見直す日々。

e0037611_15195561.jpg
(2017年11月12日の乙女屋店内)

ここ数年、自分のライフスタイル、持ち物の見直しをずっと続けています。

持ち物を見直していると、当時の気持ちや出来事が蘇ります。

作業そのものよりも、その心の動きによる自分の気持ちが、とても疲れます。

大体の出来事は、今となればよい想い出です。
だから、私にとって、思い出すこと自体が辛い訳ではありません。

それを手放すことは、新しい旅立ちになることもある。
手放した今この先は、経験したことがない世界に繋がっているわけで、そのことを恐れたりもする。

それでも、少しずつ、進んでいかなくちゃいけない。

世の中の無常が、まだまだ私は怖い。
その残酷さが、逆に優しくある場合もあれば、それこそが、美しくもあったりする。
わかっていても、やっぱり怖い。

大丈夫、大丈夫、少しずつ、痛くないようにでいいから、少しずつ、進んでいこう。


そんな気持ちで、いるしかないね。


自分のことも、他人のことも、これじゃだめ、なんて責めなくていい。







[PR]
by otomeya | 2018-06-21 15:30 | 日々の戯れ


<< WABARAの日(2018年6月) 乙女の束ね会 >>