新鮮優良生花「4ひきのねこ」

大好きなお店紹介。
本日はお花屋さんです。


画家・人形作家の吉田キミコさんから教えてもらった、素敵なお花屋さん、吉祥寺にある新鮮優良生花「4ひきのねこ」。

憧れと尊敬と、・・・・なんだろう、
だめだ、言葉で表せない。
私にとって、なにもかもが特別なお花屋さんです。

なんだろう、あの空気、店主の河田さんの魅力・・・・
世界で一番、好きなお花屋さん。

なにが好き?と問われると、言葉にするのが難しい。

大正通りのあの空気も好きだ。
お花のセレクトや組み方、ラッピングももちろん好き。
硝子越しにたっぷり入る光の輝き、
数えきれないくらいのブーケを受け止めてきただろう、使い込まれたミシン台、
レトロな電話、猫のラベル、お花の香り・・・・

そして、それ以上に、やっぱり、河田さんの魅力でしょうか。

お花のセンス、扱い、お客様への配慮、
すべてなにもかもが、私が今まで出会ってきたお花屋さんとなにもかもが違うのだけれど、
なによりも、お花に触れる手つきが、愛しさに溢れている。
手つきを見ているだけで、この方がいかにお花に敬意と愛を持っているか、
饒舌に伝わってくる。思い出すだけで、泣けてくる。

言葉数多く、語られる店主さんではないのだけど、(私に対しては、かもしれないけれど)
ぽろりと語れる言葉には、ひとつひとつに重みがあって、
訪れるたびに、お花の記憶と香りと、宝物にしたい言葉が増える。

本当に大好きなお花屋さん。


数回しか訪れたことのない「4匹のねこ」さんなのに、
私にはこのお店でいただいた記憶の宝物がたくさん。

記憶の宝物は、どれも選び難いけれど、
アネモネのエピソードは特に好きかしら。

ある日、訪れた「4匹のねこ」さんで、
それはそれは、可愛いアネモネを見つけました。

実は、それまで、私はあまりアネモネに心を惹かれたことがなかった。
だけど、その日、「4匹のねこ」で出会ったアネモネは、
愛しくて愛しくてたまらなくて、
自分の分と、一緒にいた人と、そのあとに会いに行く人の分と、
3つのアネモネブーケを作ってもらいました。

「初めて可愛いと思えるアネモネに出会いました!」とコーフンしている私に、
店主の河田さんは、束ねながら、ぼそっとつぶやいた言葉が、私の宝物。


「最近は、同じ顔をした整ったアネモネが市場で受けているんだよね。
同じ大きさ、同じ色。
それが価値なんだ。
野に咲いている、自由にいろんな顔をしたアネモネにはなかなか出会えない。
僕は、野に咲いているような、こういう自由なアネモネが好きなんだ」

僕っておっしゃったかな?俺だったかな?

曖昧な記憶なのだけど、その日、私がそれまで見てきたアネモネは、商品として画一を目指して作られた美であったことを知る。
そして、「4匹のねこ」さんでは、市場価値ではなく、
河田さんが美しいと思う大きさ、色が自由な、野に咲くアネモネしか並ばないのだ。

嗚呼、たまらない。
そうでなくちゃ!お花屋さん!

その他にも、きっと素敵な秘密はあるのだ。
本当は、もっともっと通いたい。
大阪からでは、なかなか通えないのが、残念でならない。

「4ひきのねこ」の素敵な秘密は、以下の記事でも少しだけ、知ることができます。

「吉祥寺webマガジン:吉祥寺人 : 河田悠三さん(4ひきのねこ オーナー)」

「水と今/吉祥寺にある『4ひきのねこ』という名前の花屋」


official site 新鮮優良生花 4匹のねこ →http://www.yonhikinoneko.com/





[PR]
by otomeya | 2016-10-03 00:34 | お気に入りのお店


<< おすすめ映画 「迷子の音楽会」 >>