カテゴリ:花の記憶( 30 )

記憶のスクラップ

e0037611_00014454.jpeg
たくさんの薔薇が少しずつ枯れていくのを見守って過ごした通常営業、今日で一度、おやすみにはいります。

いろんなことがあったなぁ、この数週間。

e0037611_00045560.jpeg

e0037611_00052810.jpeg
e0037611_00054874.jpeg

e0037611_00062430.jpeg

この数週間の想いは、言葉で表せるものじゃないように思います。

良き日々でした。
この時間に感じたことを大切に、次へ進めるように思います。




[PR]
by otomeya | 2018-05-14 00:09 | 花の記憶

憧れを手に入れる

e0037611_20140691.jpg
明日は、「WABARAの日」!

和ばらに会えるのも嬉しいですが、皆様の選ぶお花のブーケに会えるのが何よりも楽しみです。




ふと、数年前に自分が書いた記事を読み返したくなりました。

https://otomeyanet.exblog.jp/16078027/


「憧れはお花屋さん」

そう、ずっとずっと、憧れていたのです、お花屋さんに。




明日は月に一度の憧れを手にできる一日です。

たくさんのご来店をお待ちしています!




[PR]
by otomeya | 2018-03-23 11:40 | 花の記憶

大事にしたいこと

いろいろな方にご迷惑をおかけした今回の体調不良は、なかなかすっきりせずの毎日です。

ご迷惑をおかけした方がたくさんおりますが、誰も責める人はいませんでした。

本当に、申し訳なさでいっぱいです。


今までみたいに、もう無理をできなくなったことを痛感しました。

と、何度もそう思いながらも、喉元すぎれば。。。。。で、同じような繰り返しをしていたような気がします。

今度こそ、本気で見直す時期がきたのでしょう、昨年であれば、もう本調子に戻る時期ですが、いまだにどうも、怪しいです。

今日も予定していたことをキャンセルして自宅にいました。

自宅にも、後で後で、になっていた業務が多々とあるので、それをこなすことに。

そのうちのひとつ。


e0037611_19161551.jpg
画像の整理。ついつい日々のお気入りを大量に撮影してしまう画像たち。
その中でも特別に特別に大事にしたいものを保存したり、プリントしたり。


e0037611_19172710.jpg
アニバーサリーのときにいただいた小さなブーケ。
すべておうちで育てられたものを束ねてくださいました。
誰かのおうちで育てられていたお花をブーケでもらうと、特別に贅沢な気持になります。
お金で買える豪華なお花、ありがたいのですけれど、それとまた違った、”お金で買えない魅力”を感じます。

お金ももちろん尊いのですが、そうじゃない魅力っていうのも、世の中にはたくさんたくさんある。

どちらにも偏らずに、自分にとっての大事なものを大事にしていきたいと思っています。

e0037611_19193684.jpg
こちらも10周年のアニバーサリーにいただいたお花と作品。
豪華なブーケもやっぱり大好き!
なんといっても、乙女屋の為に、と選んでくださるそのお気持ちが嬉しい。
自分で買うのと、また全然別物。
作品も、とっても宝物。
私の中の特別に大好きな思い出と結びつくような懐かしさを感じました。

お花はどれも枯れてしまって手元にないけれど、しっかり記憶に残っている。
だけど、画像もやっぱりこのページにちゃんと残しておきたかった。

この記事を、書いても書かなくても社会的には何のおとがめはないけれど、
だからついつい、後回しになってしまったのだけれど、私にとっては特別な事。

体調不良でもなかったら、後回しにしてしまったかもしれないから、
そういうこと、ちゃんと見直して、これからやるべきこと、ちゃんと見定めて行きなさい、というメッセージとして受け止めます。


