和ばらとの日々


e0037611_10504982.jpg



e0037611_10423126.jpg

「WABARAの日」を初めて4か月がたちました。

ご来店くださる方も、和ばらに興味を持ってくださる方が増えて、本当に嬉しいです。

和ばらは、名前もひとつひとつ魅力的。

お持ち帰りくださった方が、これってどれだっけ?と思い出していただけるように、毎月のリストを作りました。


9月→http://otomeyanet.exblog.jp/26322055/
10月→http://otomeyanet.exblog.jp/26322211/
11月→http://otomeyanet.exblog.jp/26291329/
12月→http://otomeyanet.exblog.jp/26320528/


e0037611_11325039.jpg

e0037611_11321039.jpg
e0037611_11311823.jpg
e0037611_01320300.jpg
e0037611_01234468.jpg
お客様が選ぶセレクトは、それぞれどれもその人らしさがでる。
それぞれに美しくて、発見がある。

お花を選んでいるときの、お客様の様子は、みんな美しい。
これでお願いしますと渡されて、私は、長さを整え、バランスを見て、紙に包む。
その作業で、ちょっとしたバランスを変えることがあり、お客様は、わあ!と喜んでくださることが多い。
その笑顔も、とても素敵。

和ばらに出会えて、本当によかった。
素敵なお客様たちが、乙女屋に来てくれて本当に嬉しい。

来年も、「WABARAの日」を、丁寧に育てたい。

毎月第四土曜日なので、次回は1月27日。
土曜日がお仕事のお客様にもお立ち寄りいただけるように、この日は営業時間を20時までにしようかと考えています。
次回は11品種、111本の和ばらをご紹介予定しています。
品切れ次第終了になりますので、確実にお求めになりたい方はお任せブーケのご予約承ります。

詳しくは、また別の記事にします!





[PR]
# by otomeya | 2017-12-25 22:51 | 日々の戯れ

WABARAの日(2017年12月)


e0037611_00280079.jpg



12月の「WABARAの日」、ご来店ありがとうございました。

10品種×10本=100本の和ばらをご紹介しました。

e0037611_00291318.jpg

入って正面の赤い薔薇。

e0037611_00431653.jpg

e0037611_00435299.jpg

≪一心≫(いっしん)という和ばらです。
ダマスク系のとてもいい香りがします。
名前の印象と、覚悟がある人間の潔さに似た美しさを感じる佇まい。
特別に好きな薔薇です。

e0037611_00501174.jpg

その横。≪かぜたちぬ≫。
2017年秋の新作の和ばら。
こちらもいい香り。

e0037611_00505271.jpg

今回はテーブルの上に豪華に並べてみました。

e0037611_00512033.jpg

以前もご紹介しました。≪ひより≫。
蕾から満開、咲き終わりまで、表情豊かな和ばら。
とても人気がある薔薇です。

e0037611_00565910.jpg

e0037611_00571134.jpg

ふんわりやわらかい色と形です。
e0037611_01005471.jpg


一緒の花器に活けたのは、≪わたぼうし≫。
ころんとした形の蕾。
もこもこしたかわいらしさ。
咲いていくのが、楽しみです。
e0037611_00585662.jpg

e0037611_00584627.jpg

e0037611_00580345.jpg

その横には≪しずく≫。
透明感のある純白の和ばら。
雪解け水の混じりっけのない純粋さのイメージ。


e0037611_01121350.jpg

その隣。
オレンジっぽい和ばらは、≪かおりかざり≫です。
「香」を飾ることをコンセプトに掲げた和ばら。

e0037611_01143480.jpg

その斜め横。
≪葵≫という名前のスプレー薔薇。
花弁の色の変化と、華奢な茎がたわむ様子が大好きです。

e0037611_01203063.jpg

≪紫水≫(しすい)
e0037611_01204565.jpg

≪てまり≫


前回、大好評だったこの2種は今回も大人気でした。

e0037611_01230936.jpg

この2輪の組み合わせが、本当に好き。


e0037611_01234468.jpg

お客様のセレクトのブーケ。
≪紫水≫、≪てまり≫、≪ひより≫。
この組み合わせ、とても好みでした。

e0037611_01245710.jpg

e0037611_01251180.jpg

当店に初入荷品種。≪そら≫。
小さくて、ふりふりしたスプレー薔薇。
色もいい。

e0037611_01255998.jpg


以上が12月のWABARAでした。

今回、1本ずつ10種で10本ブーケを選んでくださった方がいました。
e0037611_01320300.jpg

とてもとても素敵でした!


