人気ブログランキング |

年を重ねるって・・・・

ジャスミンの香りが、風の中から感じられるたびに、

あの季節の迷いと悲しみと愛しさを
まるで今の気持みたいに思い出して、泣きそうになります。

今はもうない感情なのに、
あの瞬間へと どうして瞬時に心は戻るのだろう?


ミモザ

あじさい

すずらん・・・・。


もともと大好きだったお花たちに、
私とあの人との秘密の思い出が重なっていく。

無常の時の流れの中で、永遠の愛しさほど
取り残されて、輝き続けているのに、決して戻れない切なさを包括して、
それは ”愛しいものは悲しい” の影山多栄子 さんのtristeな幻の人形店の扉を
記憶の中で探し始める。

数々の諦念を花束にして、
以前の私にそっくりな泣くことさえできない少女に贈ろう。


・・・・・年を重ねるって、素敵なことだね。
by otomeya | 2014-05-08 10:05 | 文章


<< しあわせなじかん 夢物語 >>