人気ブログランキング |

久々にフィクション・・・・*


ほそい 糸で 紡ぎだされた

向こうが透けて見える不思議な布。

浮き上がる模様の向こうに、

現実の世界は ベールをかぶり

よどんだガラスのがらくたたちや

寂しそうにうつむく お人形たちが

そっと息を吹き返し 何かを語り始めるような気がする。。。。。


古いレースが一枚 私の部屋に増えるたび

心の奥のぜんまい仕掛けの時計の針が

また一回り、時間を逆回転。


倒錯する空間と ねじれた時間の中に

私は何を求めるのだろう・・・・・


古い大きな柱時計を
もっともっと、探しにいかなかえればならないようだ。
by otomeya | 2010-03-23 11:57 | 日々の戯れ


<< 永遠の春 お店の写真 >>