自信を持ちたい!

「あの人、自信あるよね」

という言葉を聞いて、どんな印象を持ちますか?

以前の私は、「自信がある人」=「自分の魅力や権力をひけらかすことを、相手の気持ち以上に優先する。
自分の考えがすべて、他の意見を受け入れない人」と感じていました。
だから、「自信がある人」=「傲慢で、他の人の気持ちをわからない無神経な人」と同意義のように感じていました。

自分は、そのような人になりたくない。
自信を持つ事はよくないこと、というイメージが、ありました。

が、あるとき、「自信を持っている素敵な人」に出会い、認識が変わりました。

その人は、自分のすごさを自慢したりしません。
努力していることも、自分から語りません。
相手がどんな立場の人でも、平等に相手を思いやる。

過去の私の認識では、自信のある人の行為の真逆です。

でも、彼女は、ちゃんと自分に自信を持っていました。
やみくもな自信ではなく、自分の長所を把握して、そこに自信を持っているのです。
そして、その長所は、他人と比較していないことに気がついた時は、少し衝撃でした。

うまく伝えられているか心配になってきたので、例えをあげますね。

たとえば、その日のお洋服を褒めてもらったとします。
自分でも、今日はうまくいったな、と思っている。
でも、他の人からほめてもらったときに、なんと返事しますか?

以前の私は、「いえいえ、そんなことありません!」がお決まりの第一声です。
当時は、それが謙遜の美学だと思っていました。
お世辞かもしれない褒め言葉を、そのまま受け止めるなんてはしたない、と考えていたように思います。
あと、もっとよく考えてみたら、無意識ですが、そんなことをうのみにして本気にしたら笑われる、という気持ちが働いていたような気もします。

もっと似合う人は他にいるのだから、と、自分より優れた人を思い出して、せっかく褒めてもらって嬉しく思った気持ちを、どこかで恥じていました。

私の認識が変わる結果になったその人は、
お洋服を褒めると、「そうやろ!気に入ってるねん!」と笑顔で答えます。
「私、こういうの、似合うねん、好きやしな!」っていいます。

それは、他者比べて、ではありません。
「私に似合う」、そのことに自信を持つ、それでいいのです。

曇りない、迷いない、その笑顔は爽快で、こちらもとても嬉しくなりました。
そんな風に、自信を持っていいんや、って。

で、そのあとに、私のことも褒めてくれました。
「あんたも、それ、似合っているやん!」って。

人の長所を見つけて、その人自身も、そうなの!と認めてもらえたときの嬉しさ。
素直なそのやり取りで、自分のいいところを認めてもらえた嬉しさ。

こういう人間関係って、とても素敵だなと思いました。
そして、こんな大人になりたいなと思いました。


でも、どうにも、そんな風に思えない人、いませんか?
それは、昔の私です。
自己評価が低く、マイナス思考にばかり考える。
気が付くと、すべて自分が悪い気がして、自己嫌悪ばかりに陥ってしまう。

私は、あるタイミングで変わりたい!と思ったので、それまで選ばなかった経験をいろいろ挑戦しました。
いろんな本も読みました。
それでも、まだまだ、気が付いていない自分が、まだあったみたいです。

先日も、大好きな書店で見つけた本で、今の自分にまさに必要な本に出会いました。
そう、その本のことを紹介したくて、この記事を書き始めたのですが、
そろそろ出かける時間です、ごめんなさい。続きは、また今度。

明日は乙女屋店舗9周年です。
多くの皆様のご理解とご協力のおかげです。
ありがとうございました。

自信を持って、お店を持てるようになりたいです。
そのためには、あともうひといき・・・必要かな。

自信にまつわる、少し前に書いた記事。

「自信とは?」

よかったら、読んでくださいね。








[PR]
by otomeya | 2016-10-31 12:14 | 天使のお仕事


<< 「哲学に出会う」 本 >>