人気ブログランキング |

もう寝たいのに・・・

とんでもない時間ですが、どうしても書いておきたくて。

"追憶”展のために出店作家さんに簡単なインタビューをしました。

ぞくぞくと届いた回答を見て、すでに何度も泣きそうになりました。

なんて素敵な作家さんたちの作品をお預かりできているのでしょう!
作品の素晴らしさはもちろんですが、作品へスタンスが同等に素晴らしい!
だからこその作品なんだなー、と、とても納得。
あー、もう、本当に素敵。本当に嬉しい!本当に大好き!

とうるうるしながら、回答を送ってくださった順番に、記事を紹介するようにブログ作業をしています。

作家さんの作品の世界観が伝わるように。
インタビューの統一感がでるように工夫したり、読みやすさを考えたり。


結構時間がかかりますが、作業をしていてつくづく思いました。


「そうやん、私、こういうことがしたかったんやん!」


自分も頑張ろうって思えるような素敵な人やモノの出会って、
(というかモノの先には、必ず素敵な人がいる!)、
その時の”なんて素敵なの!こんなに素敵なのよ!みんなに知ってほしい!”っていう気持ちが出発点だった。


そして私は、”言葉の力”を、とても信頼しているので、
画像はあくまで伝えるための手段のひとつであって、
できれば”言葉”で、表現したかった。

だから、たった一人の人へのお手紙がいつまでも好きだし、
だけど、宛てる人がないようなお手紙も好きで、それがたぶん、このブログに繋がっている。


しかし、なぜ、私は、このことを忘れていたの? を、考えてみた。


それは、時代の流れの中で刺激されてのことだな、と結論づけてみた。


今の乙女屋が分類されるような小売店の主流は、
ネットショップだったらインスタがいいと言われている。
特にファッション系は、文章の説明を読むのが面倒ならしい。(お客様談)

画像で雰囲気が伝わって、
ああ、これに触れてみたい、
と思わせるような画像を撮ることが大事みたい。
こういう写真を自分も撮りたい、も含まれるかもしれない。

新しいweshopも、それを活かす必要があると感じている。
画像がまず最初にたくさん並ぶでしょう?
画像の下に説明がつけられないでしょう?
それってことは、つまり、画像で質感、雰囲気、サイズ感、必要な事項が伝わるように工夫する必要があるってこと。
意識しながら、いろいろやってみているところです。

お客様あっての小売店だから、(私にはインスタよりは向いているみたいだし、いまのところ、とても楽しいし!)
それはそれでいいのだけど、それはそれ、と思ってやっていこう。


それはそれだけど、
私にとっての”たいせつなほんとう”は、そこではない。

そこってなに?

画像で雰囲気いいように撮影して、どんどん物が売れて、収入アップ!が目的じゃない。


じゃあなに?


うーん、まだうまく言葉で言えないけど、
作家さんとお互いによい刺激がしあえて、それぞれが、自分を頑張ろうって思えたり
お客様にも、それを一緒にシェアしてもらえるような環境、かな。

うーん、私の言葉は、まだちょっと心の中にあるものより軽薄な感じがするけど、
今のところでいうなら、そんな感じ。


若松英輔氏がおっしゃったのね。

「自分が書いた文章が、ぺらぺらだなって思っても、落ち込まなくていい。
それで表せなていないものが、自分の心の中にあるってことに気が付けたってことだから。
文章に書けたことより、書けなかったその心の中にあるものの存在に気が付けたことが大事だよ」

っていうような意味のことを。


うん、乙女屋だって、きっとそーだ。


まだまだだけど、まだまだって思えるってことは、
実現したいと思うものが、まだ心の中に潜んでいるってことなんだ。


焦らないで、ちょっとずつ、進んでいこう。





明日の為に、おやすみなさい。








by otomeya | 2017-08-10 02:40 | 日々の戯れ


<< 明日へ otomeya exhibit... >>