人気ブログランキング |

学び

「ぬいぐるみ専門店の店主さんに教えてもらったのだけど、ぬいぐるみは、手に持ったときの感触と重さが大事なんだって。

手触りも大事なんだけど、特に重さ。

水の入った花瓶のような重さなのか?

それとも、生命を感じる重さなのか?

それが、大事なんだって。」

と、ある方が教えてくれました。


「手にとってみてください。」、と、私たちも接客することがある。

「わぁ、見た目より、重い!」
とか、
「くたくたしてるんですねー」
とか、ぬいぐるみにより、感想はさまざまだし、手に取る人の感じ方もそれぞれで、接客はいつも楽しい。

だけど、その重さが、どのような種類のものなのかな?

と、考えたことがなかったことに気づく。


重ければいいってものじゃないはずだし、
手触りや存在の空気感、世界観も伴っての調和が感性なんだろうな。


乙女屋にいる子、自分のうちの子たちを、
改めて手にとってみては、新たな視点で存在に向き合っています。


e0037611_14235998.jpeg




by otomeya | 2019-06-30 14:13 | ベアとわたし。


<< 羽のように軽かったなら・・・・。 美しい女 >>