<   2015年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

40代のファッション

先日のAtelier Gratia主催のトークセミナーに参加して、
強烈な美しさに触れた刺激を、
自分の感触に馴染ませて過ごしています。
では、自分はどうなりたいの?と問いかけながら、
ワタナベ薫さんのブログを訪れました。

問いかけのヒントになりそうなファッションの記事がありました。

「美人になる方法/40代以降のファッション ハイ&ローの法則」


素敵な人に触れて、うわーすごい、って憧れることはいい刺激です。
でも、時には、それが眩しすぎて圧倒されたり、
すぐに実行に踏み出せない自分をダメだって責めてしまったり、
しんどくなったりすることも、ありますね。

自己評価が高いがゆえに、自分を責める人もいれば、
自己価値が低いから、ほかの人すべてが正しくて、自分が劣っているように感じる人もいます。
自己評価が高くて人を責める人もいれば、
自己評価が高くて、誰かが自分の為になにかをやるのは当たり前だと思う人もいるのかな。


自分の色眼鏡で人を判断したり、世界を見たくないと思っています。
できるかぎりそのままの形で、人を、世界を、自分を、
見つめるようにしたいと思います。
意識して、そのように心がけるようになったのは、わりと最近です。

乙女屋を大切に思ってくれる人は、
自分を責める人や、自己価値が低い人が多いように感じます。
私自身も、その傾向があるので、
近い人が自然と集まってくれるのかしらと思います。
そういう人たちと、束の間、可愛い物、美しいものに触れて、
現実を離れた時間で、自分らしさを取り戻してくれたらいいな、という想いがあって、
乙女屋というお店をしているところもあります。

でも、それがただの傷の舐め合いになりたくないと思います。

自分を癒すのは、自分を救うのは、あくまで自分自身です。
お誘いしたイベントに、素敵すぎて、今は行くような気持ちになれない、
行けなくてごめんなさいね、と素直に話してくれた人がいました。
来てもらえたら、もちろんうれしいのだけれど、
私の大切なその人が、自分を傷つけてまでイベントに来ることを選ぶのではなく、
自分の気持ちを大切にしてくれて安心しました。

無理をする関係や、価値観の押しつけをするのではなくて、
自然に自分らしく、お互いのペースを大切にして、
長い目で心地よい関係がこれからも紡げたら嬉しいと思っています。

乙女屋を楽しみに見守ってくれている人が、
ご自身の気持ちに素直に、心地よく過ごせてもらえることが、
いちばんの幸せです。

しばらく離れていても、環境が変わっても、服装が変わっても、
やっぱり本当は好きなのよ、って可愛い物を連れて帰ってくれたりする。
そんな気持が帰ってこれる場所を守っていることを、
私自身ももっと誇りに思えるようになりたいです。


今、私の目の前には、
青い空から明るい光、愛しい音楽。
目の前にいなくても想いを伝えられるこの文明と、
その横には寝息を立てる猫がいて、
この記事を読んでくれて少しでも自分に優しくできる人が増えたら、
と想像する気持ちはとても心地よい。

すごい、と誰かに認めてもらうために無理をして肩を張っているより、
私はこの時間と、愛を届けたいと思う人があちこちにいてくれること、
この心地よさは、とても贅沢なことですね。

これを見てくださっている方も、
どうぞ、ご自身に優しい言葉で話しかけてあげてくださいね。























[PR]
by otomeya | 2015-09-30 13:31 | お洋服のこと

お客様のファッション

お客様のファッションが素敵だったので、保存します。

イベントのテーマに合わせておしゃれしてきてくださる方々がいて、
そんな遊び心こそが、年齢に関係なく、乙女心だと思います。

2015年9月19日から27日開催の「乙女ごつこ」のために
おしゃれしてくださって来たお二人をご紹介します。

e0037611_23095092.jpg

ミントグリーンのワンピースに、川北すピ子作 すずらんコサージュを胸に。

e0037611_23103938.jpg
ワンピースにヴィンテージのベルベットリボンをベルトとして飾り、
スズランピアノ作 スズランブローチをアクセントに。
e0037611_23110553.jpg

さりげなく控えめな使い方が愛らしくって、きゅん(^^♪

なんて素敵なコーディネイト!

e0037611_23122515.jpg
もう一人、別のお嬢さん(^^♪
 ブラウスにアンティークレースの襟を重ねて、
スズランピアノ作 すずらんブローチをちょこんと。

e0037611_23131892.jpg
さりげなく、愛らしく。
かわいいなー!素敵です!!!


