人気ブログランキング |

濃密な時間

e0037611_21061935.jpeg

大阪の街角にある小さな空間は、看板がない。
いつあいているのかの告知も、ほぼない。

ガラス越しに店内は見える。
通り過ぎる子供が、そっと覗いて、なにかを話して、店には入らず、駆けて行った。

偶然通りかかったひとは、山吉先生の名前は知っていたけれど、作品を見るのは初めてで、ここが大阪だなんて、夢みたいだと言った。

いつもいらしてくださる方々、でも、居合わせた人同士は面識ないけれど、なんだか話が盛り上がったり。

blogを見て来ました、というかたに美術のことを伺って、お人形の話で意気投合したり。

いつもいらした方が、え??まさか、その作品を??と、驚くような選択をされたり。

行けなくて残念です、と、メッセージが届いたり。


すべてはお人形が呼んでくれる、不思議な時間。
なんの店かわからない不思議な場所に、代わる代わる、年齢も、性別もいろんな人が訪れてくれる。

誰一人として似ていない、自分らしい人ばかり。

だけど、深ーいところで、きっと小さく壊れやすいくせに、すっごく硬くてするどいなにかが、すごく似ているんだろうなぁ。

そのなにかは、もしかしたら、似てないかも。
でも、それぞれのそのなにか、を、それぞれが孤独を研ぎながら、大事にしているんだとおもう。

そこが、似てるのかな。

群れるの嫌いな私だし、その人たちも、聞くまでもなく、嫌いっぽい。
そこは、似てそうだ。



お人形たち、生み出してくれた先生、乙女屋に束の間、集まることを許してくれてありがとう。

そして、それを必要としてくれるみなさまにも、ありがとう。


e0037611_21280272.jpeg
山吉由利子 作 「アリス」



by otomeya | 2018-12-16 21:05 | お人形考


<< 浮かぶ 雑感 その2 >>