箱入りミニビスクドール

e0037611_15230503.jpg
【まな】さんの箱入りミニビスクドールがやってきました。
2015年ごろから続いている困り顔。
ふわふわのモヘアの髪、うさみみヘッドドレスの愛らしいお人形です。

e0037611_15232189.jpg
e0037611_15243314.jpg
e0037611_15251081.jpg
e0037611_15245739.jpg
e0037611_15244697.jpg
この独特な愛らしさが、たまらなく大好き!

おうちきまりました。

ありがとうございました。






[PR]
# by otomeya | 2017-05-06 15:29 | 作家作品のこと

Porte Bonheur!!!

e0037611_21513289.jpg
藤本晶子さんの創作人形。

乙女屋で開催中のイベントに合わせて、スズランのイメージで作られています。

e0037611_21514240.jpg
全長約15cmの小さなお人形。
手足の指がない特徴から、はじかみシリーズと呼ばれています。
(作者が呼んでいます)

とっても可愛い子なのですが、まだおうちを探しています。

誰のお迎えを待っているのかな?



+


さて、今日はまさにその5月1日で、すずらんの日。
大切な人の幸せを願ってすずらんを贈る日。

日本でも、随分浸透してきたように感じますが、どうでしょう?


みんなみんな、幸せになれますように。


お祈りしています。





[PR]
# by otomeya | 2017-05-01 22:00 | お人形遊び

すずらんの日

e0037611_23250494.jpg

e0037611_23203576.jpg

山下美千代さんの原画作品2点
KiNNOiさんのアクセサリー
デッドストック NARUMIのすずらん絵柄のお皿。


5月1日に、大切な人の幸せを願ってすずらんを贈る

その風習を日本でも広めたいと始めたこのイベントは今年で6回目です。


初めて出品してくださる作家さんもいて、とても嬉しい。


いろいろ嬉しいことがあるけれど、
ちょっとまだ今は簡単に言葉にできない。


とにかく、みなさま、ありがとうございます。



イベントは、5月7日まで開催しています。

遊びにいらしてくださいね!


e0037611_23242777.jpg
e0037611_23252510.jpg
(~fleurs de cire~)
e0037611_23254561.jpg
(KiNNOi)


e0037611_23250494.jpg

(高橋千夏)






[PR]
# by otomeya | 2017-04-27 23:27 | 日々の戯れ

BOROUSA


e0037611_23260838.jpg

大西けい作 BOROUSA

大好きな作品。

古いリネンを使った素朴なうさぎさん。

甘くないところが、可愛い!!んです。

e0037611_23262597.jpg



e0037611_23264618.jpg


作家本人も気に入っていたんですが、私がさらにべた惚れで、シリーズ化してもらいました。

e0037611_23265688.jpg


見て、この後姿!

e0037611_23272551.jpg


e0037611_23271273.jpg


一番小さな子はおうちが決まりました。

他のお二人は、まだおうちを探しています、よろしくお願いします!









[PR]
# by otomeya | 2017-04-20 23:32 | 作家作品のこと

つれづれと。

e0037611_16145412.jpg
ストール展、終了しました。

予想しなかったお客様が、関心を示してくださると、とてもとても嬉しいです。

乙女屋を見てくださっている方の審美眼の高さに、敬服しました、ありがとうございました!



物を売るのが難しい時代、と言われている現在です。
たしかに物はネットにもチラシにも、お店にも、たくさんたくさん溢れています。

でも、ふっと気分転換にいいものとの出会いがないかなーと思う気持ちは、なくなっていないと思います。
少なくとも、私は、素敵なものに出会うと嬉しいです。

だけど、ちょっと探してみても、欲しいなぁって思うものがありません。
こんなにもたくさんあるのに、ときめくものが、ありません。


なくても困らないけど、あるだけで、楽しくなるもの、私はそういうものが大好きです。


これからも、そんなものばかり紹介していく乙女屋だと思いますが、
実物が見れなくても、乙女屋のセレクトを信用してお求めくださる遠方のお客様たち、
不便な小さなお店なのに、ご来店くださるお客様たちの毎日が、
もっともっと、楽しかったり、美しくなれるお手伝いができるようになりたいです。


いつも本当にありがとうございます!








