<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

自信を持ちたい!

「あの人、自信あるよね」

という言葉を聞いて、どんな印象を持ちますか?

以前の私は、「自信がある人」=「自分の魅力や権力をひけらかすことを、相手の気持ち以上に優先する。
自分の考えがすべて、他の意見を受け入れない人」と感じていました。
だから、「自信がある人」=「傲慢で、他の人の気持ちをわからない無神経な人」と同意義のように感じていました。

自分は、そのような人になりたくない。
自信を持つ事はよくないこと、というイメージが、ありました。

が、あるとき、「自信を持っている素敵な人」に出会い、認識が変わりました。

その人は、自分のすごさを自慢したりしません。
努力していることも、自分から語りません。
相手がどんな立場の人でも、平等に相手を思いやる。

過去の私の認識では、自信のある人の行為の真逆です。

でも、彼女は、ちゃんと自分に自信を持っていました。
やみくもな自信ではなく、自分の長所を把握して、そこに自信を持っているのです。
そして、その長所は、他人と比較していないことに気がついた時は、少し衝撃でした。

うまく伝えられているか心配になってきたので、例えをあげますね。

たとえば、その日のお洋服を褒めてもらったとします。
自分でも、今日はうまくいったな、と思っている。
でも、他の人からほめてもらったときに、なんと返事しますか?

以前の私は、「いえいえ、そんなことありません!」がお決まりの第一声です。
当時は、それが謙遜の美学だと思っていました。
お世辞かもしれない褒め言葉を、そのまま受け止めるなんてはしたない、と考えていたように思います。
あと、もっとよく考えてみたら、無意識ですが、そんなことをうのみにして本気にしたら笑われる、という気持ちが働いていたような気もします。

もっと似合う人は他にいるのだから、と、自分より優れた人を思い出して、せっかく褒めてもらって嬉しく思った気持ちを、どこかで恥じていました。

私の認識が変わる結果になったその人は、
お洋服を褒めると、「そうやろ!気に入ってるねん!」と笑顔で答えます。
「私、こういうの、似合うねん、好きやしな!」っていいます。

それは、他者比べて、ではありません。
「私に似合う」、そのことに自信を持つ、それでいいのです。

曇りない、迷いない、その笑顔は爽快で、こちらもとても嬉しくなりました。
そんな風に、自信を持っていいんや、って。

で、そのあとに、私のことも褒めてくれました。
「あんたも、それ、似合っているやん!」って。

人の長所を見つけて、その人自身も、そうなの!と認めてもらえたときの嬉しさ。
素直なそのやり取りで、自分のいいところを認めてもらえた嬉しさ。

こういう人間関係って、とても素敵だなと思いました。
そして、こんな大人になりたいなと思いました。


でも、どうにも、そんな風に思えない人、いませんか?
それは、昔の私です。
自己評価が低く、マイナス思考にばかり考える。
気が付くと、すべて自分が悪い気がして、自己嫌悪ばかりに陥ってしまう。

私は、あるタイミングで変わりたい!と思ったので、それまで選ばなかった経験をいろいろ挑戦しました。
いろんな本も読みました。
それでも、まだまだ、気が付いていない自分が、まだあったみたいです。

先日も、大好きな書店で見つけた本で、今の自分にまさに必要な本に出会いました。
そう、その本のことを紹介したくて、この記事を書き始めたのですが、
そろそろ出かける時間です、ごめんなさい。続きは、また今度。

明日は乙女屋店舗9周年です。
多くの皆様のご理解とご協力のおかげです。
ありがとうございました。

自信を持って、お店を持てるようになりたいです。
そのためには、あともうひといき・・・必要かな。

自信にまつわる、少し前に書いた記事。

「自信とは?」

よかったら、読んでくださいね。








[PR]
by otomeya | 2016-10-31 12:14 | 天使のお仕事

秋ですね、読書しましょう!


   金子國義スタイルブック

金子国義さんのことは、ずっと大好き。
といいつつ、まだ購入していなかったので、昨日、大好きな本屋さんからオーダーしました。
届くのが、とても楽しみ。

むちゃちゃあちゃちゅむ というブランドのムック本の付録が金子国義さんの絵柄らしいです!
トートとポーチ!贅沢!

あちゃちゅむ 2016-17 Autumn&Winter (祥伝社ムック)

ずいぶんと前に、お借りしていた本。
そろそろ返そうと思って読みました。
タイトルが、とても惹かれますね!


