カテゴリ:和ばら( 22 )

WABARAの日(2018年8月)

e0037611_12394998.jpeg
WABARAの日
山本じんさんの薔薇をテーマにした作品とともに。

10品種の和ばらを飾りました。

e0037611_12402447.jpeg

e0037611_12421121.jpeg

e0037611_12423459.jpeg

"奏"
白いスプレー薔薇。
爽やかで儚げな印象。
爽やかな香りがします。

e0037611_12441879.jpeg
"ひいろ"
シャープな花弁、鮮やかな赤。

e0037611_12452533.jpeg

e0037611_12454991.jpeg
"葵"
青みのある落ちついた色。
華奢な茎による俯き加減がしとやか。

e0037611_12471979.jpeg

e0037611_12473900.jpeg

"そら"
小ぶりなお花がたくさんついたスプレー薔薇。
ニュアンスカラーがメランコリックな美しさ。

e0037611_12491024.jpeg

e0037611_12493193.jpeg

"つむぎ〜ゆらり"
お花が開いてくると、茎が、ゆらり。

e0037611_12502007.jpeg

e0037611_12503420.jpeg

"いろは"
ニュアンスカラーのスタンダード薔薇。
初めての入荷。
どんな表示を見せてくれるかな?

e0037611_12531469.jpeg
"ひより" と "かおりかざり"
どちらも芳香が豊か。

e0037611_12540721.jpeg
"つきひ" と "文"
お日様みたいな黄色、お月様みたいな黄色。
季節により変化する花いろにちなんで","つきひ"

e0037611_12552299.jpeg
"文"
ランダムに入る赤のラインが、手紙にしたためる揺れる気持ちを表現しているようなので、"文"

e0037611_12582315.jpeg

お客様の素敵なセレクト。

和ばらに出会って一年になりました。
9月から始めた乙女屋でのWABARAの日。
2年目も継続します。
これからも、よろしくお願いします。




[PR]
by otomeya | 2018-08-26 12:39 | 和ばら

WABARAの日(2018年7月)


e0037611_20193732.jpg

第四土曜日恒例の WABARAの日。

今月は10品種をご紹介しました。

品種のご紹介です。

e0037611_20195250.jpg


「ひより」
とてもよい香りがします。
花姿の変化も大きく、素直に最後まで開いてくれます。
初めて和ばらをお迎えする方におすすめ。


e0037611_20214903.jpg

「つむぎ」

e0037611_20222948.jpg

「つむぎ~ゆらり~」


e0037611_20225977.jpg

「ひな」

e0037611_20231900.jpg

「しらたま」

e0037611_20233613.jpg

「友禅」



e0037611_20235181.jpg


「暦」





e0037611_20243900.jpg

「葵~風雅~」

e0037611_20350454.jpg


「凛」


e0037611_20245957.jpg

「つきひ」
夏の月のような涼しげで優しい黄色。
冬には太陽のような暖かな黄色。
季節によって太陽と月の間を行ったり来たりするばら、つきひ ~

e0037611_20333398.jpg




夏の和ばらは、ちょっと小ぶりです。
でも、そこが私は余計に好きでした。


e0037611_20331539.jpg


e0037611_20335692.jpg




e0037611_20344779.jpg


e0037611_20343883.jpg



和ばらの魅力がどんどん広がっているように感じます。
記事を2つ見つけました。

園芸業界初!世界で唯一の「和ばら」で世界展開を目指す

Pen Online 滋賀発のたおやかな和のバラ


花の魅力はもちろんですが、生産者さんの想いと理想も素晴らしいのです。
素敵な人が多くの人に知られて、知った人も自分の毎日での想いが、良いほうに変化してくれたら、とても嬉しい。

よかったら、ご覧になってくださいね。


また来月も第四土曜日に開催します。

よろしくお願いします。




■WABARAの日■
毎月第四土曜は「WABARAの日」。國枝啓司さんの生み出す和ばら(生花)を販売します。
詳細は→http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-506.html







[PR]
by otomeya | 2018-07-29 20:27 | 和ばら

WABARAの日(2018年6月)



