人気ブログランキング |

初心を大切にしつつ・・・・。

HPの構成を考えるのがとても苦手なのです。

古いものだけを求めるつもりもないのだけれど、
これ以上にない!という意気込みで作ってもらったHPを、
全体的にリニューアルする気はさらさらない。

だけど、商品が増えたりすれば、どこかになにかを増やさなければいけない。
なんとか考えてなかば強引に付け足してやっているのですが...。
なんだかわかりにくさが増したんじゃない?
かといって減らしてしまえば、初めましてのお客様には、見てもらえなくなってしまう...。

困り果てた結果、ブログを立ち上げて、より動きあるサイトの運営を目指しました

とある人形作家が、オランダに遊学していたときのお花屋さんの話を思い出す

ブーケだけを売るそのお店のマダムは40才をすぎている。
いつもほとんど黒ずくめの装いで、黒いビニールのエプロンをかけ、
ニコリともしないで、客をさばく。

ときに、あの花とこの花で...などと言ったりしたら、
たちどころに睨み返されてしまう。
すべてお任せにしないといけない。

白いチューリップ、百合、ライラック、紫陽花、ストック...。
ウインドーからは白い花だけしか見えないような飾りつけ。
黒い日よけのしたで、それは息をのむほどに美しい。
日よけしたのウインドーの趣向は、ほとんど毎週、その花の色が変わる。
ときには青い花だけだったり、淡いピンクの花花の日もある。
そして同系色の花花のマッスのかげに、取り合わせ用の、いろいろな色の花が、用意されている。
あの白いチューリップを沢山入れて欲しいと思っても、
絶対の自信を持つマダムのために、ただ黙って、その鮮やかな手さばきの、
手元を眺めているだけである。

そのかわり、花束のできあがりは素晴らしい。
花束というのは、普通、丈が50センチにもなったりすると、いかにもぎょうぎょうしくて、
やりきれないものだけれど、そのマダムの組んだ花束は、
とても上品で、控え目で、さわやかなはなやぎのようなものさえある。

その花束の重みは、一瞬、不思議ななつかしい夢を見た気にもさせるほど。

リボンを結ぶなどは、もっての外で、花束はこれ以上何も付け足せない程に
完成しているという。

しかし、その花束の完成度はそれだけではないという。
部屋の棚の花器の中で、マダムの花束は少しずつはなやぎを増し、
蕾だった花がどれも開ききったあと、やがて少しずつ花は、つややかさを失くし、
やがてしおれてしまう。その、はじまりから、おしまいまで、美しさを保たせるというのだ。



そのときの瞬間も大切だが、その花たちがどう枯れてゆくかを感じて、
「時間が動くことにゆとり(間)をもつ」からこそ、最初から最後まで美しいのではないかと、
勝手に想像する。

最初が完璧に美しかったとしても、その何かが狂ったことで壊れてしまう美は、
それまでなのか、と思う

脆く繊細なものも惹かれるが、すべてを受け止め、枯れて汚れても、
尚美しいものはもっと好きだ。

脆く繊細なものなら、無残な姿で残るのではなく、粉々になくなってほしい。
繊細で上品なビスクドールのように...。
(でも、ビスクドールはぼろぼろのドレスでも尚、美しいから、
両方の美しさを兼ねて備えているのですが!!)

商品が増えてきたんだもん!とか、
伝えたいことが多くて...なんて聞こえのいい言い訳をせず、
サイト乙女屋も、あらゆることを受け入れて尚、一番お気に入り☆
で、ありつづけられるレイアウトにしたいものです。
by otomeya | 2005-12-16 11:33 | 日々の戯れ


<< おこがましいけど・・・・ 美しいと思うこと。 >>