人気ブログランキング |

羽のように軽かったなら・・・・。

e0037611_21280272.jpeg
(2018年12月山吉由利子個展@乙女屋)


ひとつ前の記事(https://otomeyanet.exblog.jp/28434725/)で、ぬいぐるみは重さが大事というお話をしました。

そのお話を聞いた後、一人になって私が思い出したのは、山吉先生のこのお人形のことでした。

人形においても、生命力を感じる重さ、というものはあるのでしょうか?


主観になりますが、乙女屋が憧れる人形は、toy(玩具)としての人形と別の存在です。
人の手により作られているけれど、どこか現実の存在と思えないようなところがあるもの。
生きているみたいに精巧に作られていても魅力を感じない。
(山本福松さんだけはべつだけれど)、そういうものに惹かれます。

人形は物だから、触れることができるし、人間の思い通りに動かすことができる。
箱に入れて長い間封印することもできる。
”私の人形は良い人形”という蜜月を過ごすことはできても、どこか、現実のものではないように私は感じる。


そんな「私のよい人形」の重さはどうだろうか?


そう、昨年の12月、会期の途中から、私は山吉先生のアリスに恋をしていた。
たった10日間だけの幻の人形展で、幸福なことに私はずっと人形たちを守らせてもらった。
その空間で過ごす時間が長くなると、日常生活での感覚が遠のいていくように感じる。
普段、共に生きている人間との距離感がわからなくなり、人形たちの世界に近寄っていきたくなる。

そんな濃密な時間の中、何度も心臓が止まりそうになりながら、
(結果、本当に病院通いとなったという笑えない話まであるのです)、
何度も何度も、アリスの眼差しを追い、アリスの前に膝まづいた。

ある時まで私はアリスに触れたことが無かった。
そして、ある時、もし、この子が、羽根のように軽かったらどうしよう、と考えたら、動悸が止まらなくなった。

そう、私は人形は、羽根のように軽やかであったなら、たまらないのだ。


ああどうしよう、羽根のように軽かったなら・・・・
毎日一緒にいるけれど、私はやっぱり、アリスを抱き上げないで、向き合っていた。
私にはその日々が、苦しくなるくらいにときめいて、どんな日々よりも贅沢だった。

そしてある日・・・・
アリスを迎えに来てくれた人がいた。

それがとても嬉しかった。
アリスは私にとって、憧れで一緒に暮らすのは、ちょっと緊張してしまうから。

だけど、自分の店にある人形でさえ、触れることもできないくらいに愛しくて苦しかった時間は幸せだった。

うん、ただ、それだけのお話でした。



私は、こういう人形幻想を繰り返し思い出すのが、大好きです。





# by otomeya | 2019-07-03 20:21 | お人形考

学び

「ぬいぐるみ専門店の店主さんに教えてもらったのだけど、ぬいぐるみは、手に持ったときの感触と重さが大事なんだって。

手触りも大事なんだけど、特に重さ。

水の入った花瓶のような重さなのか?

それとも、生命を感じる重さなのか?

それが、大事なんだって。」

と、ある方が教えてくれました。


「手にとってみてください。」、と、私たちも接客することがある。

「わぁ、見た目より、重い!」
とか、
「くたくたしてるんですねー」
とか、ぬいぐるみにより、感想はさまざまだし、手に取る人の感じ方もそれぞれで、接客はいつも楽しい。

だけど、その重さが、どのような種類のものなのかな?

