<   2016年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

忘れていたこと

e0037611_15553790.jpg
現在、乙女屋では、不思議可愛い動物作品に会える!
FANTANIMA! in KANSAI 開催中。

画像は、虚構メルヘン 作 アーティストテディベアたち。

e0037611_15554554.jpg
e0037611_15555007.jpg

いつも一緒にいたベアのおめめが遊びすぎてとれちゃって、
それでも大事にしたい小さな子供が、
なんとか工夫して直したベア、のイメージで制作されたとか。


いい子なのに、なかなかご縁がなくて~

と、作者・談。

新作が続々とお嫁(&お婿)に行く中、
まだこの子は乙女屋にいました。

可愛いのにねーなんてお話ししていたら、
届いたメールは、乙女屋初期からの遠方のお客様。

ツイッターに数々あげられる画像の中から、
小さなこの子を、見つけてお問い合わせをくれました。

そのとき思い出したこと。


「そう、それが乙女屋なんだー」


ってこと。

思い出したことはね、
実店舗を持つ前のWEBSHOPのみのころのこと。

当時扱っていたのは、既製品の雑貨たちでした。
仕入先で、これこれ!と思うものを担当の人にお願いすると、

「それってあんまり売れないんですが大丈夫ですか?」

「同じシリーズのこちらが売れますよ」

と言われることがよくありました。

アドバイスを取り入れて両方仕入れてみると、
売れるのは、他店で売れないと言われた最初に気に入ったほうのアイテム。
逆に、他店で人気!のアイテムは、ぼちぼち~な反応でした。


多くの人が求めるものではなくても、
それを探している人が、どこかに必ず、いる。

そして、そういうものを見つけてくれた人からの


「こういうものを探していたんです!

でも、ずっとずっと探していたけれど、今まで全然、出会えなかったんです!」

のメッセージ。


その一言が、どんなに嬉しくて、励みになってきたことか。





あの頃の気持ちが、鮮明によみがえりました。



そうだよね、がんばろう。



明日からも、FANTANIMA in KANSAI

続きます。



関連記事→http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-107.html












[PR]
by otomeya | 2016-05-25 16:09 | ベアとわたし。

天使のメッセージ

「何も信じられるものがなくなったと感じるとき、
人はようやく自分を信じることができる… 
そんなイメージが浮かぶ一週間です。 」


毎週月曜日に更新される星占い&幸せのヒント
「ジーニーの助けてエンジェル!」 
(→http://helpmeangel.blog70.fc2.com/
からの一文です。



ここ数日の私、まさにこのような感じだったので、
この文章を目にしたとき、はっと目が覚めるような思いでした。



言葉、によって伝えられる想い、
目覚めさせられる自分の中の意識、
動き出す何か、湧き出すもの、
そういうなにか、を呼び起こしてくれるような言葉が、
私にとって、とても大切で愛しい。
そして、それらに、何度も救われてきました。


ジーニーさん、ありがとう。


私以外の、そのような人にも、
ジーニーの言葉で救われる人がいるような気がして、
特別に好きなページを、時々紹介せずにはいられません。


すべての人に、愛と光が降り注ぐ日々でありますように。










[PR]
by otomeya | 2016-05-24 12:00 | 天使のお仕事

薔薇の季節

e0037611_0353918.jpg



薔薇の季節になりました。
昨年もいただいたマリアの育てた薔薇。

ミサト と、すみれの丘。

飾ったあとの香りの甘さがたまらなく好みです。

e0037611_0352618.jpg


現在のsalonの展示で
お預かりしているシルクのショールと枯れゆく薔薇を並べると、
花のような笑顔の老女の色気のイメージが浮かびます。


ショールに刺繍をさした異国の地の女性も、
花が好きだったのかな。



現在の展示 →http://otomeyablog.blog.fc2.com/blog-entry-1086.html
[PR]
by otomeya | 2016-05-16 00:42 | 花の記憶

美への希求

e0037611_01465923.jpg
(山本じん 作品 部分)

乙女屋salonのブログを更新しました。
http://otomeyablog.blog.fc2.com/blog-entry-1085.html

約1か月ぶりです。

美術家 山本じんさんの展覧会が終了したので、
ご挨拶の記事として、最近読んだ本から共感した文章を引用しました。


その本は、お世話になっている方から教えていただいたものですが、
読んでいて、私にとっての大切なことをたくさん思い出すことができました。



乙女屋は、なにをどうしたいの?

