<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

哲学的に・・・

e0037611_22442766.jpg



哲学的に・・・・



*


*
[PR]
by otomeya | 2013-02-27 22:44 | 日々の戯れ

ヨウジのタブー

では、なぜタブーを破ろうとするのか。

「とりあえず(パリに)反抗しに行ったわけじゃない。

『ヨーロッパの美学、俺はキレイだと思いません。

日本的なちょっと汚れたものとか、ズレたもの、古ぼけたものを美しいと思います』って。

で、最初はボロクソに言われたけど、
15年くらい続けていると、受け入れられ始めちゃう。

反抗しに行ってるのに賞賛されるとは、何しに行ってるんだ、と。

もう“アヴァンギャルド”っていうのがひとつのジャンルになっちゃって、
受け入れられるようになったから、開き直って何でもやってやろうと思って、

タブーをひとつひとつ打破しているんだ」。
[PR]
by otomeya | 2013-02-23 12:28

ヨウジさんの最後の彼女

People
TOP People

男の趣味、一緒に死んでくれる“最後の彼女”


e0037611_12245212.jpg


山本耀司 デザイナー 慶應義塾大学法学部、文化服装学院卒業。1972年、ワイズを設立。81年に発表したパリコレクションで、当時タブーとされていた“黒“を前面に押し出したショウを発表し、“黒の衝撃”と称されて一大旋風を巻き起こす。2011春、自叙伝『My Dear Bomb』発表。フランス共和国「芸術文化勲章コマンドゥール」を受勲。
「趣味とか道楽、何かないと男はダメだね」。という耀司さんの言葉を、幸宏さんも耀司さんも地でいっている。



一方の耀司さんは、15年程空手をやっていて、黒帯所持者だ。「今はもうやっていないんだけど、以前はひとりでストレッチ30分、移動基本20分、で、また最後にストレッチというのをやってた。最近は仕事で疲れすぎてて、朝起きてこれをやろうなんて思わない(笑)」。道着を着ると、気持ちが整って「よし、今日は死んでもいい」と思うのだそうだ。空手の組み手においては、寸止めにしても双方が前に突いてくるので、本当に拳が入ってしまうことも少なくない。いつ何時打ち所が悪くて死ぬかも分からない空手に臨むとき、耀司さんは、道着を着て覚悟を決める。



現在、空手から離れた耀司さんがぞっこんなのが、ふたりのポートレイトで耀司さんが抱いている秋田犬だ。白とグレイが混じった、珍しい毛色のこの子を、耀司さんは「俺と一緒に死んでくれる“最後の彼女”」と呼ぶ。

「耀司さん、昔から犬好きですよね。僕も2013年以降、飼いますから。一緒に遊ばせよう」。同じく犬好きの幸宏さんは、ちょっと羨ましそうに見ながらこう言った。「中型犬だから寿命は15〜16年ですか?」「そうだね。15年生きてくれればいいな、と思って」「ちょうどいいところですかね。僕は耀司さんほど長生きしないだろうから、13年あたりに飼い始めてちょうどいいかなぁ、と。『看取ってあげよう』みたいな感じです」「この子が散歩に出られるようになったら、空手をやっていたころの朝のトレーニングに代わって、毎朝の散歩が日課になり、日々の運動になっていくんだよ」と耀司さんは目を細めてうれしそうに話してくれた
[PR]
by otomeya | 2013-02-23 12:26

ある人へ・・・。

e0037611_1330487.jpg

[PR]
by otomeya | 2013-02-20 13:30 | 永遠少女

パリのおともだち。

e0037611_11544314.jpg


パリの中庭に ひっそりある薄暗いお店。

アンティークドールのお店なのに、
妙にぬいぐるみがそろっている。

しかも、みんな私好み!!!!


日本語がわかるフランス人のムッシューと
いろいろおはなし。

「寂しくなったらいつでも遊びにおいで!」

と、ムッシューは、

「このこ、病気だから、連れて帰ってあげてよ!」


と、私にわんこを抱かせてくれた。



・・・・それが、私のパリの思い出。
[PR]
by otomeya | 2013-02-17 11:57 | ベアとわたし。

雨の夜・・・

おにんぎょうの おにわの おはなしを はじめようとおもった。


そしたら、久々に 雨が降り始めて


お庭にでることができない。


私は、地下と中2階のあるお屋敷の窓から、

お庭 に 降る 雨を 眺めている。


どこから、話せばいいのだろう。


・・・話す必要は、あるのだろうか。



ふたたび ためらいはじめる。



*

*
[PR]
by otomeya | 2013-02-06 01:00 | おにんぎょうの庭のこと