人気ブログランキング |

「花を持って歩く」

数年前の事。


とあるお花屋さんでちょっと贅沢なブーケを自分の為に作ってもらった。


「大阪まで帰るので、手提げにいれてもらえますか?」


と、お願いした。


すると、店主さんはおっしゃった。


「ブーケはね、抱えて帰るのが一番美しいんだ。

今日、着ているお洋服に似合うように作ってあるから、抱えて帰ってください。

その時間も、ブーケを買った人だけが感じられる貴重なものだよ」


って。



その日から、私は他店でも、自分のお花じゃないときにも、お花は袋にいれてもらわない。

乙女屋の「WABARA」の日にも、そうやって言えるようなブーケを作れるようになりたいです。


WABARAを抱えて、嬉しそうに微笑んだ女たちが、乙女屋からどんどんそれぞれの場所に足取り返っていく。


想像しただけで、幸せ!!!!





by otomeya | 2017-10-18 23:37 | 花の記憶


<< 見えてきたもの 雨の日 >>