年末の最後の祝日にも関わらず、沢山の方がご来店くださいました。
ありがとうございました。

「WABARAの日」は、毎月第四土曜日に開催します。
来年もよろしくお願いします。


e0037611_01350573.jpg
(絵:【吉田キミコ】作品)


■WABARAの日■
毎月第四土曜は「WABARAの日」。國枝啓司さんの生み出す和ばら(生花)を販売します。
詳細は→http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-506.html








[PR]
# by otomeya | 2017-12-25 00:36 | 花の記憶

WABARAの日(2017年11月)

11月のWABARAの日は、10種×10本=100本の和ばらが乙女屋に並びました。

作家の大西けいさんが会場を撮影してくれたのでご紹介します。

e0037611_23311675.jpg


e0037611_23312480.jpg


e0037611_23313295.jpg


夕方に受け取りに来てくださる方のための、お任せ5本ブーケたち。
完売しないために、開店より前にご予約の方の分を作ります。
3名様分のブーケでこのボリュームです。

e0037611_23363592.jpg

紫の小さな薔薇は「紫水」(しすい)、ピンクの小さな薔薇は「てまり」。
どちらもスプレータイプ(1本にお花が数個つくもの)の薔薇です。

e0037611_23374436.jpg


e0037611_23375889.jpg

こちらはスタンダードタイプ(一本にお花が一つ)の薔薇。
濃いピンクが「一華」、柔らかいベージュが「結」

e0037611_23390230.jpg


e0037611_23391190.jpg


e0037611_23392168.jpg


スタンダードタイプ 「みこと」
絶妙な色、たまらない。


e0037611_23401909.jpg


e0037611_23403079.jpg

黄色が「風月」、ピンクが「環」

e0037611_23415377.jpg

キャビネット中
白い小さい薔薇が「凛」、ボルドーの小さい薔薇が「葵」、
一本の情熱的な赤い薔薇が「友禅」。

e0037611_23431374.jpg



もうすぐ次のWABARAの日!
今月の第四土曜は12月23日(祝)。
なにかとご予定が入っている人が多そうですが、今回も100本をご紹介します。

特別なデコレーションの消費サービスでもてなしてもらうより、
和ばらと静かに、自分の時間を大切にするほうに、魅力的に感じます。
そんな風に思ってくださる方が、私以外にもいることを祈りながら、お待ちしています。



■WABARAの日■
毎月第四土曜は「WABARAの日」。國枝啓司さんの生み出す和ばら(生花)を販売します。
詳細は→http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-506.html









[PR]
# by otomeya | 2017-12-23 10:52 | 花の記憶

WABARAの日(2017年10月)

e0037611_22214648.jpg

10月の「WABARAの日」。 
6品種 60本の和ばらをご紹介しました。

キャビネット上段

e0037611_22261017.jpg
≪美咲≫という和ばら。
画像では蕾の状態ですが、開くともこもこふんわりなります。

キャビネット下段に3種並べました。
e0037611_22225278.jpg
e0037611_22232767.jpg
向かって左 《つきよみ》という和ばら。
とてもいい香りがします。


e0037611_22241850.jpg
奥の濃い色のものが≪葵~風雅~≫、手前のキナリが≪いおり≫という和ばら。
スプレータイプの薔薇。この2本だけでブーケのようになります。

e0037611_22280241.jpg
薔薇柄のピッチャーに2種活けました。

オレンジっぽいものは、≪かおりかざり≫という名前の和ばら。
黄色のものは、≪りくほたる≫という和ばら。

e0037611_22290775.jpg
≪かおりかざり≫と≪りくほたる≫を1本ずつセレクトして2輪ブーケに。
個人的に、このバランスがとてもお気に入り。

豪華なブーケも、いくつも選んでいただきました。

e0037611_22342445.jpg

e0037611_22335817.jpg
e0037611_22360584.jpg
ありがとうございました。




[PR]
# by otomeya | 2017-12-22 11:45 | 花の記憶

WABARAの日(2017年9月)


