人気ブログランキング |

ロマンチックな回想・・・・

微笑むだけで美しい女性がいる。


昨日会ったその人は、
白髪の髪を美しく束ね、
乾いた首筋の肌には、
アンティークの華奢なコットンキャミソールがとても似合っていた。


一度、ちらりと挨拶しただけの私に、
軽やかに美しく、ふわりと微笑んで、気遣いの言葉をくださった。



ほんの数分のやりとりだったけれど、
いつもいるあの空間が、
まるで違う空気が流れ、
美しい人の持つ、力に、魅了された瞬間。




・・・・・彼女には、もうすでにお花のコサージュは不要。


だって、もうすでに、存在自体が、
満開より香気のあるお花のような・・・・・・。



だけど、そんな彼女のお部屋の引き出しには、
きっと、たくさんのコサージュや、
ありとあらゆる美しいモノたちが、
彼女の美への欲望とともに、集められ、詰まっているに違いない。



乙女屋からお届けする数々の品々たちが、
選んでくださった女性たちが、いつか、昨日の彼女のように、
なんの気負いも気取りもなくても、その人自身の存在によって、
美しく微笑み、人を、魅了する素敵な女性になってほしいと思う。


人が美しくなるためには、たくさんの美しいモノと自分との共鳴、
そして、周囲の人と、自分との間で、助けたり、助けられたりという関わり。
その中で感じる挫折や、喜び、そんなものが人を磨くのだと思う。



乙女屋からお届けする商品や作品たちが、
たんなる消費されるだけのものではなく、
選んでくれた人自身の何かを磨いたり、癒したりすることで、
永遠のその人の中の魅力とし手のこるような何かであってほしいと・・・・・



そんなことを、思いました。




”美しくロマンチックな・・・・・” というのは、
私にとって、そんな意味です。
by otomeya | 2012-08-18 23:48 | 日々の戯れ


<< 失われた時間・・・・。 ただ・・・・ >>