好きなこと、大事にしたい事、続けたい事、始めたい事、たくさんある。
会いたい人、行きたい場所も、たくさん。
だけど、すべてを手に入れられない。

大事だからこそ、選んでいかなくちゃいけない。

そんなことを考えているこの頃です。


それにしても、皆様、本当に日々いろいろと、ありがとうございます。






[PR]
by otomeya | 2018-02-17 19:25 | 花の記憶

WABARA 6日目



e0037611_21184213.jpg

《しずく》と《てまり》という名前の和ばら。

7日目の様子です。


e0037611_21192771.jpg


白い薔薇が≪しずく≫

e0037611_21200630.jpg
e0037611_21202671.jpg
淡いピンクの薔薇が≪てまり≫。
花が開いていくほどに、色が淡くなります。
1つの花のグラデーションだけ見ても、胸が軋む美しさです。



e0037611_21204367.jpg


華奢な茎の美しさが際立つ組み合わせ。
愛しいです。







[PR]
by otomeya | 2017-12-27 21:22 | 花の記憶

WABARA 3日目


e0037611_00585662.jpg
e0037611_00580345.jpg
「WABARAの日」の当日の《しずく》、少しずつ、開いてきました。


以下は、当日から3日後の同じ花。
e0037611_23313748.jpg
e0037611_23320913.jpg
これから、どんな表情を見せてくれるでしょうか?

和ばらがあると、毎日が、より一層、愛しく感じられます。





[PR]
by otomeya | 2017-12-26 23:34 | 花の記憶

WABARAの日(2017年11月)

11月のWABARAの日は、10種×10本=100本の和ばらが乙女屋に並びました。

作家の大西けいさんが会場を撮影してくれたのでご紹介します。

e0037611_23311675.jpg


e0037611_23312480.jpg


e0037611_23313295.jpg


夕方に受け取りに来てくださる方のための、お任せ5本ブーケたち。
完売しないために、開店より前にご予約の方の分を作ります。
3名様分のブーケでこのボリュームです。

e0037611_23363592.jpg

紫の小さな薔薇は「紫水」(しすい)、ピンクの小さな薔薇は「てまり」。
どちらもスプレータイプ(1本にお花が数個つくもの)の薔薇です。

e0037611_23374436.jpg


e0037611_23375889.jpg

こちらはスタンダードタイプ(一本にお花が一つ)の薔薇。
濃いピンクが「一華」、柔らかいベージュが「結」

e0037611_23390230.jpg


e0037611_23391190.jpg


e0037611_23392168.jpg


スタンダードタイプ 「みこと」
絶妙な色、たまらない。


e0037611_23401909.jpg


e0037611_23403079.jpg

黄色が「風月」、ピンクが「環」

e0037611_23415377.jpg

キャビネット中
白い小さい薔薇が「凛」、ボルドーの小さい薔薇が「葵」、
一本の情熱的な赤い薔薇が「友禅」。

e0037611_23431374.jpg



もうすぐ次のWABARAの日!
今月の第四土曜は12月23日(祝)。
なにかとご予定が入っている人が多そうですが、今回も100本をご紹介します。

特別なデコレーションの消費サービスでもてなしてもらうより、
和ばらと静かに、自分の時間を大切にするほうに、魅力的に感じます。
そんな風に思ってくださる方が、私以外にもいることを祈りながら、お待ちしています。



■WABARAの日■
毎月第四土曜は「WABARAの日」。國枝啓司さんの生み出す和ばら(生花)を販売します。
詳細は→http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-506.html









[PR]
by otomeya | 2017-12-23 10:52 | 花の記憶

WABARAの日(2017年10月)

e0037611_22214648.jpg

10月の「WABARAの日」。 
6品種 60本の和ばらをご紹介しました。

キャビネット上段

e0037611_22261017.jpg
≪美咲≫という和ばら。
画像では蕾の状態ですが、開くともこもこふんわりなります。

キャビネット下段に3種並べました。
e0037611_22225278.jpg
e0037611_22232767.jpg
向かって左 《つきよみ》という和ばら。
とてもいい香りがします。


e0037611_22241850.jpg
奥の濃い色のものが≪葵~風雅~≫、手前のキナリが≪いおり≫という和ばら。
スプレータイプの薔薇。この2本だけでブーケのようになります。

e0037611_22280241.jpg
薔薇柄のピッチャーに2種活けました。

オレンジっぽいものは、≪かおりかざり≫という名前の和ばら。
黄色のものは、≪りくほたる≫という和ばら。

e0037611_22290775.jpg
≪かおりかざり≫と≪りくほたる≫を1本ずつセレクトして2輪ブーケに。
個人的に、このバランスがとてもお気に入り。

豪華なブーケも、いくつも選んでいただきました。

e0037611_22342445.jpg

e0037611_22335817.jpg
e0037611_22360584.jpg
ありがとうございました。




[PR]
by otomeya | 2017-12-22 11:45 | 花の記憶

WABARAの日(2017年9月)