[PR]
# by otomeya | 2017-04-18 16:26 | 日々の戯れ

近況報告

e0037611_23155090.jpg

4月13日~のギャラリースペースでの展示会、予定通り開催しています。
体調不良でしばらくご迷惑をおかけしました。
心配してくださった皆様、ありがとうございました。

快方には向かっているのですが、まだ本調子ではなく、再発しないかとどきどきしながら過ごしています。


e0037611_23190554.jpg

美しい品々を並べ、花を飾り、春の日差しを感じながら、素敵な皆様と過ごせた一日でした。

お店というものは、日常では出会えないような人とお話する機会が持てること多く、とても楽しい刺激となります。

お客様にとっても、いいエネルギーや刺激を持って帰ってもらえたら嬉しいなぁと思います。

そのために、もっと工夫をしていきたいと思います。


だけどだけど、だからこそ、私自身がまず、自分の暮らしを見直して、心穏やかに、余裕を持って過ごせる日を増やしたいです。

そんなことを考えた春の一日でした。

あなたの春は、どんな感じですか?









[PR]
# by otomeya | 2017-04-14 23:21 | 日々の戯れ

【青の羊】≪青いリボンの少女ドール≫

e0037611_21164294.jpg
e0037611_21165453.jpg
【青の羊】作 《青いリボンの少女ドール》

青いおリボン、お花の髪飾り、青いお目目が印象的な少女ドールです。

e0037611_21170504.jpg
e0037611_21171865.jpg
e0037611_21162617.jpg
この独特の雰囲気、魅力、たまらないものがありますね。



■関連記事■
【青の羊】作≪ネックレスの少女ドール≫
webshop詳細ページ→http://otomeya.ocnk.net/product/3121







[PR]
# by otomeya | 2017-04-13 21:19 | 作家作品のこと

【青の羊】≪ネックレスの少女ドール≫

e0037611_19225755.jpg


先日に続き、【青の羊】さんのお人形をご紹介します。

≪ネックレスの少女ドール
e0037611_19364834.jpg
e0037611_19370767.jpg
e0037611_19353428.jpg
「布のお人形」と、聞いて、思い浮かぶイメージってどんな感じでしょうか?

少なくとも、私には、この子たちの世界観、存在感を、思い浮かべられません。

ですが、この子たちは、この布だからこそ、この存在感なんですよね。

初めて見るのに、懐かしさに似た優しく甘い気持ちを抱かせてくれる、この子たちの世界が大好きです。

これでこそ、”作家作品”の魅力だと感じます。

どこにもない、特別なたった一つのお人形。

どんな人に、お迎えいただけるかな?

e0037611_21362174.jpg
e0037611_21361119.jpg
e0037611_21363128.jpg


お迎えご希望の方は詳細をご確認くださいね。
http://otomeya.ocnk.net/product/3120





■関連記事■
「【青の羊】≪黒いスカートの少女ドール」≫














[PR]
# by otomeya | 2017-04-11 19:24 | 作家作品のこと

乙女屋の原点へ。

ごきげんよう。

この記事をご覧くださっているあなたはどなた?


本当にどーでもいい記事を書きます。
読まなくていいです。


と、前置きしたうえで。

先日の音楽会 (→http://otomeyanet.exblog.jp/25686150/ )で、思い出したことがありました。


それは、

「私は、いつだって、居場所がどこにもなかった。

だから、乙女屋を始めたんだった、ということ」

ということ、です。




音楽会を開催してくれている京都のアンティーク喫茶 迷子さんを知ったのはおそらく約16年前とか、18年前とか、それくらい前の話です。

その頃、私には、居場所がなかった。

当時、大好きな物、世界観、信じているもの、が自分の中に確乎たるものとしてあるように思っていた。
だけど、世間の流れは、いつも私の想いと逆の方向へ向かう。
世間の流れ、というか、現実そのものが、だったかもしれない。
客観的事実がどうだったのか、それは今の私にもよくわらからないけれど、当時、そんな風に感じていた。

動き出せない自分の情けなさを棚に上げて、取り残されていく気持ちばかりに気がいって、自家中毒状態。

くっだらない!ですねー、書いてて自分でも思いますが!
まあ、聞いてよ、だって、今年、乙女屋、10周年やし、お祝いなんて、いらないから。この話、聞いて。


でねでね、その頃、偶然、迷子の前の道を通りかかりました。
雑誌の載っている京都の喫茶店を訪ねた帰りだったか、なんだったか。

当時の迷子は、雑誌取材はすべて断っていた。
だから、雑誌には乗っていなかった。

私は、目的地ではなかったけれど、目前にある洋館の一室に釘づけになった。
そして、なにひとつ私に買えるものはないかもしれないけれど、
こんなにもお高そうなお店だから、私なんて鼻で嗤われるのかもしれないけれど、
それでもなんでも、そんな怖さよりどうしても、窓からちらりと見える空間に魅せられる想いのほうが強かった。
傷つくかもしれないリスクを越えてでも、どうしてでも、そこに入りたかった。

