<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

そうだ・・・たったひとつなんだ。

昔の自分の書いたブログから、

少し思い出したいことがあって、記事を探していて、

自分も忘れていたような記事がいくつもある。

そのひとつ→http://otomeyanet.blog80.fc2.com/blog-entry-96.html


そうか。たったひとつなんだ、めざしたいものだ。


そう、目指したいものがひとつだからといって、

その方法は無限にある。
[PR]
by otomeya | 2011-09-22 14:16 | 日々の戯れ

夢をみる・・・

e0037611_10594422.jpg




e0037611_110434.jpg




e0037611_110181.jpg




ずいぶん、肌寒く感じるようになったある朝


温かいモーニングティーにミルクを注いで、


忘れていた夢を思い出そうと、お気に入りたちを見つめる。





いちばん 最初に描いた夢は、


いつしか現実に負けてしまい、とっくの昔に役に立たないものになっていた。


でも、待って・・・?


役に立つ必要なんて、どこにあるの?



世の中の、コレが素敵ですよなんていう、価値観の押し売りにうんざりして、

私もその立場にいなければならないのは、分かっているのだけれど、

一方で、そんな同じことをしていたって、本当のことを見失うだけなのでは、なんて、

思ったりしてしまう。





たくさんの時間が流れ、

様々なことが変わった。


なにより、私自身が大きく変わった。


これから、さらに変わっていきたいと思っている。



けれども、実現したい夢は、変わらなかった。

むしろ、以前よりも、強烈に、頑なに、ひとつの世界を描いている。



小林秀雄さんの考えを思い出す。


「自分自身のことなんて信じられないけれど、

何かに感動して、心揺さぶられる瞬間は、信じられる」という趣旨のことをどこかでいっていたはず。


私も・・・・


自分自身のことは信じられないけれど、

「乙女屋」のことだけ、信じられるかもしれない。


それはなぜかというと・・・・


あらゆる環境において、なににも捕らわれないで、


私の心が素直に感じる何かを信じているものを、集めたお店が「乙女屋」であるから。


なにかに、心揺さぶられるほどに感動するってことは、

理屈ではなくて、いちばん、本当のことだと信じているから。




*

きっと、多くの人にはまったく理解ができない、幼稚な私の、そんな気持ち。



*
[PR]
by otomeya | 2011-09-22 11:14 | 日々の戯れ

思い出すこと



わたしは、どうして忘れていたんだろう・・・・





見つけたことは、


いちばん、最初の頃から憧れていた、


いろんなことがあっても、諦めきれないでいた、


たったひとつの世界だった。



理想は現実を助けてはくれません。


その言葉を、何度も心の中で繰り返しながら、


でも、わたしはやっぱり・・・・そうとはわかっていても、理想を求めてしか、生きていけないみたい。



いままで続けてきたことも大切にしながら、


新しいことも・・・・・はじめていこう。



別れる人もいるだろうけれど、


新しく出会う人もいるだろう。



新しい季節に向けて・・・しっかりと見据えて、自分の意志で、選んでいきていく。





*

*
[PR]
by otomeya | 2011-09-22 00:16 | 日々の戯れ

たからもののおはなし


e0037611_0131013.jpg



たからものを手に入れた。


お星様みたいにみえるのは、ちいさな 「ヒトデ」



むか~し、むかしに読んだお話。


「誰にも願いをかけられなかった流れ星は、

海におちて、ヒトデになるんだって」


とってもロマンチックで素敵な発想!



でも、ずいぶん、長い間、忘れていたお話。


誰かの願いを叶えられるように・・・・


このヒトデを使って、小さななにかを作りたいナーと久々に思った、秋の始まりのとある日。



*

*
[PR]
by otomeya | 2011-09-06 00:16 | 日々の戯れ