雨の日

雨の日。静かな午後。久々に、空想。

夢に敗れたことはありますか?
諦める、のではなく、敗れる。

その日、私は京都の町をお友達と歩いていました。
お友達は、その日、夢に敗れたという心境だったと思います。
残念でならない夜でした。

だけど、彼女の中には敗れた一方で、諦められないものもあったのでしょう。
ふと、
「近くにね、小さいけれど、とても素敵なお店があるの。
なんのお店かわからないのだけれど、とにかく空間が素敵なの」
と、教えてくれました。

励ましの言葉なんて、もうとっくに尽きた。
少しでも、何かが見えるなら・・・と、
一緒にその小さなお店を尋ねました。

彼女が連れて行ってくれたのは、
100年以上前に建てられた古民家を改装した建物でした。
硝子越しに中を覗くと、
日本家屋の中に、年代物の舶来家具が薄暗い空間に並んでいます。

お店なの?ギャラリーなの?入っていいの?
これって営業しているの?

数々の疑問を二人で話しながら、
あんまり時間ないけど、ちょっと聞いてみようよ!
と扉を押した。

そう、私はそういうどきどきが、とても好き。
何かわからないけれど、惹かれずにはいられないもの。
めったに出会えないけれど、
そういう瞬間、未知との出会い、
運命を感じるようなこと、どれも大切な宝物。


結局、数回しか行けなかったけれど、
宝物の場所でした。
この6月で、建物老朽化により立て壊しになるそうです。
あの場所で過ごした、わずかな記憶は、雨の湿気とともにありました。
古民家のもつ独特な木造が湿度と一緒に皮膚に感じるものがある。
蚊取り線香の香りと、ミスマッチさが心地よかった豪奢な椅子たち。

大好きだったな、でも、いつまでもいつまでも、
永遠に変わらないでいることなんてできない。
あの場所も、記憶の中の場所へと、移築する時期になった、
と思うしか、ないのです。

記憶の場所を久々に歩く、
店構え、お店で過ごした時間や空気、時には音楽も、
鮮やかに思い出すことができるのに。
もう訪れることができない、すでにこの世界にない場所たち。


目を閉じて、このまま眠りにつきたくなります。
雨音を子守唄に。。。



さよなら、あの場所。
今日は、音楽会が開催されるようです。


行けないけれど、かつて過ごした時間を、
私は一人、遠くから楽しむことにしました。

あの空間を大事にされていた皆様に感謝の気持ちを。。。

ありがとうございました。

















[PR]
by otomeya | 2016-06-19 14:29 | 失われし場所


<< 久々に 忘れていたこと >>