川北すピ子 コサージュと、スズランピアノブローチ、
ともに完売しましたが
また素敵な作品が届くと思うので、お楽しみに!


撮影&ブログ紹介許可をくださってお二人、ありがとうございました♪


可愛い女の子は、すれ違うだけでも幸せな気持ちになりますよね。
年齢関係なく!!!!女の子は一生、花!
宝物ですよね。
これからも、自分らしく愛らしく、笑顔の時間があることを願っています。









[PR]
by otomeya | 2015-09-29 23:15 | お洋服のこと

「なにがほしいの?」

「きみの住んでいるとこの人たちったら、
おなじ一つの庭で、バラの花を五千も作っているけど、・・・
じぶんたちがなにがほしいのか、わからずにいるんだ」


ツイッターで流れてきた星の王子さまbotのツイートに立ち止まる。


素敵だなーと憧れる対象は、物、人、仕事、たくさんあります。
楽しそう!と勢いに任せて行動してみたことも、いろいろありました。
でも、欲しかったものが手に入っても違和感があったり、
どんなにたくさん持っていても、人にうらやまれても、腑に落ちないことがある。

やってみたからこそ、わかったことだから、後悔はないのですが、
では、なんだったら納得するの?って、
自分の本当に手に入れたいもの、かどうか、ということ、なのでしょう。

本当の私は、何を求めているの?
何度も何度も問いかける。

だんだんそろそろ、いくつものことをできる体力もなくなってきたし、
新しいことを覚えるのも、だんだん難しくなってくる。

もうここまできたら、変わることは難しいんだから、
活かすことを考えなくちゃ!と潔く笑ってくれたのは、
嬉しかったなーと思って、私が言われたこの言葉を、
あなたにも伝えたいなと思いました。


すぐに答えは出せなくても、だめだなーなんて思わなくていい。
でも、問いかけてみる時間は、大事かなと思います。






[PR]
by otomeya | 2015-09-29 23:06 | 日々の戯れ

宝物の薔薇

e0037611_22083703.jpg
シルバーウィーク明けの平日、雨。
周囲のお店はお休みしている中、
乙女屋Salonの営業でした。
雨に濡れる薔薇は、スーベニール。
19世紀に仏蘭西で生まれた薔薇です。
2年前のアニバーサリーに贈り物でいただいた宝物。
今年の秋の一つ目が咲きました。

e0037611_22084377.jpg
乙女屋店内に、ドライの薔薇と一緒に飾ります。

e0037611_22084938.jpg
白鳥の置物と、イマンのポットも贈り物。
ドライの薔薇は、乙女屋の軒先で咲いている子。
視界に入るたびに、優しい気持ちになれるお気に入りです。
e0037611_22085604.jpg
薔薇だくさんになった姉から預かっている薔薇で、品種は不明。
淡い淡いピンクで可憐な小さな薔薇。
毎日の成長が楽しみで、花と暮らす日々が愛しいです。

月日を重ねるごとに、
宝物が増えて、薔薇が育って、
日々の思い出とご縁が増える。

小さなお店を構えてもうすぐ8年。
この8年間の経験を大切にして、
乙女屋を丁寧に大切に、育てていこうと思うのでした。










[PR]
by otomeya | 2015-09-24 22:55 | 日々の戯れ

憧れの人

先日、告知しました、Atelier Gratiaのイベントでゲストに来ていただくのは、
ランジェリーショップ リュー・ドゥ・リュー オーナー龍多美子さんです。

私が初めて触れたのは、本でした。
美しい大人の女性と、ランジェリーのお話をしたときに、知っている?
と教えてもらった1冊の本。

すべてはガーターベルトから始まった


タイトルからたまりません。
すごいです。衝撃でした。
大阪の販売会へ、本を教えてくれた
憧れの女性に連れて行ってもらいました。
まだ学生だった私にとって、背伸びしたお買い物でしたが
Rue de Ryuでお買い物することは、
憧れの大人への一歩のようでときめきました。

ランジェリーについて、私はまだまだ初心者です。
Rue de Ryuへ、一時期通っていましたが、
乙女屋Salon(店舗)を構えてから、自分に構う余裕がなくなりました。
すべてを乙女屋にささげていたため、自分へのお買い物は
お休みしていたのです。

数年、無我夢中で乙女屋としてできること、
お客様のため、作家さんのため、すべてやりつくしました。
正しかったかどうか、わからないけれど、
自分として、できることのすべてでした。

いつしか、このままでは続けらないと思うようになりました。
イベントの組み方、人とのかかわり方、
年齢とともに無理がきかなくなる健康状態の悪化・・・。
でも、もちろん、続けたい。
乙女屋は、私にとって、とてもとても大切な存在だから・・・。

