人気ブログランキング |

無限の言葉

「だから、例えばどんなにいい仕事をしていると思っても、
そこに金が介在するなら、
それはごく当たり前の経済行為でしかないから、
特に誇ることでも、特卑下することでもない。

けれど、金の介在する仕事であっても、
単なる経済行為以上の何かを感じる仕事ぶりとかいうものを目の当たりにする時がある。

スポーツでもなんでも、地位や名誉金や記録や、
そういうものではなく、何かそこに美しいものを感じる時がある。


そうだ、無償のものの持つ美しさと、
有償のものの持つ美しさとは、その美しさに差がある。

その差がわからぬものの美学なんぞつまんないものだ。」



しばらくお会いしていないけれど、
<mugen>様が、日記に書いていたか、
いただいたメールに書いていたか、そのような言葉だと思う。



乙女屋の毎日に、
乙女屋はお金のためのものじゃない、
なんて書いてみたけれど、
でも、経済活動のひとつである、という
とても大切なことは、やはり自覚して、両方を維持しなければ、
と思ったりする。


いつも、片方からだけではなく、
両方からだったり、いろんな角度で考えたりすることは、
大切かなぁと思ったり、します。
by otomeya | 2013-01-20 18:46 | 日々の戯れ


<< チーキとわたし。 paris・・・ >>