と、考えたことがなかったことに気づく。


重ければいいってものじゃないはずだし、
手触りや存在の空気感、世界観も伴っての調和が感性なんだろうな。


乙女屋にいる子、自分のうちの子たちを、
改めて手にとってみては、新たな視点で存在に向き合っています。


e0037611_14235998.jpeg




# by otomeya | 2019-06-30 14:13 | ベアとわたし。

美しい女


e0037611_11071139.jpg


気晴らしに本屋さんに立ち寄り、ふと手にした本。
ぱらぱらとめくるうち、この写真に一目惚れをして、購入を決めました。

e0037611_11074781.jpg
e0037611_11092290.jpg

e0037611_11094208.jpg

エッセイも共感出来るもの、こうありたいな、ってうっとりするような内容ですが、
アンナさんのこの美しさに、ついついやっぱり目を奪われます。

「花のような笑顔」という表現がありますが、美しく年を重ねた女性の美しさって、存在そのものが花だなぁと思います。

e0037611_11090055.jpg

明るく、穏やかに、自由に、軽やかに。

自分らしく、楽しく暮らしたいなぁって。

何度も繰り返し、ページを開きます。



# by otomeya | 2019-06-28 11:15 | 美しい女

うさぎ写真

e0037611_13293442.jpeg

e0037611_13294874.jpeg

e0037611_13302236.jpeg

e0037611_13303964.jpeg
(輸送の練習をする。動かないで!)

避難訓練のようでもある。

e0037611_13315481.jpeg
一触触発!

e0037611_13323307.jpeg

e0037611_13325538.jpeg
たくさんいました。

e0037611_13332423.jpeg
みんな、新しいおうちが見つかりました。

ありがとうございました!



# by otomeya | 2019-06-24 13:29 | 日々の戯れ

WABARAの日

e0037611_07384217.jpeg
つむぎ〜ひらり
まだ名前のない赤い薔薇

e0037611_07403797.jpeg
あかり
紫水
e0037611_07390991.jpeg
あかり

e0037611_07420022.jpeg
つむぎ〜ひらり
いおり
てまり

e0037611_07392155.jpeg
ひより

計10種の和ばらをご紹介しました。


和ばらに出会ってもうすぐ2年。



# by otomeya | 2019-06-23 07:38 | 和ばら

つれづれ

体調不良がやっと快方へ向かい始めました!

じめじめしていて自分でも嫌だった気持ちが、からりとしたお天気みたいに明るく軽やかになる。

2013年からこの時期の恒例イベントであるFANTANIMA! IN KANSAI、無事に始まりました。
年々の盛り上がりは衰えを知らず、昨年を上回る盛況ぶりです。

扱う作品数が多いため、作業分担の必要があり、ほとんどの接客は、作家であり、人としても人気が高い大西けいさんが担当してくれています。

加えて、今年は、作家の横道佑器くんもかなり店に立ってくれたり、搬入や初日前のお手伝いを頼まないところまで気がついてサポートしてくれました。

お客様たちからのたくさんのサポートもあり、作品を通じて、いろんな人が交わり、刺激しあい、それぞれの中で反応があり、世界が新しく広がる感覚を実感します。

少なくともわたしは、そう、感じています。


人は嘘をつく。
悪意がない場合も、自分が嫌われたくないから表面的に繕ったり、自分が気に入られたいために、すこし誇張してみたり、自信がないから、常識的なことに違和感を持ちながらも、その通りに振舞ってみたり。

それは仕方がないことでもあり、必要な場面もあると思う。
でも、わたしにとって、作品は嘘をつかないと感じる。

技巧的に優れていても、どんなに売れていても、どんなに作者が取り繕っても、作品から感じるものに、裏切られたことはない。

理由が説明できない、そんなはずじゃなかった、でもどうしても惹かれる、という作品の周囲には、作者、その周囲にいる人、が必ず、そのあとの私に大きな存在となる。

そのことを、今回も実感しました。
それにより、自分が見つめるものが、かなりクリアに見えたんじゃないかな。と。

やっと本流の改革に取り組めそうです。

来年の今頃には整ってるといいなぁ、というわけで、みなさまも、まずはご健康を大切に!