だから、続けるために、まず自分の健康状態や、
気持の状態をいたわらなければ、と思うようになりました。
自分を大事にすることを無視して、人と関わり、
責任ある仕事ができないことを、身に染みて思いました。

そのときに、最初に思いついたのは、
自分の為にランジェリーを選ぼう、と思いました。

ランジェリーを思う時、私の脳裏には龍多美子さんのことがよぎります。
ランジェリーは私にとって、ただの衣類としての物ではなく、
自分自身の魂に響き、自分らしい美しさを確認するための存在です。
そういう存在としてランジェリーを見る時、龍さんのことをいつも思い出ました。
Rue de Ryuに通っていないときも、著書を読み、活動をチェックし、
今の龍さんは、なにを思っているのかなと、考えたりしていました。
とはいえ、龍さんはお忙しい方ですから、そんなお話を簡単に伺えたりしません。
どうなのかなぁ?と、遠くから見守って、想像するばかり。
龍さん自身は暖かく愛のある方で、壁を作らない方ですが、
私からはやっぱり高嶺の花で、ただ、憧れている存在でした。
でも、龍さんはどう思っているんだろう?ということは、
いつも気になっていることでした。

その龍さんのお話がきけるこの機会が、もうすぐ迫っていて、
私自身もとてもどきどきしています。

龍さんは、全国で講演をされていますが、
ナビゲートの哲学者 小森香さん とは、初めての共演です。
私にとってのランジェリーの女神対談です。
私の人生を変えてくれた二人による共演。本当にどきどきです。

乙女屋のお客様の中で、女性として自分らしく、
美しく生きるということに、
少しでも興味がおありなかたは、
ぜひ、この機会に立ち会っていただきたいです。

お申し込みはAtelier Gratiaが承っていますが、
乙女屋メールでも対応可能ですので、ご都合が良いほうにどうぞ♪




[PR]
by otomeya | 2015-09-24 11:31 | 日々の戯れ

Atelier Gratia

素晴らしい企画が実現することになりました。

夢のようです。
でも、本当です。

→→ Atelier Gratia トークセミナー詳細

ランジェリーショップ Rue de Ryu (リュー・ドゥ・リュー)
オーナー 龍 多美子さんの大阪でトークセミナー開催です。

* * * * * * * * * * * *

ご存知ですか? Rue de Ryu。
すごいお店です。 私が語るより、すごい情報がたくさんでてきます。
Rue de Ryu については、HPをご覧いただき、→http://www.ruederyu.com/ 
Googleなどでも、調べてみてください。
いかに歴史があって、信念があって、愛のあるお店なのか、
たくさんの情報が語っています。

そのオーナーである 龍 多美子さんの大阪トークセミナーに、
企画に関わらせていただきます。

一人でも多くの方に、
この貴重な機会を知っていただきたいので、紹介します。

*********

WEBSHOPからスタートして15年になる乙女屋は、
扱っている物だけを見ると、大きく変化しました。
その理由は、ただ物を売ることを目的にしていないからです。

「自分の感性で美しく生きるために、
好き!と感じる感性を満たすことを大切にするため」
という感じが、いちばん近いかしら。
何度も書き直したけど、まだしっくりきません、すみません。
でも、そういう感覚的なものが、本来の理念です。

それを実践するための手段が、
美しくてロマンチックで少女の心にときめきを与える”もの”でした。
私自身が、そういうものに触れているとき、あーこれがやっぱり好きだわ!
私には必要だわ!!!!って、理屈抜きに戻ってこれる瞬間だからです。

私の人生において、人脈やコネクションを作ることは苦手でした。
理屈じゃなく惹かれる”物”に出会い、
その先にいた作者、店員さん、イメージの源になる本に出会い、
ますます納得したり、自分の中の可能性が目覚めたりという具合で、
必要な人に出会いました。その出会いには、間違いがありませんでした。

物それ自体の魅力はもちろんですが、
その物が、どのように生まれて、どのように愛されているのか。
私が選ぶものには、物自体の技術や価値(評価)よりも、
自分が直感で感じる感覚のほうが重要度が大切です。
それは必ずしもほかの人と分かり合えるものではありませんでした。

それでも、私には、「自分が感じること」が
どうしても、「本当のこと」でした。

そういう基準で、「本当のこと」を集めていたので、
物だけを見ると、カテゴリーに収まらないし、大きく変わってます。

店舗を構えてもうすぐ8年を迎え、数々の学びがありました。
私自身の想いは同じでも、あれもこれもを乙女屋で伝えようとすると
わかりにくくなってしまうような懸念を感じ始めました。

