愛らしく・・・

ひとつまえに紹介した過去の記事、
今の私の想いと、大きく違うことがひとつあります。

それは、最後の文章。
「険しく、厳しく、その先に優しくなれるように」

と、2013年の私は締めています。

そう、つい最近までのこと、
険しく厳しいことがある前提で、世の中を生きていたのですね。


そして、それらを自己犠牲を伴う解決策をすることが
その頃の私の癖でした。
そうすることで、他者から認められたり、
見返りに何かを得られるような気がしていたような気がします。
それは、とても無意識に思っていたことでした。
今思えば、あさましかったなぁ・・・・と情けなくなります。

今の私が思うこと。

それは、険しく、厳しいことを前提にしません。

越えるべき課題は、その都度、起こりうるけれど、
なるべく大袈裟に感情を動かされないようにしたいと思います。
なるべくまっすぐに見て、その状況を、自分がどう感じているか?
それを素直に感じて、自分らしい選択をしたいと思うようになりました。


そして、いま、目指しているのは

「堂々と、でも愛らしく・・・」

服部みれいさんというかたが、エッセイのあとがきの締めに使われていた言葉ですが、なんて素敵なのかしら!と心にメモしています。

年を重ねるって、いろんな発見があって、とても楽しいですね。

過去の記事。
世界が怖くて仕方なかった頃の私の話が書いてあります。
興味がある方は読んでくださいね。
「むかしの、こと」






[PR]
by otomeya | 2016-07-14 00:01 | 日々の戯れ


<< 本棚 昔話 >>