二階のレンタルギャラリー短篇集の1日カフェ付きの初日と、
日曜日にも新入荷をしての2days開催で展開しました、6月のWABARAの日。

品種のご紹介をします。


e0037611_01022192.jpg


「かぜたちぬ」2017年秋に発表された新品種。
ダマスク系の非常によいか香りがします。

e0037611_01161569.jpg


「かおりかざり」
香りを飾る、がテーマの和ばら。
フルーティな香りがします。
開いていくほどに、微妙なニュアンスカラーに花弁が変化します。
その色の変化は、和ばらならではの魅力。

e0037611_01100034.jpg


e0037611_01100664.jpg


「みさきなでしこ」
なでしこのような花弁の様子から名付けられています。
花姿の変化が大きく、繊細さと華やかさが同居する和ばら。
満開になっても蕊が見えないので、新鮮な印象が長く続きます。

e0037611_20401586.jpg


「あかり」

e0037611_20410570.jpg


e0037611_20413952.jpg


「葵」
青みのある独特な色合いと薄い花弁の質感が魅力的。
開いていく過程の色の変化も、非常に良い。

e0037611_20424073.jpg


「綾」
通常のスプレー薔薇よりもさらにたくさんのお花がつきます。
開いていく過程の花顔がかなり変わります。

e0037611_20433582.jpg


「ひより」
香り高く、花顔の変化もドラマック、小さく薄い花弁がたくさん蕾の中に詰まっています。

e0037611_20451695.jpg


「紫水」
和ばらで唯一の紫色の薔薇。
時折、思い出すようにピンクのラインが入ります。
小さくてドライにも向いています。


e0037611_20460077.jpg


「いろは」
[ピンク色から日ごとに青みを増していくばら。「いろは唄」の無常感をお花に写し、日々のうつろいを表現したばら。]

e0037611_21123565.jpg


「結」
「ベージュとブラウンのコントラストが美しい薔薇。
ミルクティーの香りがします。


以上10品種×10本が初日に届きました。

e0037611_21134304.jpg


e0037611_21135120.jpg


今月の会場装花は、大西けいさんの新作籠バックに合わせて。
お花のセレクトも大西さんが担当してくれました。
あえて2輪も、シャープな印象で、お気に入りでした。


2日目。
追加で5品種届きました。

e0037611_21150334.jpg


e0037611_21372444.jpg


e0037611_21374269.jpg


「旋律」
淡いピンクの薔薇。花弁が美しく並ぶロゼット咲きの様子が音楽を奏でているようだと命名。

e0037611_21392638.jpg


e0037611_21394766.jpg


「雅」
咲き始めは紫を帯びた剣咲き。日を追うごとに開き、最後にはダリアのような花姿に。
開くとともにブラウンを帯びた色合いになるところが、たまらない。

e0037611_21423604.jpg


e0037611_21424644.jpg


「空」
秋の澄み切った空の下に広がる枯草まざりの草原をイメージして命名。

e0037611_21560451.jpg


「渚」


e0037611_21564875.jpg


「しらたま」


以上、15品種でした。



e0037611_21574278.jpg
サイダカオリ(http://saidakaori.com/top/)さんが、遊びにきてくださって、撮影してくれました。


とても嬉しかったです。





いつもの皆様、初めての皆様、ご来店ありがとうございました。

また、お会いしたいです。





■WABARAの日■
毎月第四土曜は「WABARAの日」。國枝啓司さんの生み出す和ばら(生花)を販売します。
詳細は→http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-506.html


[PR]
by otomeya | 2018-07-01 01:23 | 和ばら

乙女の束ね会

「一緒に和ばらを束ねてみませんか?」

e0037611_12492934.jpeg
6月23日(日曜) 11時~12時 
参加費 3500円 (和ばら6本付き)
定員 3名まで。

店頭に並ぶ和ばらの品種を、乙女屋店主が解説します。(約20分)
参加者それぞれ、お好きな和ばらでブーケを選びます。(約15分)
それぞれの選んだブーケを発表。選んだポイント、感想などをシェアします。(約15分)
それをれをラッピングしてお渡しします。(約10分。ご希望の方は、その間に店内の薔薇を撮影可能)

