人気ブログランキング |

最終日の夜

e0037611_23420417.jpg

乙女屋10th anniversaryは、本当に本当に奇跡みたいでした。
搬入の日、私は生まれて初めて、一人じゃなかった。

搬入は今まで、大体一人でいつも終電まで準備をしていた。

乙女屋を、私は一人で守るものだと思っていたから、家具を選ぶ時の基準は、
私が一人で動かすことができるもの、というのが絶対条件だった。
誰かに頼ることなく、自分一人で守れなければ、
誰かが私を見捨てたら、乙女屋がなくなってしまう。

そんなことは許されない。

乙女屋は、小さいけれど、たったひとつ、永遠を夢見るための場所だった。

失うものはなにもない。
大丈夫。
枯れてしまっても、私は愛している。
誰もわかってくれなくても、私だけは、あなたが大切よ。

そんな場所でありたかったから。


今回、搬入の日から、私は一人じゃなくて、
届く作品という作品は、すべて乙女屋の為に特別に送ってくれたオーラを放っていた。

来てくださったお客様も、本当に素敵な人ばかりでした。

ゆっくりお話しする間もなく、私は抽選販売の事務作業や、こまごました処理に追われていて、
丁寧なあいさつもできず、失礼がたくさんあったかと思います。

でも、本当にたくさんの想いを受け取って、感謝しています。



e0037611_23523131.jpg
いただいたお花と、お人形。

ヨイマチグサオマージュのイメージだったそのスペースに、このお人形がお祝いで届いた時、
なんだか、すごく不思議な気がしました。

それは何故って、理由はあるけど、それをここで話す必要はまったくなくて、
でも、なにか、ふしぎなご縁みたいなものを、信じていけるって幸せだなーっていう感じ。

e0037611_23525169.jpg
とにかくとにかく、このお人形の可愛いことといったら!

こういうのが、たくさんあるお店になれたらいいなーって思うけれど、
これは、贈り物でいただいたものだから、販売できないのでねー。


うん、頑張ります。


本当にみなさま、10年間、ありがとうございました。

そして、これからも、よろしくお願いいたします。







by otomeya | 2017-11-06 23:55 | 日々の戯れ


<< 準備中。 10周年 >>