人気ブログランキング |

神戸

e0037611_08530775.jpeg
神戸で1週間、イベントのお手伝いをしています。

旧居留地付近を歩くと、パリにいるような錯覚を感じる。美しい街って尊い。
青春の頃、憧れてよく歩いた。
お金がなくて、お茶も出来なかったけど、街並みを眺めてあるくだけで、幸せな気持ちだった。




ひさびさに神戸に来たので、いろんなお店を見てみる。
値段に対して、どれくらいのクオリティのものが提示されているか、自分が受けて快適な接客の間合いは?内容は??といたいリサーチも兼ねて。
わたしの文章を褒めてくれる人がいて、とても嬉しいけれど、アーティスト気分に自惚れたくないと思う。

わたしは小売店として、販売員として、良い仕事をしたいという意識にこだわりがあるみたい。

前に、先輩に、"士農工商、だよ。なんとおだてられても、浮かれるとだめだよ。立場をわきまえて。それでもやりたいなら、命懸けで、自分らしく"、と言ってもらった。それをいつも肝に命じている。

同時に、販売は、ただものを右から左に動かすだけじゃないと思っている。価値観が多様で物と情報が溢れ、あらゆるマーケティングの罠があるいま、自分らしく、自分に必要なものを選んだり見つけたりすることは難しい。

私自身は、カウンセリングより、販売員の人に助けられた。自分では選ばなかったけど、すすめてもらううちに挑戦したくなり、(服の場合)、試着して、今の自分を見つめなおせたり、(インテリアの場合)、自分の大事にしたいことを確認でき、そこで毎日過ごすことは、自分だけの人生をていねいに愛おしむことができた。

自分にとってなにが大切か、見つけることができた。

販売実績のスゴ腕は、目指してない。


誰かを幸せにしたい、
でも、それも奢り。
あらゆる人は、自分自身でしか幸せになれない。
でもせめて、幸せになろうとする人、自分になろうとする人に、必要な情報と空間を、提供したいとおもう。



by otomeya | 2018-11-30 08:52 | 小売店として


<< WABARAの日(2018年11月) 2018/11/21 >>