アリスの服が着たい―ヴィクトリア朝児童文学と子供服の誕生


アリス、ケイトグリーナウェイ、のドレスのこと、
アンティークの時代の図版もたくさん引用しながら、少女服にまつわる時代考察の本。
探究心のある方に、おすすめ。

その他にも、アリスの本!

アリスへの不思議な手紙―ルイス・キャロル珠玉のメルヘン



少女への手紙 (平凡社ライブラリー)


”アリス"がモチーフのイベントは、まだまだ需要があるようですね。
一方で、その反動で、(大好きだけど、だからこそ!?)
”すべてをアリスにしないで、今はちょっと距離を置いているの!”
という風にいわれたりもしますが、
私はというと・・・うーん、どっちでもないかな。

でも、本棚には、ありますよー。

という本たちでした。




[PR]
by otomeya | 2016-10-26 22:47 | 乙女屋推薦本

2014年の秋

e0037611_11485447.jpg
2014年九月の乙女屋。
アンティークのくまさんは、ドイツの蚤の市から来た子。
くまさんを抱いた少女の絵は、大好きな吉田キミコさんの作品。
私にとって「基本」であり、原点ともいえる世界。
大好きだなぁ~。
片耳のないくまさんは、大好きな方がお迎えしてくださいました。
大好きなくまさんでしたので、
くまさんのいるその方のおうちに遊びに行ける日が、ずっと楽しみ。
きっと、今も、幸せに暮らしていることでしょう。

e0037611_11490648.jpg

吉田キミコさんのこの絵は、特別にとてもお気に入りです。
こちらの作品、乙女屋にあります。
2014年、追加納品で届いたので、見ていない方も多い作品です。

秋もやってきたし、
久々にそれに合わせて、展示してみようかしら。
通販対応も可能ですので、
おうちに飾りたい!という方がいらしたら、
お気軽にお問い合わせくださいね。

絵の部分がハガキサイズくらいの大きさです。
お部屋に飾りやすいサイズですよ。
そして、何より、少女の表情が、とてもいいのです!

紹介したい作品が、実は、たくさんたくさんあるのです。

自分にとっての大事なことを確認しながら、
時間の使いかた、心の込め方、
今の私にできることを、棚卸しながら、考えているこの秋です。


でも、変わらずに好きなことも、やっぱりあるな、
と画像を見て思い出したのでした。






[PR]
by otomeya | 2016-10-13 12:03 | 失われし場所

おすすめ映画

先週と、今週は、映画を見ました。
どちらもドキュメンタリーです。


先週見た映画は、ジャニス・ジョプリンの映画。
画家の金田アツ子さんが感動したとツイートされているのを見て、
予告を見て、絶対見たい!と思って行きました。



ジャニスのことは、名前くらいしか知りませんでしたが、
映画に、すっと入っていくことができました。

歌うジャニスは、あんなにも暖かく人を勇気づけるように感じたけれど
映画で見るジャニスの素顔は、不安と孤独ばかりを持っているように感じました。
世間的な成功と、個人の幸せは別なのかな、と感じました。
なぜ、ジャニスは幸せになれないんだろう?と映画を見ながら、考えました。
答えはでていませんが。
ただ、本当に素晴らしい声ですね、天才とはまさにこういうこと、と思いながら、
歌声は、心に染みこみました。
ジャニスの唄を、また聴きたくなるような気がします。


今日、見に行った映画。
「シーモアさんと、大人のための人生入門」



「人生はうつくしく、いとおしい」

惜しまれながらも50歳でピアニストを引退し、
その後、ピアノ教師として、音楽とともに、大切なことを伝えているシーモア・バーンスタインのドキュメンタリー映画です。

「じぶんの心と向き合うこと。
シンプルに生きること。
成功したい気持ちを手放すこと。
積み重ねることで、人生は充実する」 -シーモア・バーンスタイン


映画の中からあふれてくる、シーモアさんの音楽への愛と、
出演者、関係者の皆様のシーモアさんへの愛。
全編に流れるピアノ曲と、薄暗いシーモアさんのおうちの気配が心地よくて、
いつのまにか、その部屋に自分もいて、そこに溢れる愛に浸れるような感覚になります。
けれども、決してなれ合いにならず、シーモアさんは、”ひとり”でした。

パンフレットに記載されていた記事に納得の一言が。
シーモアさんが「自分は何事も信用していないんだ」とおっしゃったという記事。
ペシミティックな感じは全然ないから驚いた、と書かれてます。

