人気ブログランキング |

12月

e0037611_19381347.jpeg
(山吉由利子 「少年」 / 「アリス」)

今年の12月の展示、半分過ぎました。

いつもお世話になっているかた、
初めていらしてくださったかた、
双方、嬉しいご縁に恵まれ、濃厚な時間を過ごしています。


2年前の個展では、先生が作られた空間があまりに衝撃で、余計なものを加えたくなくて、無音で展示をしました。

ちょうど、近所の建物が解体されていて、破壊される瓦礫の音が唯一が響いてくる。
その破壊音を聴きながら、ずっとお人形たちと向き合い、お人形に会いに来た方々と語らった。

そのときの破壊音は、とても心地よかった。
わかっているつもりになっていた自分の浅はかさが崩された音のようだったから。



それから2年が経て、今。

私なりの研ぎ方が、掴めそうな予感がしています。



12/17 のツイート。


山吉由利子 個展 


「記憶のかけら」


人形たちが静かに在る空間。


過不足ないシンプルな在り方。


生きてるみたい、とか、なんかニンゲンに近い方が価値あるみたいで、褒め言葉に思えない。きちんと人形である、その存在感が圧倒的なときにぐっとくる。


e0037611_19475622.jpeg


ご都合つくかたは、ぜひ、ご来場ください。







by otomeya | 2018-12-18 19:37 | お人形考


<< 繋がる いつか >>