昔話

昔話が続きます。

もうすぐ約束の年を迎えるので、
そのために、ここ9年間で自分がやってきたことを振り返り、
その結果はどうだったのかを考えて、
その先に何を見て行けばいいのか、ということを
整理したいという想いがあります。


かつての私を振り返るとき・・・・

変わることが怖くて、
生きていくことが、怖くて、
時が止められないことが悲しくて、
絶対的な正解があって、自分がいつも劣等生だと思っていたあの頃。
それでも生きていくために、美しい物と可愛い物を求めて
自分をだますかのようにして生きていた昔の私。
私を支えてくれるそれらのものがあるお店が、
閉店していく中、小さくてもいいから自分で守ることのできる場所が欲しかった、
それが、乙女屋を始めた理由のひとつです。

そのおかげで、いろいろな人に出会い、
いろいろな経験をさせていただきました。

そして、同じことをしていても、
今は、ずいぶんと見える景色が変わりました。
新しいこの景色は新鮮で、日々がとても楽しいです。


ふと、過去の記事を読み返しました。

2013年の記事。
私の中にこんなに変化があったけれど、
今なお、一番根っこは変わっていませんでした。

懐かしい記事です、興味のある方は読んでもらえると嬉しいです。

過去の記事
「むかしの、こと」






[PR]
by otomeya | 2016-07-13 23:47 | 日々の戯れ


<< 愛らしく・・・ 失われたものを想って・・・・ >>