定員制のため、ご予約をお願いします。

ご予約先→https://otomeya.ocnk.net/contact


午前中の光あふれる乙女屋も素敵なので、ぜひいらしてくださいね。

ご希望の方は、このあと、近所のお店に一緒にランチも行きましょう♪


ご予約、お待ちしています。








[PR]
by otomeya | 2018-06-21 14:43 | 和ばら

大切にする。

e0037611_11260399.jpg
(お客様撮影の画像)

「少しずつだけれど、今までとは違うものに惹かれたりしている。
焦がれても届かなかったものが、年月を経て自分に合うようになったりして、歳を重ねることをうれしく思っている。
でも、ほんとうはずっとなにも変わっていなくて、かえる場所は同じなんだとも思う」

長いお付き合いのお客様がツイッターに書いてくださった。

画像に和ばらが添えてあって、手前の小さなうさぎさんも、ずいぶん昔に乙女屋にあったもの。

私は・・・

こういう女の子が、自分の場所の帰るためのきっかけをつくるお店でありたい。

乙女屋という場所は、私のものではなくて、無数のこういう女の子(年を重ねてもあり続けるその人の幼い時から変わらない部分を、その人の中の女の子と呼びたい)のためのもの。

だけど、その女の子たちが群れて、みんなでわいわいする場所ではなくて、それぞれの子が乙女屋を訪れて、ひとりで自分に帰って行くための場所でありたい。


つまり、乙女屋は誰のものでもない。


その存在になれるように、頑張りたい。

くじけそうになったら、この画像とこの文章を読み返したいと思います。

掲載許可をありがとうございました。









[PR]
by otomeya | 2018-06-03 11:32 | 和ばら

WABARの日(2018年5月)

e0037611_12492934.jpeg
5月のWABARAの日は、FANTANIMA開催中につき縮小版。
お任せミックスブーケをご予約のかたにお渡しです。

e0037611_12494003.jpeg
左から
ピンク 《旋律》
小さな紫 《紫水》
手前白っぽく見えるつぼみ 《ひより》


e0037611_12494934.jpeg
中央の白っぽいころんとした薔薇 《結》
そのよこの赤っぽい薔薇 《葵》

の5種のブーケです。

e0037611_12501138.jpeg
農園から直送なので、届いた時はいつも蕾です。

ここから、どんな表情を見せてくれるか、とっても楽しみ。

e0037611_12500171.jpeg
リサイクルガラスの質感と和ばらの組みあわせが、非常に好みです。

形、サイズ、さまざまなものが、販売用に入荷しました。

来月の通常営業で、少しずつ販売します。

お楽しみに!


■WABARAの日■
毎月第四土曜は「WABARAの日」。國枝啓司さんの生み出す和ばら(生花)を販売します。
詳細は→http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-506.html


[PR]
by otomeya | 2018-05-26 12:58 | 和ばら

WABARAの日(2018年4月)

e0037611_22090630.jpg


乙女屋が和ばらを扱い始めて、初めての春の和ばら。

150本を揃えました。

e0037611_22094671.jpg


e0037611_22095246.jpg


初めてやってきた品種。《綾》
淡いピンクと時折見せるグリーン、繊細な花弁とまっすぐと自立した茎、相反する魅力。

e0037611_22095246.jpg


e0037611_22140708.jpg


香りも表情の変化も美しい薔薇、《ひより》。
「優しく暖かな日和の中で、感じる幸せを表現したいと命名。」

e0037611_22383036.jpg


e0037611_22382035.jpg


《ひな》

「陽だまりの下で感じる、暖かさ、優しさ、ほっこり感を表現したばら、ひな。
枝ぶりはしっかりまっすぐの直線。」(オフィシャルサイトより)
個人的な感想は、奈良美智さんの春少女という作品のイメージ。