e0037611_10301165.jpg


9月の「WABARAの日」。
記念すべき最初の開催です。6品種で50本をご紹介しました。

e0037611_10310837.jpg

入って正面は「しらべ」という和ばら。
「ふわふわ踊る柔らかな花弁。麗しく奏でる甘美な香。花が織りなす豊かな調べを感じることから命名」(http://www.rosefarm-keiji.net/ )より。


e0037611_23231604.jpg

キャビネットの中。

e0037611_10392584.jpg

《ひより》という和ばら。
「優しく暖かな日和の中で、感じる幸せを表現したいと命名」(http://www.rosefarm-keiji.net/

e0037611_10395014.jpg

e0037611_10400688.jpg

e0037611_10423126.jpg

蕾から満開、咲き終わりまで表情が豊か。
幾重にも重なる花弁と繊細な質感が素晴らしい。


e0037611_10444764.jpg

e0037611_10442851.jpg

キャビネット下段 「葵~風雅~」
褪せたような色合い、細い茎にいくつも咲く小さな花。
私達が最初に出会った和ばら。
e0037611_10465206.jpg

e0037611_10462609.jpg

e0037611_10463752.jpg

その横は《いおり》という和ばら。
≪葵~風雅~≫と姉妹です。

e0037611_10445802.jpg

手前が≪葵≫という和ばら。
奥は≪ひなあられ≫という和ばら。
ころんとした形と柔らかなピンク、花弁の淵のグリーンにときめきます。

以上の6品種でした。



最初に来てくださったのは、大西けいさんのファンの方。
大事にされている大西さんの作品と一緒に来てくれました!

e0037611_11280322.jpg

e0037611_11292165.jpg

彼女が選んだ和ばらたち。

e0037611_11311823.jpg
選んでもらった薔薇を初めて包みました。
どきどきしたなぁ。

その後、ぞくぞくとご来店くださった皆様たちのブーケ。

e0037611_11321039.jpg

≪いおり≫だけでシンプルにまとめても素敵。

e0037611_11325039.jpg

選ぶ人によって、雰囲気がまるで変わります。

自分の内面と対話するかのように、真剣に花に向き合ってくださる皆様の姿にも、感動しました。
なんだだろう、あの純粋さを感じる眼差し、というか。
花を選ぶ皆様の姿は、本当にそれぞれに美しかった。

その光景は、とても嬉しかったです。


この日のこと、本当に大事な思い出です。
ありがとうございました。


■WABARAの日■
毎月第四土曜は「WABARAの日」。國枝啓司さんの生み出す和ばら(生花)を販売します。
詳細は→http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-506.html






[PR]
by otomeya | 2017-12-21 11:06 | 花の記憶

WABARA


e0037611_23352945.jpg


e0037611_23354318.jpg
11月25日のWABARAの日の残り薔薇。

てまり と 葵

色の変化、蕾の頃から、今までずっとすべてがそれぞれ好きです。

でも、そろそろ花瓶から抜くタイミング、なようです。

e0037611_23372247.jpg
半分、蕾のまま、花開かずに折れた茎にも、しなる茎にも、ぐっとくる。







[PR]
by otomeya | 2017-12-13 23:39 | 花の記憶

「花を持って歩く」

数年前の事。


とあるお花屋さんでちょっと贅沢なブーケを自分の為に作ってもらった。


「大阪まで帰るので、手提げにいれてもらえますか?」


と、お願いした。


すると、店主さんはおっしゃった。


「ブーケはね、抱えて帰るのが一番美しいんだ。

今日、着ているお洋服に似合うように作ってあるから、抱えて帰ってください。

その時間も、ブーケを買った人だけが感じられる貴重なものだよ」


って。



その日から、私は他店でも、自分のお花じゃないときにも、お花は袋にいれてもらわない。

乙女屋の「WABARA」の日にも、そうやって言えるようなブーケを作れるようになりたいです。


WABARAを抱えて、嬉しそうに微笑んだ女たちが、乙女屋からどんどんそれぞれの場所に足取り返っていく。


想像しただけで、幸せ!!!!





[PR]
by otomeya | 2017-10-18 23:37 | 花の記憶