人気ブログランキング |

原点にもどる?

クリスマスイベントの為のコンセプトをフライヤー用に一刻を急いでまとめないといけない。

手短に、誰もがわかりやすくて、
でも、うまく言葉に出来ないものを想像してもらえるような
心地よい空白があるような文章を書きたいと思うのだけど、
これがなかなか難しい。


追い詰められて、パートナーに泣き言のメール。

昔のブログの記事でいいのがあったじゃない?
あれを読み返してみれば?とアドバイス。

ブログは毎日更新するから、ずいぶん前にいってたけど、
追い詰められているので、根気よくもどる。

珍しく褒めてもらえた記事だから、
こちらにも保存しておこうかと思いました。


以下、今年の6月に思っていたことの再録です。

*


よく言われることなのですが、
何屋さんですか?って聞かれます。
正直、私もわかりません(笑)。

でも、なんでもあっていいお店って思ったら、雑貨屋さんなのかなぁ。
と思って、なんとなく、雑貨屋、といってみたりします。

本当に思っているのは、自称ですが、「お人形遊び屋」さん。です。

かわいいお人形が、もちろん大好きなのだけど、
お人形屋さんっていったら、
たくさんのお人形をいろんなテイストでたくさん揃えて、
ひとつでも良縁をご紹介することが何よりの使命でしょう。
お人形がほしいな、って思ったら、
たくさんの種類を見て、そこから選べたほうがいいに決まっています。

だけど、そういうお店はすでに老舗の大きなところがやっているので、
私が今さら始める必要はないと思います。
始めたところで、叶うわけがありません。

私が思い描くお人形遊び屋さんは、
そりゃ、たくさんの種類がいたほうがいいに決まっているのだけれど、
まずは、お人形に興味がない人でも来て下さって、
なんとなく、身近にお人形を感じてほしいな。という想いがあります。
そして、お人形だけを売っていたら、
お人形をたくさん買う方としか仲良くなれませんが、
はっきり言って、私自身がどれくらいのお人形を買っているかというと、
そんなにたくさんお迎えできる身分ではありません。

だけど、無理して買った子を、もっと可愛く飾ってあげられないかな、
とか、その子の周りにお花を飾りたいな、とか、
その子を飾った自分のお部屋に、お友達を呼んでみたいな、
そのときに出すお手紙のレターセットは?とか、
そんなことも含めて、お人形をもっと身近に感じて、
ささやかなものでも可愛いな、って思うものを身近に感じてもらえるような
そんな幸せを、共有できないかしら、という想いからやっています。

そして、ここからはある意味、傲慢なのかもしれないけれど、
お人形って、ほしい!と思って探すものではないと思うのです。
気になるなぁ、いいご縁がないかなぁ。と思って
お人形のいる場所なんかに出入りしていて、
ある日、ふっと、目があってしまった!!
そんな余裕、あるわけないのに・・・・と冷静に考えたらわかっているのに、
どうしても忘れられない!
それくらいほれ込んで初めて、自分のものにできる
モノであってモノでない存在だと思っています。

だから、私は、数はとても少ないかもしれないけれど、
本当に私自身が愛してやまないお人形と、
お人形以外の作品、雑貨、お洋服でも、
すべて愛してやまないものだけをお店においています。

だから、無理な接客は絶対にしません。
無理に進めなくても、絶対に、
逆に、どうしてもほしい!って、無理やりにでも買ってくださるぐらい、それを愛してくださる方が
いつか現れるって、信じて、小さなお店で、
ぼんやりしている毎日です。

現にとある作家のオブジェが入荷して3日目、
とても感性の近い方がお店に来て下さって、
作品を買ってくださいました。
その方に、私は延々とその作品を私がいかに愛しているかを話していたので、
「あの・・・売っていただくことは可能でしょうか?」
とホンキで、問われました(笑)
そんな、店です。
めったにないヘンなお店だと思います。

そんなわけで、スタンスとしては
「お人形遊び屋」
広義な意味でのお人形遊びのためのお店です。

と理解していただければ幸いです。

でも、別に、理解してもらえなくても、大丈夫です(笑)。

あなたのこころに、ひとつでも、可愛いな、って思ってもらえたら、
私は別に何やでも構わないと思っています。
by otomeya | 2008-09-25 23:10 | 日々の戯れ


<< 至極の美の個展から 最近読んだ本のことなど。 >>