e0037611_00154003.jpeg


e0037611_00152229.jpeg


e0037611_00143293.jpeg


《ひなあられ》

《ひな》から突然変異で生まれた新品種。

淵にグリーンのグラデーションがでる外花弁の風合いところんとした花姿が魅力。



e0037611_22413034.jpg


e0037611_22412173.jpg


《環~美空~》
外花弁のバーブルが特徴的な薔薇。
今回、一番人気でした。



e0037611_00255266.jpeg

e0037611_00260637.jpeg

ブーケの中の白いころんとした薔薇が、《しらたま》。
《環〜美空〜》と姉妹にあたる品種。

e0037611_00283757.jpeg

一緒に合わせているスプレーバラは、《葵〜風雅〜》
色合いと姿が、本当に好み。

e0037611_00331490.jpeg

《一華》


e0037611_00340891.jpeg

《つきよみ》
香りがして非常によい薔薇です。


e0037611_00345280.jpeg

e0037611_00360129.jpeg

e0037611_23082764.jpg

《友禅》
「友禅染めの着物のモチーフになったことから命名、着物と同じく時が経つほど深まる趣を表現するばら。
日を追うごとに、赤から紫へと色が変化し、花姿も美しいロゼット咲きとなる。」(オフィシャルサイトより)

e0037611_22434743.jpg

e0037611_22433824.jpg

《わたぼうし》
とても香りがよくて、うっとりします。

e0037611_22464121.jpg

《なぎさ》
「波のようにゆらめく花弁を持つことから、波打ち際をイメージして命名したばら。」


e0037611_23102070.jpg

《つむぎ~ゆらり~》
花が開くにつれ、たわむ茎のゆらぎが魅力です。

e0037611_23160838.jpg

紫のスプレー薔薇が《紫水》、ピンクのスプレー薔薇が《てまり》。
こちらは、毎回リクエストを出す2種です。

以上、15種、150本の和ばらをご紹介しました。


e0037611_23180596.jpg

e0037611_23182180.jpg



e0037611_23181440.jpg

ご来店くださった方、ありがとうございました。

5月は、ご予約の方のみ対象のWABARAの日となります。
http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-607.html

6月は、関連イベント付のスペシャルを予定しています。

これからもよろしくお願いします。



■WABARAの日■
毎月第四土曜は「WABARAの日」。國枝啓司さんの生み出す和ばら(生花)を販売します。
詳細は→http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-506.html



[PR]
by otomeya | 2018-04-29 22:16 | 和ばら

「WABARAの日」(2018年3月)


e0037611_20445717.jpg


3月の「WABARAの日」は150本をご紹介しました。

e0037611_20453902.jpg

フルーティな香りの和ばら《杏》

e0037611_20464028.jpg

和ばら《ひより》
とてもよい香り、蕾から咲き終わりまで、表情が豊かです。

下段からご紹介します。
e0037611_20471176.jpg

新品種の《絃》

e0037611_20481877.jpg

e0037611_20485562.jpg

(名前の説明は、ローズファームケイジfacebook https://www.facebook.com/rosefarmkeiji/より)


e0037611_21010128.jpg

《絃》と一緒の花器に入っていたピンクの和ばらは、《いろは》(画像奥)、
手前のピンクの薔薇は《つむぎ》

テーブルの上、手前からご紹介します。


e0037611_21201488.jpg

e0037611_21215167.jpg

《つむぎ~ゆらり~》。
茎がやわらかに、たわみます。

e0037611_21223466.jpg

同じ花器に入っている濃いピンクの和ばらは、《一華》

e0037611_21245902.jpg

e0037611_21250507.jpg

e0037611_21245063.jpg

新品種《文》

e0037611_21260327.jpg

e0037611_21351414.jpg

e0037611_21352733.jpg

柔らかなベージュのスプレータイプ、《いおり》

e0037611_21360601.jpg

《和花》

e0037611_21362899.jpg

わかの奥のピンクのコロンとした和ばら 《ひなあられ》

e0037611_21365660.jpg


e0037611_21434374.jpg

奥の真ん中、ニュアンスのある温かなピンクの和ばらは、《みこと》

e0037611_21473938.jpg



ピンクのスプレー薔薇《てまり》、紫のスプレー薔薇《紫水》(しすい)