e0037611_10301165.jpg


9月の「WABARAの日」。
記念すべき最初の開催です。6品種で50本をご紹介しました。

e0037611_10310837.jpg

入って正面は「しらべ」という和ばら。
「ふわふわ踊る柔らかな花弁。麗しく奏でる甘美な香。花が織りなす豊かな調べを感じることから命名」(http://www.rosefarm-keiji.net/ )より。


e0037611_23231604.jpg

キャビネットの中。

e0037611_10392584.jpg

《ひより》という和ばら。
「優しく暖かな日和の中で、感じる幸せを表現したいと命名」(http://www.rosefarm-keiji.net/

e0037611_10395014.jpg

e0037611_10400688.jpg

e0037611_10423126.jpg

蕾から満開、咲き終わりまで表情が豊か。
幾重にも重なる花弁と繊細な質感が素晴らしい。


e0037611_10444764.jpg

e0037611_10442851.jpg

キャビネット下段 「葵~風雅~」
褪せたような色合い、細い茎にいくつも咲く小さな花。
私達が最初に出会った和ばら。
e0037611_10465206.jpg

e0037611_10462609.jpg

e0037611_10463752.jpg

その横は《いおり》という和ばら。
≪葵~風雅~≫と姉妹です。

e0037611_10445802.jpg

手前が≪葵≫という和ばら。
奥は≪ひなあられ≫という和ばら。
ころんとした形と柔らかなピンク、花弁の淵のグリーンにときめきます。

以上の6品種でした。



最初に来てくださったのは、大西けいさんのファンの方。
大事にされている大西さんの作品と一緒に来てくれました!

e0037611_11280322.jpg

e0037611_11292165.jpg

彼女が選んだ和ばらたち。

e0037611_11311823.jpg
選んでもらった薔薇を初めて包みました。
どきどきしたなぁ。

その後、ぞくぞくとご来店くださった皆様たちのブーケ。

e0037611_11321039.jpg

≪いおり≫だけでシンプルにまとめても素敵。

e0037611_11325039.jpg

選ぶ人によって、雰囲気がまるで変わります。

自分の内面と対話するかのように、真剣に花に向き合ってくださる皆様の姿にも、感動しました。
なんだだろう、あの純粋さを感じる眼差し、というか。
花を選ぶ皆様の姿は、本当にそれぞれに美しかった。

その光景は、とても嬉しかったです。


この日のこと、本当に大事な思い出です。
ありがとうございました。


■WABARAの日■
毎月第四土曜は「WABARAの日」。國枝啓司さんの生み出す和ばら(生花)を販売します。
詳細は→http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-506.html






[PR]
# by otomeya | 2017-12-21 11:06 | 花の記憶

徒然と。

e0037611_11071369.jpg
「Pray」の展示で、私の中のあることが結実しました。

10年間やってきたから見えたことが、ちゃんと結果になって、
それだけじゃなくて、ちゃんと次のことに繋がっている感触があります。

驕ることなく、卑下することなく、自己犠牲を強いるのでもなく、ただ、ありのままに真実を紡いでいく。

それが、これからの課題です。

これからの乙女屋が、私もとても楽しみです。



[PR]
# by otomeya | 2017-12-19 23:30 | 日々の戯れ

乙女屋 12月の展示 終了しました


e0037611_11065305.jpg

乙女屋 12月の展示 「Pray」、終了しました。

最終日、いつも笑顔の元気な女の子が、珍しく一人でやってきました。
服装や所作から、「Pray」のために襟を正してきてくれたのがわかる。
私も、その彼女の気持ちを大切にしつつ、でもあんまりかっこつけないで、
(だって、普段の私をよく知っているわけだから、)
声をかけるタイミングなど、こちらも襟を正した。

数年ぶりにご来店くださった方も、数名いた。
あの頃と変わりましたね、と口々におっしゃった。
昔と今と、その人たちにとって、どちらが好ましかっただろう?