扉を開けた。
アンティークの家具が並んでいた。
大きなカウンターの向こうに店主がいた。
SPレコードが流れていた。

入った瞬間に、

「ああ、いいんだ。
私が好きな世界は、これだ。
世間の流れがどうであろうと、私はこれが好きだ。
それでいいんだ」

そう、感じた。

世間の流れと違ってもいい、そんなことと関係なく存在する美しい空間が、そこにあった。

一歩足を踏み入れた瞬間に、涙がでるくらいの感動があった。

私の毎日が、なにも認められなくても、
私の思い描く方向と、現実のなにもかもが、逆方向に進んでいたとしても、それでいい、
それはそれ。
私が、自分が好きだと思うことを、変える必要はない。
私は私の好きを、守り続けたらいい。

って、誰に何を認められたわけはないのに、
ぐわーーーーって、心の奥から感じたのでした。

あれは、いったい何だったのか、説明できないけれど、あの時の感覚を、先日、すごくリアルに思い出したのです。


ですから、迷子は、大袈裟ではなく、私にとっての「浄土」でした。

私が、本当の意味で許されて、癒される場所でした。



誤解を恐れずにいうと、私には、いまも居場所はありません。

そのことを、心もとなく思ったりしましたが、
でも、それこそが乙女屋の原点だったことを、思い出しました。

だから、これでいいんだってこと、を。



世間の多くの流れが私の想いと違ったとしても。
世間の多くの流れだけじゃなくて、現実そのもののが私の想いと違ったとしても。

私は私でいたらいい。

私はそういう場所の存在に支えられて、かろうじて生きてこられたし、
だからこそ、乙女屋を守りたかったんだということを、思い出しました。



なんで忘れてたんでしょーねー。

大事なことを、しょっちゅう忘れて、どうでもいいことばかりに振り回される私を、まだ愛してくれますか?
とっくの昔にがっかりして、乙女屋のことなんて忘れてしまいましたか?
そもそも、愛していませんか?
あ、そうですよね、そもそも、知らないですか?どーでもいいですか?

でも、それもすべて自由です。

自由です。


あなたも、そして、私も。


そのうえで、も、私は信じ続けたかったんだった。

だから、別に今更嘆く必要なんてなかった。
迎合する必要もなかった。

なんで、忘れていたんでしょーね。


理解できなかった?

ぜんぜん、それでも嬉しいです、もし、最後まで読んでくれていた人がいたならありがとう!









[PR]
# by otomeya | 2017-04-11 19:08 | 日々の戯れ

【青の羊】≪黒いスカートの少女ドール≫

e0037611_23382937.jpg
e0037611_23381969.jpg
【青の羊】さんの作品です。
タイトル≪黒いスカートの少女ドール≫。(全長約22㎝)
布製のお人形なのです。
ですが、ただならぬこの雰囲気。
たまらないものがあります。
とてもとても好き。

どこか秘密の香りがする、女の心の奥の陰りを思わせるような。
ただただわかりやすい安易な可愛さではなくて。
初めて会うのに、ずっと昔から知っているような、新鮮さとほっとするような愛しさを兼ね備えています。

そういう存在が、乙女屋の思い描く理想の{お人形}です。
そういう要素を、すべてこの子は、持ってくれているように感じます。

{少女ドール}というタイトルにも、それがなんともうまく表現されていますよね。
e0037611_23384098.jpg
寝てみたよー!

e0037611_23385503.jpg
よこにぺらりと写っているのは、今回の入荷分からついているタグ。
このタグだけでも、素敵なの。

好きで、好きで、大好きで、どこまでも愛しくて、
どうやったら、この雰囲気と世界観を伝えられるかなーとかなり悩みました。
それでも、実物のよさは全然でなかったけれど、
気にかけてくださっている方がいるので、とりいそぎ、更新しました。

e0037611_23375835.jpg
e0037611_23374655.jpg
実は、今回、まだまだいるのですー!!!!

また追って、更新しますね。

e0037611_00163313.jpg
e0037611_00160747.jpg
(上記2枚は、作者自らの撮影によるもの)

こちらの作品は、お問い合わせくださっている方がいるため、
まず、その方にご案内いたします。

お迎えご希望の方は、キャンセル待ちになります。

よろしくお願いします。




■関連記事■
(2016年10月に開催した乙女屋SHOPでのミニ個展の様子)
http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-203.html

(2016年10月に開催した乙女屋SHOPでのミニ個展DM)
http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-174.html






[PR]
# by otomeya | 2017-04-10 23:53 | 作家作品のこと