# by otomeya | 2019-05-22 13:20 | 2019

体調不良に思うこと

いつからだったか、とても体調が悪い。
そろそろ体にガタが来るお年頃なので、仕方がないのだけれど、展示が終わってがっくり来ました。

体力がないと、いくら気力や気持ちがあっても、なんにもどうにもならないと年々痛感しますね。
連絡がおろそかになっていたり、多方面でご迷惑をおかけしており、申し訳ありません。

そもそも、私が思い描いていたのは、本当にささやかなありふれた幸せであったはずなんです。
なのに、どうして、こんなにも必死でこんなにも努力して、それでも至らないと怒られてばかりいるんだろう。

それが私が悪いのだとしても、どうしてせめて世間くらいだったり、周囲の誰か位、やわらかく微笑んで幸せでいることができないのだろう。
野良猫でさえ、劣悪環境に加え、いろんな意地悪をされて生きねばならない、この世の中に、何の希望を見出せというのか。

咲いている花が綺麗だろう、
吹く風は心地よいだろう、
空は青いし、海は広い、というけれど、それらがいつまでそういられるのか。そう長くないんじゃない?
今、目の前に写っていないだけで、繋がっているどこかの海は、あらゆる汚染を受けているというのに。

こんなにもひどく憂鬱で劣悪な世界を見渡して、さらに目の前にいる人の自分と異なるところにケチをつけていやな気分になるなんてばかばかしい。

いま、私はあんまり未来に希望が持てないけれど、せっかく生きているのだから、自分ができることで誰かを笑顔にできたら嬉しいし、その笑顔の時間を共有できるなら、その瞬間だけを感謝していきたいと思う、本当にそれだけを思っている。

だから、それ以上のくだらないことも、それ以下のくだらないことにも、惑わされたくない。
だって、それ以上を望んでも私にそれを解決できるほどの力はなくて、それ以下のことに振り回されて大事な人をおざなりにしてしまうのは、もうやめたの。自分に必要がない人のご機嫌を取っているうちに、自分がぼろぼろになって、大事な人を失ってた。
同じ過ちは、もうやめよう。
どちらにしても体調を戻して、まずは、遅れている業務をひとつずつ、ひとつずつ、こなしていきます。

今年ももう5月も真ん中で、あーあ、もうどうしようもないなと苦笑いするけれど、楽しみにしてくれる人がいることと、笑いあえて助け合える心許せる仲間と呼べる人が、いつしか数名いるなんて、それはやっぱり幸せなんだな。

っていう気分でした。

大事な人にも、お便りできない今のライフスタイル、来年までには改善するぞ!心に誓って、とりあえず、これを見てくれていると信じて、ごめんね、待っててね、ありがとう!の気持ちを込めて。




# by otomeya | 2019-05-13 17:54 | 2019

Porte Bonheur! Merci!

e0037611_11425205.jpeg

e0037611_11431026.jpeg

e0037611_11433848.jpeg

e0037611_11442894.jpeg

e0037611_11444567.jpeg

e0037611_11450048.jpeg

e0037611_11451879.jpeg



# by otomeya | 2019-05-03 11:42 | 花の記憶

準備中

黙々と、salom flowの準備をしています。

本日は、展示作品リストが届く。
空想しただけで、うぉぉぉぉーーーっと拳を握りしめたくなるようなリスト。
(あの美しい作品に対し、なぜ、そんな雄たけびなのかと不思議に思うのだけれど、そうなのだから仕方がない)

乙女屋の(=salon flowの)展示環境は、良くも悪くも他店と異なる。
だから、他店で展示された作品で、観たことがある作品でも、乙女屋に来るとどうなるだろう、とわくわくする。

一度、数年観ていた絵が、乙女屋に来た途端に、全く別物になったことがあった。
あの時の驚き!
それがまた、あるだろうかと、どきどきしていた。

のみならず。

入手した情報によると、展示を終えて、加筆された作品もあるとのことだそうで・・・・。

ちょっと待って、手加減してよーと思う。

素晴らしいと知っている作品が、さらに熟成されているときき、自分の準備はさてできているのか?と問われてるようで怖い。

そう、今、私、とてもとても怖いので。

どうぞ、みなさま、応援してくださる方は、展示を観にきてくださったり、webを見守ったりしてもらえますか。

山本じんさん、手加減なく、素晴らしい仕事をされますから。

よろしくお願いします。



# by otomeya | 2019-04-24 19:03 | 山本じん

2019/04/22

e0037611_23321628.jpeg

薔薇の季節の夜が好き。

「生き抜くために、
あの人に会いに行く」

というフレーズを思い出す。

会いたいです。



# by otomeya | 2019-04-22 23:32 | 私の文章