春を想う

e0037611_00501626.jpg
ミモザ、スミレの季節がやってきました。
まだまだ寒いですが、心は春を想います。

今年になってから、思いがけぬ出会いがいくつかありました。
やっと、いろんなことが、繋がりそうな予感がします。

もうね、無理はしなくていいんやなー。
と、肩の荷を下ろせる瞬間が増えました。

長年の考えの方の癖、は、なかなか抜けません。
もう、その次元は過ぎたはずなのに、気が付いたら、また荷物を背負っていることもあります。

気が付いたら、ああ、また癖が出たね、もういいんだよ、
って自分を慰めるようにしています。

考えることの内容がずいぶんと変わって、まだうまく言葉にできない。
言葉にする必要も、もうわざわざないような気持ちもしています。

乙女屋を10年やってきて見えたものは、予想以上に豊かで美しかった。
きっと、これからの10年で、さらに豊かで美しい世界に出会うことができる予感がします。
そのためにやるべきことも、わかっている。
それは、なんて幸せなことでしょうか。



自由なんやなー。
好きにしていいんやなー。

心からそう思えたら、

なんで縛られていたのかな?
なんでそんなこと、悩んでいたのかな?

それは、その時は必要だったんだね。


で、いまこれからのために、喜びを持って小さなひとつひとつを片付けていきましょう。


明日の為に、みなさま、おやすみなさい。



[PR]
by otomeya | 2017-01-26 01:00 | 日々の戯れ


<< 久々の通販更新で感謝したこと 読書会 >>