人気ブログランキング |

戻っていく・・・知らない場所へ



「お探しのものの ご期待に添えることはできないかもしれないけれど、

ほかには ないような 特別な 宝物をそろえてお待ちしています」





ずっと ずっと たしか 以前のどこかに、 乙女屋のために書いた文章です。



できるわけがないくせに、

いつの間にか、ご希望をきく、お探しのなにかをそろえたいと思うようになっていました。


でも、私にできるのは、そんなことではなかったようです。


ほかの人の期待にこたえることができるひとを見ていると、


とても立派に見えて、


ああ、自分はなんで、こうなんだろうか、と落ち込みます。



出来ないことばかりが、気になって、

落ち込むことばかり。



やりたいことは、わかっているようで、わかっていなくて、

でも、本当はやらなければならないのに、


小さなハードルで、カンタンに乗り越えられることなのに、

なぜか、超えることが出来ない、この情けなさ。




誰かが求めてくれている、ということはありがたい一方で、

バカにまじめな、私はそのことを感謝できず、

求めてくれても答えられない自分に罪悪感を持つ。


かといって、希望に答えようとしてみたことも合ったけれど、

結局、上手にできないものだから、

相手はいつも私を責めたし、相手の為にもならなくて

私の為にも、もちろんならなかった。



お店ってなんでしょうね?


一日に何度も、自問自答します。


答えはまだでません。


私よりも長く20年以上やっている人でも、

まだ答えは見つからないようです。


でも、お店を始めなければよかったと思うことは一度もないし、

これから、本当にやりたかったことを、

いろいろ挑戦して、大きなテーマをひとつ、

深く深く、生きてみようと思っています。



まだ、自分の中でもまとまりきらないままで、

上手に伝えられませんが、


雪の舞う日に思うことでした。


結局、いつまでも抜けない 甘い少女趣味の自傷癖かもしれません。





*


*
by otomeya | 2012-02-09 18:49 | 日々の戯れ


<< 大切なこと おでかけの記憶 >>