかを、私は大切にしたかったのではないかな、なんて思ったりする。


ここ数年でいただいたたくさんのことから、
新しいことをはじめてみたいと思ったりするけれど、
一方で、もういいよ、と思ったりもする。

早くおばあちゃんになれたらいいね、と人がいうとき、
それはどんな思いからだろうか。



まだまだ・・・・まだまだある・・・・




そのことから、私は逃げたのだ。



きっとね。
[PR]
by otomeya | 2011-07-12 10:46 | 日々の戯れ