人気ブログランキング |

・・・更新お知らせ・・・

e0037611_1602312.jpgHPのオーナールームを更新しました。

HP 乙女屋

たいした内容じゃないんですけど・・・・。

画像のアリスグッズ、
まだまだ残っていますので、
どんどんお問い合わせくださいませ☆

それにしても、新商品がまったくご無沙汰で、
楽しみにしてくださっている方、
本当にごめんなさい。

お世話になっている国内問屋さんには、
時々、顔を出してはいますが、
ピンとくるものがありません。


海外で買い付けをお願いしている方には、
「ここのところユーロが高いし・・・」と、二言目には言われます。
残念なことです。
となれば、例のアレしかないものの、
またこれが、サボっているんですね~・・・・私。
本ばっかり、読んでちゃ、ダメなんですけどね。

でもね、でもね、昨日は、久しぶりに、先が気になって眠れない本と出会ったのです。
野溝七生子さんの  「山梔」   です。

少女領域 で読んでから、ずっと、いつか読むぞ!と思っていたのだけれど、
「文庫で1600円・・・・」(嘆)
という、俗な理由から、ずっと読めないでいたのです。

で、昨日、一日かかって、読破しました。

どこが、どう素敵なのか。
月並みな言葉じゃなくて、自分の感想としてまとめたくて、
昨日の夜三時に読み終えて、だるだるで、午後近くにおきてから、
ひそかにアタマを悩ませています。
語彙能力の衰えを感じるので、次の本も、すでに100ページくらい読み進めつつ、
それも、私の中では研究課題となる女性の本なので、野溝さんの感想の整理にもなるかな~・・・。
なんて、思いつつ、読んでは、ぼ~~っと、言葉を探しています。

でも、いろいろな角度からスポットがあてられている「乙女」という性質。
山梔は、決してはずせない作品だと思いました。

私としては、山梔屋根裏の二処女の比較後、
甘い蜜の部屋を踏まえて、
鈴木いづみセカンド・コレクション〈3〉 エッセイ集(1) 恋愛嘘ごっことリンクできたら、
高原英理と、違った現代少女、乙女論ができるかな~

なんてえらそうに思っているのですが、どうでしょう??

ちなみに、野溝さんの作品に詳しい方に教えていただいたところによると、

女獣心理 が、これまた、名作とのこと。

課題にしている、あと3冊を読み終えたら、こちらに挑もうと思っています。
皆様もお勧めあったら、教えてくださいね♪
by otomeya | 2006-08-25 16:01 | 日々の戯れ


<< ・・・感謝・・・ ・・・私の好きな場所・・・ >>