そのことは、どこかになにかひっかかっていたものを深く納得させてくれました。

この映画の為に寄せられた著名人からのコメントの数々の中に、
松浦弥太郎さんのコメントもありました。

「最初、この映画を家族に観せたいと思った。
そして、大切な人に観せたいと思った。
僕はいつまでもずっと観ていたいと思った。
終わってもらたくないと思った。
もう一度観ようと思った。
自分を救うのは自分でしかない。
シーモアさんが、そう教えてくれた」

弥太郎さん、さすがです。
そうです、私もそう感じました。

興味を持ってくださった方がいらしたら、
ぜひ、見てみてくださいね。

シーモアさんの映画のチラシは、乙女屋でも明日から配布します。
ぜひ、お持ちくださいね。








[PR]
by otomeya | 2016-10-06 00:30 | 乙女屋推薦本

新鮮優良生花「4ひきのねこ」

大好きなお店紹介。
本日はお花屋さんです。


画家・人形作家の吉田キミコさんから教えてもらった、素敵なお花屋さん、吉祥寺にある新鮮優良生花「4ひきのねこ」。

憧れと尊敬と、・・・・なんだろう、
だめだ、言葉で表せない。
私にとって、なにもかもが特別なお花屋さんです。

なんだろう、あの空気、店主の河田さんの魅力・・・・
世界で一番、好きなお花屋さん。

なにが好き?と問われると、言葉にするのが難しい。

大正通りのあの空気も好きだ。
お花のセレクトや組み方、ラッピングももちろん好き。
硝子越しにたっぷり入る光の輝き、
数えきれないくらいのブーケを受け止めてきただろう、使い込まれたミシン台、
レトロな電話、猫のラベル、お花の香り・・・・

そして、それ以上に、やっぱり、河田さんの魅力でしょうか。

お花のセンス、扱い、お客様への配慮、
すべてなにもかもが、私が今まで出会ってきたお花屋さんとなにもかもが違うのだけれど、
なによりも、お花に触れる手つきが、愛しさに溢れている。
手つきを見ているだけで、この方がいかにお花に敬意と愛を持っているか、
饒舌に伝わってくる。思い出すだけで、泣けてくる。

言葉数多く、語られる店主さんではないのだけど、(私に対しては、かもしれないけれど)
ぽろりと語れる言葉には、ひとつひとつに重みがあって、
訪れるたびに、お花の記憶と香りと、宝物にしたい言葉が増える。

本当に大好きなお花屋さん。


数回しか訪れたことのない「4匹のねこ」さんなのに、
私にはこのお店でいただいた記憶の宝物がたくさん。

記憶の宝物は、どれも選び難いけれど、
アネモネのエピソードは特に好きかしら。

ある日、訪れた「4匹のねこ」さんで、
それはそれは、可愛いアネモネを見つけました。

実は、それまで、私はあまりアネモネに心を惹かれたことがなかった。
だけど、その日、「4匹のねこ」で出会ったアネモネは、
愛しくて愛しくてたまらなくて、
自分の分と、一緒にいた人と、そのあとに会いに行く人の分と、
3つのアネモネブーケを作ってもらいました。

「初めて可愛いと思えるアネモネに出会いました!」とコーフンしている私に、
店主の河田さんは、束ねながら、ぼそっとつぶやいた言葉が、私の宝物。


「最近は、同じ顔をした整ったアネモネが市場で受けているんだよね。
同じ大きさ、同じ色。
それが価値なんだ。
野に咲いている、自由にいろんな顔をしたアネモネにはなかなか出会えない。
僕は、野に咲いているような、こういう自由なアネモネが好きなんだ」

僕っておっしゃったかな?俺だったかな?

曖昧な記憶なのだけど、その日、私がそれまで見てきたアネモネは、商品として画一を目指して作られた美であったことを知る。
そして、「4匹のねこ」さんでは、市場価値ではなく、
河田さんが美しいと思う大きさ、色が自由な、野に咲くアネモネしか並ばないのだ。

嗚呼、たまらない。
そうでなくちゃ!お花屋さん!

その他にも、きっと素敵な秘密はあるのだ。
本当は、もっともっと通いたい。
大阪からでは、なかなか通えないのが、残念でならない。

「4ひきのねこ」の素敵な秘密は、以下の記事でも少しだけ、知ることができます。

「吉祥寺webマガジン:吉祥寺人 : 河田悠三さん(4ひきのねこ オーナー)」

「水と今/吉祥寺にある『4ひきのねこ』という名前の花屋」


official site 新鮮優良生花 4匹のねこ →http://www.yonhikinoneko.com/





[PR]
by otomeya | 2016-10-03 00:34 | お気に入りのお店