もっと純度をあげてクオリティーをあげていくために、
乙女屋をわかりやすくしたいな、と思います。

そのために、乙女屋ともう一つ、活動を始めました。
それが、Atelier Gratia (アトリエ グラティア)です。

Atelier Gratiaが、どんな形で展開していくかは、私もわかりません。
でも、3月といい、今回といい、不思議と話がまとまるのです。
だから、次があるのかどうかもわからないので、
この貴重な機会をぜひ、見逃さないでくださいね。














[PR]
by otomeya | 2015-09-08 23:05 | 日々の戯れ

乙女屋の甘い部屋・・・SweetRoom

e0037611_23252466.jpg
乙女屋Salonのお隣のお店が撤退した8月。
その月日があんまりにも楽しかったので、
またひとりぼっちのお店に戻るのが、とても悲しかった・・・。
あんなにかわいいあの空間が
また扉が閉じられたまま、眠りについてしまうのも、
寂しくて、悲しくて、なんとかしたい・・・と思って、
いろんな人に相談しました。

そして、考えれば考えるほど、
なんだかワクワクしてきて、どんどんイメージがわいてきました。
応援してくれる人もたくさんいるし、
OPENしたら喜んでくれるだろう人たちの、
大好きな笑顔もたくさん浮かびました。

e0037611_23253510.jpg
e0037611_23260785.jpg
というわけで、いつまでどんなふうに続くのか、
まだまだわからないのですが、とにかくプレオープンを無事に終え、
久々に毎日、お店を開けて、楽しく過ごしています。

e0037611_23255302.jpg
e0037611_23262429.jpg

乙女屋Salonのすぐお隣。
ピンクの壁に水色の扉。
マカロンカラーのオリジナルリボンを中心に、
女の子の大好きを集めました。

試着室もあって、大きな鏡のあるお隣は
今まで狭い中で合わせていただいていたコサージュも、
全体鏡で合わせてゆっくり選んでいただけます。

ただただ、ただ、可愛い。

どこまでも甘くかわいい空間で、
可愛い可愛いに浸っていると、忘れていた可愛い魂が目覚める。
何年振りかにおりぼんたくさんの髪飾りをして、ピンクのブラウス!

あーなぜ、こういう楽しさを私は忘れていたのかな!
と、元気をもらう時間です。

さてさて、いろいろ仕事が広がってまいりました乙女屋ですが、
この先どうなっていくのでしょうか。

先のこと、まだわからないけれど、
ただただ、今は楽しくて、とても幸せです。

お客様は、今のところ知っている方しかいらっしゃっていませんが、
たくさんの女の子たちに、
可愛い!で笑顔になってもらえるお店になれたらいいなぁと
思います。

昨日より今日、今日より明日、
SweetRoomは、可愛くなります。

ぜひ、遊びにいらしてくださいね。








[PR]
by otomeya | 2015-09-07 23:40

秋の訪れ

9月になりました。
今年は秋が早いですね。

今年の夏はいかがお過ごしでしたか?

私は思い切って「夏休み!」を宣言し、
会いたい人に会い、行きたい場所を訪れ、
学びたい経験の機会もみっちり感じて、
充実した日々を過ごしました。
不思議と連絡することなく、会いたい人には偶然会えました。
神様って、やっぱりいるんじゃないかしら、と思います。


昨年、お隣にOPENしたお友達のお店が、
残念ながら撤退してしまうという寂しいこともありました。
ですが、大好きなお友達だからこそ、
お店の成功よりも、彼女の幸せを祈りたい、と思います。
彼女の決断が、今後の彼女の活動にとって良き方向に導くものとなるように、
と祈るばかりです。

この夏も、今のこの瞬間も、二度と戻ることのない、
たった一瞬の永遠の積み重ねです。

以前は(→むかし、のこと)、怖くて怖くて仕方がなかったことも、
受け止めて、感じて、少しずつ、自分らしく生きる、という意味を
受け入れられるようになったかなぁ・・・以前よりは、と思うこの頃。


むやみに恐れるのではなく、
むやみに固執するでもなく、
自分本来の道を、できるかぎりまっすぐに見つめて、
心の向くままに、様々な経験を楽しみたいと、思います。

この秋から、また一つ、新しい経験のチャンスをGETしたので、
わくわくして、明日から、準備です。

皆様の日々も、美しく愛に満ちたものでありますように・・・・。











[PR]
by otomeya | 2015-09-01 23:10 | 日々の戯れ