人気ブログランキング |

なんでも好きでいていいんだということ。

先日のブログの記事。

タイトルと本文が、関係なくなってしまっていてすみません。

今日こそは、このテーマでかけるかな?

e0037611_1363052.jpg



私の、一番最近増えたベアのシンタロウに、
嬉しいメッセージをたくさんいただきました。

きゃーーー*

シンタロウすごいじゃない!

と、今日はすごーく嬉しいはじめてのかたからのメッセージ!

e0037611_137287.jpg



また、シンタロウに会いたいといってもらったので
今日のシンタロウです。

すごいじゃなーい!!!

でも、相変わらず古ぼけて、とぼけて、首をがくがくさせていました。

そんなところも愛しいシンタロウ。

今日も可愛いです。

非売品のベアの画像なんて、誰が見たいかしら・・・とか、
(自慢話みたいで厭味?とか。でも、シンタロウを羨む人なんているのかしら・・・)
そんな暇があれば仕事しろ馬鹿!と、たくさん怒られたりしながら、
そんなこといいながら、またこんな記事を書いています。

先日も書いていた通り、いつものイベント後の鬱状態にはいっていて、
その間、どんなに自分を鼓舞してもどうにもだめで、
シンタロウと遊ぶことがささやかな癒しでした。

でも、厳しい現実の同業者仲間や、周囲の人のお話を聞くと、
私はなんて甘えた悩みで凹んでいるのか・・・・

さらに、その癒しが、支えが、こんななんの価値もないシンタロウって。。。。。

働き盛りであるべきはずの成人が、こんなことじゃあ、
そりゃ、景気も悪くなるわ・・・とどんどん落ち込んでいました。

でも、いまは、もう復活!大丈夫です。

次に向けて、またいろいろ準備をします。

だって、ベアを語ることは、
というか、好きなものを語ること、は、自分自身を語ることなのだと私は思う。

あの作品は・・・・あの作家は・・・なんて話を聞くたびに、
そこから、見えるのは、作品や作家ではなくて、
その語る人のことだ。

いや、他人のことを語る時だって、そう。

人は、他者やものを批評したり語ったりしているつもりで、
結局は自分のことを語っているのだ。

人の醜いところが見えるのは、
自分がそのひとと、同じ醜さをもっているのだ、と書いたのは、
落ち込んだときにいつもよみかえす本を書いてくださった早川義夫さんの言葉。

私は、古ぼけたゴミみたいなシンタロウが愛しくて愛しくてたまらなくて、
ほかのひとにどうであったとしても、
私にとっては、私の心の中の何かを、この現実で貫いていくために
必要ななにかであるのだから、仕方がない。

ほかの誰かにそんなものは贅沢だといわれようとも、
そんなものは、無駄だといわれようとも、
それは間違っているのだといわれようとも、
自分にとってはこれなのだからと、選んだ道を、時々凹みながらも、
信じて突き進む強さがほしい。
そして、私がおとめやとしてできることは、それしかないのではないかと思っている。


シンタロウ、そして、メッセージをくれたかた、
ありがとうございました。

こんなぽんこつな魂の持ち主ですが
寒い今日も元気な心で過ごすことが出来そうです。
by otomeya | 2011-01-15 13:17 | ベアとわたし。


<< 今日のシンタロウ なんでも好きでいていいということ >>