思い出した―

偉そうに言ってて、自分のことを棚上げしている面があるよね、私。

先の記事のやり取りしていた人からの返信をいただいて。

そうやねん、私、すっごくお手紙大好きで。

お手紙を書くのを仕事にできたらいいのにーくらいに思っていたことがあって、それで通販っていう仕事は、そういうことにすごく直結していたんですね、私の中で。

やみくもに友達探すつもりないし、密着したい気持ちもないけど、日常をともにしないからこそ、ちょっと話せる本音みたいなものって、あるように思っていて、だから、webshopの乙女屋をやってたんやんなぁ~!

最近は、それがツイッターになっているのかな、と思った、今でした。

そうそう、お手紙屋さんっていう本もありましたねぇ。なんていうふわっとした余談でした。

忘れないように、自分の為に、書き記しました。



[PR]
by otomeya | 2018-07-07 18:01 | 日々の戯れ


<< 「小さなリンジー」 小売店として考えたこと >>