人気ブログランキング |

合理的

ひとつ前の日記を自分で読み返す。

すると、また、別の箇所にひっかかる。

今度は、「合理的」という言葉。

ひとつまえの記事で引用した「合理的にモノを買って遊ぶ」という箇所。

わたしは1970年代終わりの生まれで、身の回りの物が手作りから合理的なよくできた物に変化していき、より高級なものへの欲望が煽動され、子供の遊びにゲームが浸透していく過渡期の世代に育ち、インターネットは大学時代以降に触れた。

合理化は絶対的な正義で、社会全体がなんや小さな不平を言いつつ、その道を歩んでいたんだな、と、今、俯瞰して思う。

手作りが、身の回りの当たり前だった時代が、私がいきている間にもまだあったのに、いまは"ハンドメイド"というカテゴリーになり、販売のためのイベントがビッグビジネスになり、ワイドショーで簡単に稼げる扱いで紹介され、一部で物議が起こる。

資本主義の合理化から生まれた社会現象の現れだと思う。


一度だけ、とあるその種のイベントに、良い作家との出会いがあれば、と思って出掛けた。
前向きに見つけにいきたかったが、まるでだめだった。

理由が、今になってわかる。

その種のイベントの成功法則が、あるように思った。
群がるブース、目を惹くブースがあった。
しかし、合理化に媚びているその成功は、私が作品に求めるものと真逆だった。

一方で、埋もれているブースが良いかというとそれも違う。閑散としているブースの奥で、悲壮感を漂わす作家と思われる人。同情する気持ちが先にたち、作品に目がいかない。

そこだけがステージじゃない。
生産力溢れる現代で、あえて物を作ることは、非合理の極みなんだから、中途半端じゃなく、徹底的に自分で切り開く表現活動をしたいじゃないか!


批判したいんじゃない。
というか、批判はすべて、じゃあ、自分はとうなんだ?と返ってくる。
乙女屋だって同じ。

非合理な存在な店だから、でしかできないことを見つける。
そのためにもがいてる。
だから、落ち込むな、自分。
がんばるろうよ、共感してくれたあなた。

そう思って書いた



by otomeya | 2019-01-20 11:53 | 2019


<< 2019/01/20 雨の日曜日に徒然と。 >>