とにかく、素敵な素敵な展示となりました。

そして、17年の祈りは、届きました。

ああ、信じていいんだ、と、また少し勇気をもらえました。


これからも、それぞれの人生が美しくあるために、
乙女屋があり続けられたらいいなと思います。


皆さま、ありがとうございました。



e0037611_11070538.jpg
e0037611_11064029.jpg



■関連記事■
「Pray」が実現したきっかけと想いについて。
http://otomeyanet.exblog.jp/26237069/






[PR]
# by otomeya | 2017-12-18 11:21 | 山本じん

これからのこと

現在の展示も残り半分となりました。

そして、今年もあと数週間です。

今年が終わったら、お正月。

お正月は、恒例のイベントを続けてきました。

乙女屋店舗を構えてから、ずっと続けてきたイベントでした。
楽しみにしてくださっている方もたくさんいました。
お正月に、いつもの皆様の笑顔に会えることも、とても嬉しかったのですが・・・。

来年は、お休みしようかなと考えています。

お正月展示だけではなく、今まで恒例になっていたイベントのいくつかをお休みする予定です。

理由は、現時点の当店の力量では、今年の展示が臨界点だな、と感じたからです。


売上を上げるために、それらしいものを集めて並べるのは、乙女屋の真実ではない。
作家さんが摩耗するのをわかっているのに、自店の都合で出品を強要したくない。
(誰も幸せにならない、そんなこと)


2017年1月のお正月イベントは、出品作品、作家さんからの気持ち、ご来店くださったお客様の想い、
本当に素晴らしいものでした。
あの思い出を心に、次に乙女屋が目指すべきものへ向かいたいと思っています。


■関連記事■
2017年1月のお正月イベントを終えて書いた記事。
http://otomeyanet.exblog.jp/25274731/
(展示風景の画像も紹介しています)





[PR]
# by otomeya | 2017-12-14 11:33 | 乙女屋イベント

WABARA


e0037611_23352945.jpg


e0037611_23354318.jpg
11月25日のWABARAの日の残り薔薇。

てまり と 葵

色の変化、蕾の頃から、今までずっとすべてがそれぞれ好きです。

でも、そろそろ花瓶から抜くタイミング、なようです。

e0037611_23372247.jpg
半分、蕾のまま、花開かずに折れた茎にも、しなる茎にも、ぐっとくる。







[PR]
# by otomeya | 2017-12-13 23:39 | 花の記憶

惑わされない。

今日は、美容院に行ってきました。

美容院にいる間は、用意していただく女性誌に目を通します。
いろいろな情報と商品が溢れていて、すごいなーって感心します。

2017年のベストコスメを問われている記事がありました。
美容ライターの斉藤薫さんがおすすめしていたのは、次のアイテム!
(下をクリックしていただくと、アマゾンから送料無料で買えます!)

TAKAMI/タカミ タカミスキンピール

(※アマゾンの商品説明には、洗顔後→化粧水として使う、と表記されていますが、正確には、洗顔後に、こちらのスキンピールをなじませる→いつもの化粧水 がおすすめされていました)
オフィシャルサイトを参考にどうぞ!→http://www.takami-labo.com/pages/skinpeel/ 

理由は、長く愛されているロングセラーだから、と。

ここ数年の美容品の進化は素晴らしい、本当に目をみはるものがある。
ただ、裏側では新商品を打ち出さないと商品が売れないという現実がある。
事実、今年、進化して発売された最新アイテムのうち、3年後まで生き残るものが何割あるか。
そういう現状を考えたとき、レシピをほぼ変えることなく、目新しい売り文句もないにもかかわらず、静かに売れ続けているアイテムこそ、おすすめしたい、とのことでした。

ちょうど、欲しいと思うアイテムでもあったので、送料無料でお買い物しなれている上記のアマゾンから購入しました。

期待に胸が躍ります。


いや、それにしても。

アイテムは違うけれど、小売店として乙女屋もタカミピールのような存在になりたい。


うん、そこを目指していきたいです。




[PR]
# by otomeya | 2017-12-13 23:07 | 美しい女