信じる

「ここでライブしたいな~」


と、乙女屋の白い壁を愛しそうに眺めながら、その人はつぶやいた。


え?!?!
ここで?!

「同じくらいの小さなお店でやったこともあるんです。
広いところや設備のよいところではなくて、心地よいなと感じる場所で歌いたい」

と、躊躇がない。

その迷いのなさに、この場所への敬意を感じて、泣きそうに嬉しかった。


その人のことは、ツイッターで見ていただけだった。
大森靖子ちゃんの新譜発売のときに、その人と同じアーティストが好きだとわかって嬉しかった。
その人が、ある日、乙女屋へやってきてくれた。
私が勝手に描いていたイメージとはかけ離れたけれど、礼儀正しくて丁寧な人で、だけど屈託がなかった。
私の年齢と立場で言うのは少しおかしいのだけれど、”可愛らしい人だな”と思った。
なんだか、わりと衝撃的だった。(どのような衝撃だったのか、うまくいえない)

初めてお会いしたのだけれど、いろんな話をした。
一番印象的だったのは、

「水脈ってあると思う。
すごくわずかなだけど、辿っていたら、本当に自分に必要なものに繋がっていくようなもの。」

と、という内容だった。
”水脈”という表現に、ぐっときた。
切実なくらいに適切だと思った。
私は、その水脈を信じたいと思った。


その人、とは、作家でシンガーソングライターの相澤歩さん。
私がその人について知っているのは、本当に上記の程度。
だけど、相澤さんの歌を、乙女屋で聴いてみたいと思ったので、11月のイベントをお願いしました。

着席できるお客様の数は5名程度だと思います。
立ち見でもいい、というかたがいらしてくれたら、もう少し大丈夫かな。


とてもとても、楽しみです。


ご都合がつく方は、ぜひいらしてください。

(文章中の会話は記憶を頼りに概要を編集しました。細かく異なる部分があります。相澤さん、勝手に書いてごめんなさい)

e0037611_12161713.jpg

[PR]
by otomeya | 2018-09-21 12:18 | 日々の戯れ


<< WABARAの日(2018年9月) やりきる。 >>