今日も聞かれて、うまく答えられませんでした。



いろいろ伝えたいことがあったり、
考えることがあったり、
悩むこともあるし、ふりきれたところもあるし、
いろいろあるけれど、少しずつでも、進んでいこうと思っているので、
見てくださっている方も、頑張ってください。
大丈夫、神様はいます。
だから、美しいものが、わかるんです。

素敵な本ですよ、良ければ読んでみてください。


最近読んで、感銘を受けた本
羊と鋼の森


せっかくなので、もう一か所好きなところを引用します。

「明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体」

調律師の主人公が、憧れている先輩から教えてもらった原民喜の文章。

文体→空間 に入れ替えて、読む。

「明るく静かに澄んで懐かしい空間、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている空間、夢のように美しいが現実のようにたしかな空間」

そのような空間が、理想だな、と思いました。


そんなお店になりたいです、乙女屋。


まだまだ精進が必要ですね。

でも、思い出せた。


教えてくれた方の深い愛に、本当に感謝しています。



関連記事 
「至極の美の個展から」












[PR]
by otomeya | 2016-05-11 02:00 | 日々の戯れ

業務連絡 ご連絡ください!

今日は、業務連絡です。

福田匠 作品集を購入ご希望でメールくださった方、
メーラーの調子が悪く、開くことができないまま、
誤作動で削除してしまいました。

お手数ですが、再度、ご連絡いただけませんか?

今回こそ、私が間違えないようにこちらからお願いします。
https://otomeya.ocnk.net/contact

本当に申し訳ありません。
この記事を見ていただけますように・・・・。



福田匠は、現代美術家。
作品一つ一つの完成度が、異常なまでに高い方です。
彼の目指す深遠な美への眼差し、制作スタンスは、
決して浮ついたところがありません。
彼が紡いだ最初の作品集をお預かりしています。

現在の乙女屋に並べることに違和感があり、
お預かりしているものの、店頭には並べていません。

このブログでご紹介することも違和感はあるのですが、
現在の私にできる紹介のあり方は、これしかないのです。
ごめんなさい。

少し回りくどいですが、お取扱いしております。
作品紹介記事→http://otomeyanet.exblog.jp/20588861/


お問い合わせくださった他の方も、興味を持ってくださいましたら、
お気軽にお尋ねくださいね。


福田匠作品に少しでも近づけるように、
美意識を高めていきたいです。


そう思って、雨の湿度と静けさを心地よく感じながら、
展示入れ替え業務をもくもくと頑張った一日でした。







[PR]
by otomeya | 2016-05-10 01:54 | 日々の戯れ

お店番日記

e0037611_00332860.jpg
(かわい金魚作 すずらんコサージュ SOLDOUT
アンティーク アイボリーのすずらんの十字架)

今日から新カテゴリー!
お店番をしていて、感じたこと、思うことなどを、
”乙女屋店主”として、綴ろうと思います。

当初は、そのはずのブログだったのに、
最近はそういう記事をしばらく書いていなかったので。

今日、感じた事。
4月27日~開催していたすずらんをテーマにしたイベントが
残り二日となった今日。


「どうしても、来たかったので!」

と、お仕事を早めに切り上げて、
その子は訪れてくれました。

いつもよりシックでシンプルなお洋服。
すっきりした佇まいと、本人自身の魅力も、
新鮮なだけでなく、より一層、
美しく愛らしく感じられました。

素敵ね!って話しかけたかったけれど、
喉まで出てきた言葉を、私は飲み込みました。


久しぶりに会うお客様。

嬉しくて、どうしていたの、元気だったの、
今日も可愛いね、あのこと、どうなったの?
と、聞きたいことが、たくさん浮かびました。

いつもは、お友達とたくさんでいらっしゃるのに、
珍しく、おひとり。
おひとりでもいらしてくださるって、初めてかも?
すごーくうれしくて、たくさん話しかけたくなりました。

でもね、最近、わかったの。
そんなことは、大事じゃない、ということが。


みんな、貴重な時間を使って、
無くても困らないものばかりを扱う
小さな乙女屋をはるばる訪れてくれる。
そこでの時間は、とてもとても貴重なもの。

普段の現実は、日々、いろいろあります。
どんなに恵まれてて幸せでも、関わる人がいるのは当然で、
外からの影響、自分の内面の変化、そのほか、いろいろ。

いろいろあるからこそ、大事なこと。
それは、「今の瞬間の自分を大事にすること」
そのために、ほんの少しの間、いつもの日常から離れて、
自分が惹かれるものを見つけ、手に触れ、自分が何を感じるか、
ということと丁寧に対話する時間は、とても大切です。


「どうしていたの?元気なの?」

そんなことは、ずっと後のことでいい。

むしろ、どうでもいいのかもしれない。

もし、元気じゃなかったとしても、
元気にしてあげられるのは私ではない。
じゃあ、なに?
それは、その人自身の中に秘めているもの。
誰かが助けてあげられることなんてない。
だけど、一人じゃ疲れる時もあるし、
自家中毒みたいに、息詰まるように感じることだってある。

そんなときこそ、自分が好きと思える愛しいものに出会うと、
自分の中からエネルギーがわいてくるように感じて、
心に心地よい風が流れるように感じること、ありませんか?

