人気ブログランキング |

過去という概念

「過去」に縛られて、
「いま」を、本当に楽しめていないときがある。

私も、そうだったときがあるから、
そういう人を見ていると、他人事と思えない。

でも、そういう人を助けることはできない。

いいや、そういう人でなくても、
他者を誰かが、助けることなんてできない。

人が救われたり、
幸せになれたりするのは、
その人自身が、思い、感じることだから、
他者がどうにかできる問題ではないと思う。

こちらがよいと思っても、
相手にとって迷惑なことだって、たくさんあるに違いないから。

でも、なんだかとても気になっていて、
すこしでの、その人が動き出せるようななにか、を
私が出来ないかと思ってみたりする。

だけど、やっぱり旨く言葉に出来ないなぁと思っていたら、
ここのところ、ジーニーさんの話ばかりしていて
ちょっと、どうなの?って感じですが、
やっぱりジーニーさんのページから、
そうなの~~!!そうそう、と、
自分では言葉に出来なかった文章を見つけたので、
私も大事にしたい言葉だと思ったので、
ここに引用させてもらいました。

*


「過去というものはあなたが思い出した時にのみ心の内に存在するものなので、
実は過去をコントロールすることも自由にできる。

過去の悲しい出来事をこれまでと同じ見方でとらえて、
不快な気持ちを繰り返し感じることもできるし、違った見方でとらえることによって、
より穏やかな気持ちを感じることも可能である。

そんな内なる世界の無限の可能性に、今あなたは目覚めつつある。

まず自分のために、いずれは人のために、
大いに役立てたい素晴らしい能力が今あなたに芽生えている。」

(文章をいただいた元のページは→「ジーニー 助けてエンジェル」

*

それぞれに、抱えるものは、いろいろあると思いますが、
だいぶ前、重いものを抱えていて、
でも、捨てられないで、それでも笑顔で笑える人が愛しいと、
そういうことを記事に書いたことがある。

そのとき、あなたにとって重いものとはなんだ。

と聞かれました。

私にとって重いものは、捨てられない感情であったり、
欲望であったり、しがらみであったり、固定概念だったり、
物欲への執念だったり、理想への渇望であったりする。

私の「理想」は、どうも、現実的な堅実的なものとそぐわないもので、
理想を求めれば求めるほど、
数々のしがらみを捨てたり、犠牲にしなければならないものがあるようだから、
日々、悩みながら、周囲に詫びながら、生きている。
迷惑をかけているなぁ、と思いながら。
でも、必要としてくれる人もいると、最近思えるようになったので、
それでも、笑顔で笑えるようにと、日々、泣いたり、すねたりしながら、生きている。
だけど、その葛藤の日々は、常識的な人から見たら、
意味のないことかもしれないけれど、
私は、つらいことも、悲しいことも、
楽しめている。
なんの苦労もないけれど、理想も諦めていたころを思えば、ずっと、
今のほうが幸せ。

だけど、しばられている「重いもの」が苦しいものでしかないのなら、
それは、私の思う「重いもの」ではない。

ジー二ーさんにはもちろん何の面識もなく、
スピリチュアルな知識も、ほかの事はなにも知らないのだけど、
なぜか不思議と、私が言葉に出来ないで悩んでいることを、
記事から見つけることが出来るので、
勝手にとても助けてもらっている。

いろいろなことがありますが、
せっかくいるいま、この現在を、
すべての人が、自分にとって心地良い環境で過ごせていることを願います。
by otomeya | 2010-06-08 12:01 | 日々の戯れ


<< サイズ参考に ベアの先輩に教えてもらったこと。 >>