合計14品種 150本でした。


この中から、お好みの和ばらを、お好きなだけ、お客様ご自身で選んでいただきます。

全員をご紹介できませんが、ブーケたち。

e0037611_22161933.jpg


e0037611_22163065.jpg


e0037611_22164035.jpg


e0037611_22164932.jpg


e0037611_22165917.jpg


e0037611_22171899.jpg



e0037611_22172972.jpg


e0037611_22174308.jpg


e0037611_22175934.jpg


e0037611_22181308.jpg



今月も楽しい時間を過ごさせていただきました。

和ばらを選ぶお客様の佇まいが、みんなそれぞれに美しくて、それもとても素敵でした。

お手元の和ばらたちとともに、皆様が愛と調和に満ちた、よき日々を過ごされるよう、心からお祈りしています。

本当にありがとうございました。


来月も、どうぞよろしくお願いします。



■WABARAの日■
毎月第四土曜は「WABARAの日」。國枝啓司さんの生み出す和ばら(生花)を販売します。
詳細は→http://otomeyasweet.blog.fc2.com/blog-entry-506.html







[PR]
by otomeya | 2018-03-25 20:49 | 和ばら

農園遠足



e0037611_21142059.jpg
2018年3月5日(雨)
和ばらを育てているRoseFarmKeiji(http://www.rosefarm-keiji.net/)企画の農園遠足へ行ってきました。

駅までお迎えがあり、温室なので、雨天でも大丈夫。

e0037611_21181405.jpg

入り口で迎えてくれたのは、《美咲》という和ばら。

乙女屋にも来たことがありますが、何度見ても溜息がでます。

そして、いざ、温室へ!
e0037611_21200542.jpg



e0037611_21202334.jpg


この方が、生みの親、【國枝啓司】さん。
農園遠足では、啓司さんから和ばらが生まれるまでのエピソードや想い、
和ばらの品種説明などを聞くことができます。

和ばらの話をするときの、この笑顔!
愛に溢れています。

e0037611_21245873.jpg

e0037611_21252603.jpg

e0037611_21253790.jpg

e0037611_21254563.jpg

様々な種類の和ばらを手に取りながら、名前や説明を聞きます。


そのあとは、啓司さんの息子さんの健一さんによるデモンストレーションがあります。

e0037611_21270571.jpg

e0037611_21271952.jpg

男の人でも大変そう!

e0037611_21275803.jpg

完成したブーケ。
「農園の空気感を大切にして」
「花が行きたいように、」
束ねられたそう。

遠くからだとわかりにくいですが、
枯れた薔薇、満開の薔薇、蕾の薔薇、が混ざっています。
生命の循環を大切に、それが農園の空気を大切にする、の一つの要素。

e0037611_21280842.jpg


参加者、みんな、持たせていただき、記念撮影。
嬉しい、嬉しい、笑顔です。
花束は、やっぱり幸せ!
e0037611_21304675.jpg

(左から:國枝健一さん、WABARAカフェシェフ、國枝啓司さん)

素敵な機会をありがとうございます!

e0037611_21302617.jpg
一緒に行った大西けいさんもBlogで記事にしています。
私のよりわかりやすいから、ぜひ読んでね!
https://ameblo.jp/k-kero79/entry-12358113262.html



■関連記事■
和ばらの惹かれる理由を書きました。よかったら、読んでね!
「少しずつ」





[PR]
by otomeya | 2018-03-11 21:32 | 和ばら

「WABARAの日」~お客様~

e0037611_22040340.jpg


「WABARAの日」で選んでいただくと、お客様の雰囲気ぴったりのブーケがいつも仕上がります。
素敵な感性を見せていただくようで、幸せです。

マルチカラーで選んでいただいたブーケ。
おうちのインテリアとも馴染みました、と画像を送っていただきました。

e0037611_22052989.jpg

以前、お求めいただいたカンタ刺繍のストールとの組み合わせも素敵!


次は別のお客様。

e0037611_22061553.jpg

猫ちゃんと暮らしていらっしゃるので、花瓶が倒れないよう対策でかごにいれてくださったそう。
だけど、それも含めて素敵なディスプレイになっています!
この方のお花のセレクトもいつも素敵で、お勉強させていただいている気持ち!


次はまた別のお客様。

e0037611_22072464.jpg
吉田キミコさんの絵と合わせて・・・。
コーディネイトしていただいたカップも素敵。。。。


それぞれの方の感性に調和する和ばらの魅力に新しい発見があって嬉しいです。

画像のご紹介許可をありがとうございました。







[PR]
by otomeya | 2018-02-26 10:01 | 和ばら