私は、あります。
自分が何かに対して、これだ!これが好きなんだ!って感じるとき、
自分の中の奥底から沸き上がってくるエネルギー。
そのエネルギーだけで、今まで生きてきたのが、乙女屋です。

自分自身の中から生まれるエネルギーを大切にすること。
好き!と感じることは、
そのための何よりのビタミン材ではないでしょうか?

こういうものが好きだ、と自分自身できめつけるのではなくて、
あれー前の私だったら、こういうの、選ばなかったのにな、
なんてものに、心が惹かれたりする。
そういう変化も、とても大切です。

今の自分に相応しいもの、気持ち、環境。
誰かのアドバイスなんて、本当はいらない。
みんな、誰よりも自分のことを、本当は知っているんだな、
って、思うし、そうだと信じて、黙って、見守る。

心穏やかに、自由に心の羽を羽ばたかせて、
今の自分が何にときめくのかを、純粋に感じてくれる場所、時間。

それをクリエーションすることが、私の大切な立場だということに、
最近、やっと気が付きました。

たくさんお話をするのではなくて、
黙って、見守る。
その人の何かが目覚めるくらいに魅力的なものを、
乙女屋は集めることができたかな?
その物の魅力を、そのまま、まっすぐにちゃんと伝わるようにすることはできたかな?


乙女屋が本当に目指していたこと。


それは、その人自身が自分に純粋にまっすぐに、
自由に楽しく、美しく暮らしてもらいたいということ。


そのために、たくさんの言葉を費やして、
訪れてくれる人の期待に応えたいと思ってきました。
その人の悩みを聞いてあげたいと思ったし、
私がなにかできることがあるなら、なんて思いもありました。
思い上がりだった、と今は思います。

言葉にならないような感動。
その人自身が感じる自分のその心の動きによって、
新しい世界が広がっていく可能性を信じること。


そのような出会いのものや場所たちに、
私自身が何度も救われてきました。
そのようなものを伝えたい想いや、
そのような場所は、閉店を余儀なくされることもあり、
この世で小さくてもいいから、自分で守れる神聖な場所が欲しかった。

そのような仕事をしたいと思っていたんだった。

そのような仕事、というとき、
軽はずみな悩み相談で、私ごときが、誰かを助けることなんてできない。

私にできること。
それは・・・


静かに、邪魔にならないように。

誇張しない。

決して、大袈裟に言わない。

もちろん、嘘もつかない、無理も言わない。

だけど、そっと、心では信じて祈る。

自分自身のエネルギーを生み出すような、
その人にとっての相応しい物が乙女屋にあるといいな、って。



お店を始めて、次の11月で9年。
お店を始めた当初、思っていたはずのことでしたが、
やっと、理屈ではなくて、身に染みて、実感として、
やるべきことが、わかってきたように感じた、今日でした。


やっとわかったのー?という乙女屋を
今までも暖かく見守ってくださった皆様、
本当にありがとうございます。
すぐに完璧とはいかないところもあると思いますが、
これからも、どうぞよろしくお願いします。



なんだか、まとまりない文章になってしまいましたね。

読んでくださった方、ありがとうございました。

おやすみなさい。












[PR]
by otomeya | 2016-05-09 01:03

素晴らしき日々

いつもの道を歩いて、薔薇の花たちに迎えられる。

いつもの扉を開けて、カーテンを開け、
レースのカーテンにリボンを結ぶ。

看板を表にだして、灯りをつけて、
さあて、と大きくひとつの深呼吸。

今日は、どんな出会いがあるでしょう?



行きますね、のお約束がある日は嬉しい。

約束って、素敵ね。


サプライズの訪問も、嬉しいね。

目に見えない奇跡も、信じられるような気がするね。



いつものこの場所で、私は待っていたかったんだね。

やっと、気が付いた。



可愛い物って、幸せ。

美しい物は、本当の自分に出会うための道しるべ。


昨日はね、素敵な本を教えてもらって、
大切なことを、いくつも思い出せました。

そのこと、今度、お話させてね。


大好きな、大好きなあなたへ。



おやすみなさい。






[PR]
by otomeya | 2016-05-08 01:09 | 日々の戯れ

5月



5月になりました。

いつからか、大好きな5月。

あちこちで、いろんなお花が咲いていますね、
幸せですね。

お店をほぼ毎日開けるようになって、約2か月ほど。

馴染みの方にお会いするのも嬉しく、
初めての方に出会えるのも楽しい。

久しぶりの方や、お客様同士の新しい出会いがあったりして、
お店って思わぬ奇跡の連続で、なんて楽しいのだろう、
と、今は心から思うことができます。



時には、何やってんだろう?

と思うこともありますが、そういうときは、あの本のことを思い出す。


今日も、そうやって過ごしたら、思わぬいいことがたくさんありました。


みんなみんな、笑顔で穏やかな気持ちで
過ごす夜であればいいなぁと思います。


素敵なGWをお過ごしくださいね。




[PR]
by otomeya | 2016-05-05 00:06 | 日々の戯れ