人気ブログランキング |

人間の本質

大好きで、なおかつお世話になっているフリーペーパー
の文章をなんとか完成。

前回の「変化」は、私にとってそれまでにゆかりのなかったテーマで、
自分の中の根本的な部分を覆して文章を書いたので、
苦労して苦労したけど未完成・・・・

まだまだ・・・・と思いましたが、今回は、テーマをいただいたときに、
ある程度のことが自分の中にあったので、それを整理して書きました。

前よりは・・・・ましかな。

でも、そう思っていても、時間を置いてみると、
いつも言葉の使い方、こまかいところが、反省です。

それでも、大好きなに関われているということは、
私にとっての数少ない誇りです。
本当にありがとうございます。


さて、今回、テーマについていて考えていて、気が付いたことがありました。


私は、あまり信じてもらえませんが、
かをるさんくらいしかわかってくれませんが、
私はとても考え方が暗いです。後ろ向きです。
大体は絶望ばかりしていて、かといって怒るというほどに自分に自信もなくて、
大体は下を向いて、野に咲く花を美しいと思い、
かといって高級なものなんて!と一線を隠せばいいのに、
ソレは別物として、いや、それぞれの美しさとして、
高級薔薇店をウインドーから眺めて憧れてくらし、
空を見て、刻々と変化する美しさと儚さに涙を流して
ぼろぼろのアンティークレースの小さなかけらを眠る前と朝起きて見つめて暮らし、
それ以外のことは、大体のことを諦めて、
思い通りにいかないことが人生だからとがっかりすることも忘れ、
思い通りに物事が運び、人の痛さがわからないなら、
現実を生きている人たちと、かつかついいながらも、
笑いあって、生きているほうがいいや、としょうもないことばかり笑いあって、
だけど、心の中では、たくさんのものなんていらない。
自分のエゴなんて捨てたい。
自分の憧れの未来としては、自分のことなんてどうでもよくなるくらいに、
ただひとつ、信じることの、あるかないかわからない「美」を求めて、
ただただその片鱗でもつかめるならば、
私は強くずっと笑えるのではないかと信じて生きているような、人間です。
だから、表現の現場でよくいわれる「個性的であること」や
主義主張を通すこと、などは、実はあまり興味がない。
自分を通さないほうが、美しいと思えるならば、そんなところで通してもしかたがない。
それなら私がひっこめばいい。
そんなことじゃあ、誰も付いてきてくれないよ、なにをすねているんだ!ばか!と
心配してくれる人が多いけれど、私はとにかく、(姿・形じゃないですよ)
自分にとって美しいと思う生き方を貫いている方に、感激してほれてしまうし、
自分もそのひとたちの作品を扱っているのだから、
そのように片鱗でも美しくありたいと思うのです。
ええ、早川義夫さんが、ジャックスのCDのなかで
「まな板に横たわる魚のように、美しく死にたいものです」と書いたように!




世の中には・・・・

美を求めるという人には大きくわけて3つかな、といま、は思っています。
明日には変わるかもしれないけど・・・・。
ここ2ヶ月、そう実感することが重なりました。

「自分の価値を高めるために美を求める人」
「自分が、愛でる対象として、つまり別物として美を求める人」
「自分を捧げてでも、なにか美にまつわる何かをつかみたいと思う人」


私は、この3つはそれぞれにすばらしい、
個人の考え方なので、どれが崇高で、どれが下劣だとは思いません。

しかし、一番理解ができないのは、
自分の価値を高めるために、買っているよね・・・・と明らかに感じる人ほど、
「自分は、利益の為に作っていない。純粋に創作をしたい」といってみたり
「誰かの為に」といってみたり、「純粋に好きなので・・・」と謙虚ぶっていうことだ。

自分は自分でいいじゃないか!

いさぎよく、美しいモノは、私の価値の為よ!と言い切る強さがほしいものだ。

まあ、そんなこというと、敵が増えるから、大声ではいわなくていいかもしれないけど、
それくらいいえたら格好いいよなぁと思う。

とあるひとは、それができているように思えて、
よく悪口を言われているのを聴くけれど、私はとても尊敬していて格好いいとおもっている!
一方で、あの店は・・・・と陰口を言っては、自分の正当性をいうのは、醜い。

自分は自分!他人は他人!

それでいいじゃないか!

前は、私なんてなにもできない~~とすねてばかりいましたが、
そう思える強さを、薔薇の館の展示中に、私はもらえた気がします。

本当に皆様ありがとうございました。


ちなみに、もうひとつ思ったこと。

妙に親しく優しくしてきてくれて、
仲良くなって・・・信頼してもいいのかな?と思ったときに、
最後の最後に裏切られることってなんて多いのでしょうね!


私の好きなひとたちは・・・・
親しくしてこない、寄ってこない
どちらかといえば、ぎこちないくらいな人ばかり。
だけど、最後の最後とか、
困ったときに、心の支えになってくれる人ばかりだ。


お店をしていると、いろいろあるので、
自分を見失いがちだけど、
社会的にきちんとしないといけないことと、
だけど自分自身の本質はしっかりと見据えて、
どうしても捨てられないものを大切に自分に厳しく磨きをかけながら、
なるべく人様に迷惑をかけないように、生きていこうとおもいます。
by otomeya | 2010-09-30 11:40 | 日々の戯れ


<< 花工房さんのブーケ ある日の妄想。 >>